新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

公立学校共済組合 東海中央病院  病院長 

日本消化器外科学会 消化器外科認定登録医・特別会員 日本胃癌学会 特別会員 日本癌治療学会 功労会員 日本外科学会 外科認定登録医 日本大腸肛門病学会 会員 日本癌学会 会員

坂本 純一 さかもと じゅんいち 先生

公開日
2020/05/22

1975年より消化器外科医師としてキャリアをはじめる。2001年には京都大学 大学院医学研究科 疫学研究情報管理学教授に就任。日本における研究者主導型臨床試験の専門家として、現在まで250本近くの臨床研究論文を執筆。2006年からは名古屋大学大学院医療行政分野教授としてアジア、東欧など15か国から保健省行政官を招聘し修士号、博士号の取得を指導。2012年10月より東海中央病院院長として赴任、現在に至る。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 外科腫瘍学
  • 臨床試験管理学
  • 臨床腫瘍学
  • 免疫学
  • 医療行政学

資格・学会・役職

日本消化器外科学会 消化器外科認定登録医・特別会員
日本胃癌学会 特別会員
日本癌治療学会 功労会員
日本外科学会 外科認定登録医
日本大腸肛門病学会 会員
日本癌学会 会員
  • 公立学校共済組合 東海中央病院  病院長 
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本癌病態治療研究会 会員
  • International College of Surgeons 日本部会  監事
  • 公益財団法人がん集学的治療研究財団 臨床試験委員会委員長
  • 疫学臨床試験研究支援機構 理事長
  • American College of Surgeons(ACS) 会員
  • American Association for Cancer Research(AACR) 会員
  • American Society of Clinical Oncology(ASCO) 会員
  • Society of Surgical Oncology(SSO) 会員

所属病院

東海中央病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 病理診断科
  • 岐阜県各務原市蘇原東島町4丁目6-2
  • JR高山本線「蘇原駅」 徒歩15分 名鉄各務原線「三柿野駅」 徒歩20分
  • 058-382-3101
東海中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1975年 名古屋大学医学部 卒業
1979年 名古屋大学大学院 修了
1979年 医学博士 取得
1979年 名古屋大学医学部第二外科  副手
1981年 ニューヨーク、メモリアルスローケタリング研究所 客員研究員
1985年 名古屋大学医学部第二外科  非常勤医員
1985年 愛知県がんセンター中央病院消化器外科 医長
1994年 愛知県がんセンター愛知病院外科および臨床研究検査部 副部長 (愛知県がんセンター中央病院消化器外科副部長兼務)
2001年 京都大学大学院医学研究科 疫学研究情報管理学講座 教授
2006年 名古屋大学大学院医学系研究科 社会生命科学講座 教授 (ヤング・リーダーズ・プログラム・医療行政分野)
2012年 公立学校共済組合 東海中央病院  病院長

論文

  • SAPPHIRE: a randomised phase II study of planned discontinuation or continuous treatment of oxaliplatin after six cycles of modified FOLFOX6 plus panitumumab in patients with colorectal cancer. Eur J Cancer. 2019 Sep;119:158-167.

    Munemoto Y, Nakamura M, Takahashi M, Kotaka M, Kuroda H, Kato T, Minagawa N, Noura S, Fukunaga M, Kuramochi H, Touyama T, Takahashi T, Miwa K, Satake H, Kurosawa S, Miura T, Mishima H, Sakamoto J, Oba K, Nagata N.

  • A randomised phase II trial of capecitabine plus cisplatin versus S-1 plus cisplatin as a first-line treatment for advanced gastric cancer: Capecitabine plus cisplatin ascertainment versus S-1 plus cisplatin randomised PII trial (XParTS II). Eur J Cancer. 2018 Sep;101:220-228.

    Nishikawa K, Tsuburaya A, Yoshikawa T, Kobayashi M, Kawada J, Fukushima R, Matsui T, Tanabe K, Yamaguchi K, Yoshino S, Takahashi M, Hirabayashi N, Sato S, Nemoto H, Rino Y, Nakajima J, Aoyama T, Miyagi Y, Oriuchi N, Yamaguchi K, Miyashita Y, Morita S, Sakamoto J.

  • Modified XELIRI (capecitabine plus irinotecan) versus FOLFIRI (leucovorin, fluorouracil, and irinotecan), both either with or without bevacizumab, as second-line therapy for metastatic colorectal cancer (AXEPT): a multicentre, open-label, randomised, non-inferiority, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2018 May;19(5):660-671.

    Xu RH, Muro K, Morita S, Iwasa S, Han SW, Wang W, Kotaka M, Nakamura M, Ahn JB, Deng YH, Kato T, Cho SH, Ba Y, Matsuoka H, Lee KW, Zhang T, Yamada Y, Sakamoto J, Park YS, Kim TW.

  • The COMET Open-label Phase II Study of Neoadjuvant FOLFOX or XELOX Treatment Combined with Molecular Targeting Monoclonal Antibodies in Patients with Resectable Liver Metastasis of Colorectal Cancer. Ann Surg Oncol. 2017 Feb;24(2):546-553.

    Kataoka M, Kanda M, Ishigure K, Matsuoka H, Sato Y, Takahashi T, Tanaka C, Deguchi T, Shibata Y, Sato M, Inagaki H, Matsui T, Kondo A, Takano N, Tanaka H, Sakamoto J, Oba K, Kondo K.

  • Feasibility of weekly intraperitoneal versus intravenous paclitaxel therapy delivered from the day of radical surgery for gastric cancer: a preliminary safety analysis of the INPACT study, a randomized controlled trial. Gastric Cancer. 2017 Jan;20(1):190-199.

    Kodera Y, Takahashi N, Yoshikawa T, Takiguchi N, Fujitani K, Ito Y, Miyamoto K, Takayama O, Imano M, Kobayashi D, Miyashita Y, Morita S, Sakamoto J.

  • DADI Trial Group. Discontinuation of dasatinib in patients with chronic myeloid leukaemia who have maintained deep molecular response for longer than 1 year (DADI trial): a multicentre phase 2 trial. Lancet Haematol. 2015 Dec;2(12):e528-35.

    Imagawa J, Tanaka H, Okada M, Nakamae H, Hino M, Murai K, Ishida Y, Kumagai T, Sato S, Ohashi K, Sakamaki H, Wakita H, Uoshima N, Nakagawa Y, Minami Y, Ogasawara M, Takeoka T, Akasaka H, Utsumi T, Uike N, Sato T, Ando S, Usuki K, Morita S, Sakamoto J, Kimura S

  • Sequential paclitaxel followed by tegafur and uracil (UFT) or S-1 versus UFT or S-1 monotherapy as adjuvant chemotherapy for T4a/b gastric cancer (SAMIT): a phase 3 factorial randomised controlled trial.  Lancet Oncol. 2014 Jul;15(8):886-93.

    Tsuburaya A, Yoshida K, Kobayashi M, Yoshino S, Takahashi M, Takiguchi N, Tanabe K, Takahashi N, Imamura H, Tatsumoto N, Hara A,Nishikawa K, Fukushima R, Nozaki I, Kojima H, Miyashita Y, Oba K, Buyse M, Morita S, Sakamoto J.

  • Benefit of adjuvant chemotherapy for resectable gastric cancer: a meta-analysis. JAMA. 2010 May 5; 303(17):1729-37.

    GASTRIC (Global Advanced/Adjuvant Stomach Tumor Research International Collaboration) Group, Paoletti X, Oba K, Burzykowski T, Michiels S, Ohashi Y, Pignon JP, Rougier P, Sakamoto J, Sargent D, Sasako M, Van Cutsem E, Buyse M.

  • An individual patient data meta-analysis of adjuvant therapy with uracil-tegafur (UFT) in patients with curatively resected rectal cancer. Br J Cancer 2007, 96(8):1170-1177.

    Sakamoto J, Hamada C, Yoshida S, Kodaira S, Yasutomi M, Kato T, Oba K, Nakazato H, Saji S, Ohashi Y.

  • Do Japanese statistics on gastric carcinoma need to be revised? Lancet. 1997,349:1711-1712.

    Sakamoto J, Yasue M.

  • Extensive lymphadenectomy for gastric cancer patients: what can the results of one trial tell us? Lancet. 1995, 345(895):742-743.

    Sakamoto J, Yasue M.

著書

  • 【著者】Evidence Based Medicineに基づいた大腸癌の補助療法.株式会社セプリ総研.2005

  • 【共著】坂本純一.大庭幸治.小寺泰弘.胃癌術後補助化学療法 別冊医学のあゆみ 消化器疾患I.消化管〔食道・胃・腸〕Ver.3.p585-587.医歯薬出版株式会社.2005

  • 【監訳・共訳】ユージン・ブラウンワルド他編(福井次矢、黒川清日本語版監修), 坂本純一他監訳, Part6 腫瘍・血液疾患, ハリソン内科学原著第15版 第1版 メディカルサイエンスインターナショナル, 2003

  • 【監訳・共訳】デニス L カスパー他編(福井次矢、黒川清日本語版監修), 坂本純一他監訳, Part5 腫瘍学と血液学, ハリソン内科学原著第16版 第2版 メディカルサイエンスインターナショナル, 2006

  • 【監訳・共訳】福島雅典編、坂本純一他共訳 メルクマニュアル第16版 日本語版, 第1版メディカルブックサービス, 1994

その他

  • 【受賞】1987年 癌集学的治療研究財団 一般研究助成受賞

  • 【受賞】2001年 日本消化器外科学会 優秀賞受賞

  • 【受賞】2008年 名古屋名駅ロータリークラブ 椿賞受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。