Medical Noteとは

虎ノ門カイロプラクティック院

東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F

2016/08/04
病院ページをオープンいたしました

病院の特長

上に戻る

碓田拓磨先生は、カイロプラクティックが医療として認められている米国のカイロプラクティック大学を卒業し、ドクターオブカイロプラクティックの学位を取得。2002年に虎ノ門カイロプラクティック院を開業し、同年から早稲田大学にて「姿勢と健康」の講師を続けています。さらに、姿勢の啓蒙にも力を入れており、講演活動、研究活動も積極的に行っています。

先生が院長を務める虎ノ門カイロプラクティック院は、東京メトロ虎ノ門駅(銀座線)2番出口より徒歩1分の好立地に位置しています。碓田先生は著作が多く、NHK「1日1分姿勢改善エクササイズ」をはじめとした様々なメディアにも出演されていますので、姿勢に興味のある方ならご存じの方も多いかもしれません。
肩こり・腰痛の痛みをとるのはもちろんですが、虎ノ門カイロプラクティック院の特徴的なところは、長期的なメリットが得られる姿勢改善に力を入れているところです。姿勢は正しいほうがいいということは、多くの人が感じていると思いますが、この実践のために様々な啓発や活動を行っています。

高い健康レベルをキープするために – 虎ノ門カイロができること

高い健康レベルをキープするために – 虎ノ門カイロができること

例えば、私たちが歯医者に通うときは、大抵が虫歯になってからだと思います。虫歯になって治療をして、またしばらく経って虫歯になって治療をして。このサイクルを繰り返してきた方が多いのではないでしょうか。

虎ノ門カイロプラクティック院(以後、虎ノ門カイロ)にいらっしゃる患者さんも、最初はこのような方が多いです。「腰が痛い」と虎ノ門カイロにいらっしゃっては痛みが和らいで、そしてまたしばらくたって「腰が痛い」とカイロにいらっしゃいます。開業して14年半になりますが、このような患者さんをなんとかしたいと日々、考えてきました。その結果、正しい姿勢で日々の生活を送る、特に正しい座り姿勢で日々の生活を送ることが何よりも重要であるという結論に至りました。

何も意識せずに日々の生活を送っていると、人は一番楽な姿勢をとるようになります。しかし、人体はそもそも少し無理のある構造になっており、「人にとって楽な姿勢=人体には悪い姿勢」を意味します。つまり、自分が一番楽な姿勢で生活を続けることは、人体にとっては悪影響であることを意味します。特に座るときには人体の構造上、どうしても悪い姿勢になってしまいます。人体にとってよくない姿勢を続けると、もちろん身体に歪みが生じます。その結果、肩が痛くなったり、腰が痛くなったりといった症状が現れるのです。

「肩が凝った」「腰が痛い」となれば、マッサージやカイロに行かれる方が多いと思います。そして、マッサージやカイロで施術を受ければ、一時的にはその痛みが解消されるのも事実です。しかし、日常的に身体の一部が痛くなる、そして、それを解消する、というサイクルを繰り返すことは、痛むか痛まないかのギリギリの状態で日々を過ごしていることを意味し、健康状態としては「悪い」と言わざるを得ません。私は、人はこのようなレベルで生活すべきではないと思っています。

身体が痛くならないのは当たり前。虎ノ門カイロでは、よい姿勢を保つことで生活によりよい効果をもたらそうという趣旨で施術を行っています。ご来院いただいた方には、高い健康レベルをキープするにはどうすればいいかを指導する場所、高い健康レベルをキープするための場所として虎ノ門カイロを利用していただきたいと考えています。

身体が姿勢を覚える - よい姿勢を保つことのメリット

悪い姿勢を保っていると、身体によくないのは誰にでも理解できると思います。反対によい姿勢をとると、身体によいだろうというイメージもすぐに湧くと思います。その一方で、よい姿勢が維持できるようになる人はそれほど多くありません。これはなぜでしょうか?

まず、正しい姿勢を保ち続けるのは意識の面で大変な点、そして、姿勢を正すことでどのようなメリットがあるのかがイメージしづらい点がその理由にあると考えています。悪い姿勢で過ごしていたとしても、それがどう健康に影響するかがイメージしづらく、そのせいで「今すぐ治さなければ」という切迫感がありません。痛くなったらカイロに行けばいいや、マッサージに行けばいいや、といった慢心もそれを後押ししているのかもしれません。

例えば、減塩はこれに近いと考えています。誰しも「減塩が健康によい」と理解している一方で、世間では外食がブームです。人は美味しいもの(つまり塩分の多いもの)に興味を向け、真面目に減塩に取り組んでいる人はそれほど多くないと言われています。これも減塩することの直接的なメリットがイメージしづらいこと、減塩生活をしないとどうにかなる、という切迫感がないことが大きな原因だと考えられています。

座り姿勢補助器具 ザグーとは?

虎ノ門カイロでは、正しい姿勢を全般的に啓発していますが、中でも重要視しているのが「座り姿勢」です。先ほどもお伝えしたように、何も意識せずに座ると、どうしても身体にはよくない姿勢になってしまいます。
そこで姿勢が悪くなりようのない状況を作り出せないか、と考えるようになりました。その結果できあがったのが、座り姿勢補助器具Zagoo(ザグー)です。Zagooを利用して座ると、どうしても正しい座り姿勢にならざるを得ません。最初は窮屈に感じるかもしれませんが、1日10分でもいいのでZagooを用いて正しい座り姿勢の型を身体にインストールする。そしてそれを日々の生活に生かそうという考えです。

座り姿勢補助器具 ザグーとは?

また、インストールには「意識のインストール」と「型のインストール」の二種類があると思います。「正しい座り姿勢で座らなければ!」という意識をインストールすることで、日々の生活でも意識しながら座るようになり、それが「型のインストール」とあいまって、自然と正しい姿勢で座れるようになるのです。

これらのインストールは通常、2ヶ月ほどで効果が現れ始めます。しかし、これは2ヶ月でインストールが終わることを意味するわけではありません。50歳の方だと、50年間の蓄積があるので、それを改善し、完全に自分のものにするには相応の期間が必要になります。定期的な指導と日常的にZagooに座ることで、より効果を発揮すると考えています。

体質改善姿勢体操 – これをやれば健康な座り姿勢に

虎ノ門カイロでは、正しい座りの型がインストールできるよう、「体質改善体操」を考案しました。

毎日ケア

椅子の正座
zagooを使って基本姿勢の「型」を習得。全てのエクササイズの基準になる姿勢。
1日数回、5分程度zagooに座るだけ。正しい座りの「型」を身体に記憶させます。
<効果>
胸郭が開くため、良質な呼吸が可能なポーズ

オンオフ体操
骨盤をに立てたり傾けたりする。動かす。前後交互に計8回
<作用する筋肉>
服直筋、脊柱起立筋、大腰筋

バランス体操
骨盤を左右に動かす。左右交互に計8回
<作用する筋肉>
服直筋、脊柱起立筋、腰方形筋、大腰筋

正座ステップ
太腿を左右交互にあげる。左右交互に計10回
<作用する筋肉>
腹直筋、脊柱起立筋、大腰筋

MAX腕回し
腕を大きく前から後ろへ回す。左右交互に計3回
<作用する筋肉>
僧帽筋、三角筋、菱形筋、胸筋、棘上筋、小円筋、大円筋

キャットレッチ
肩を目一杯引いて、胸を大きく開く。計3回
<作用する筋肉>
胸筋、僧帽筋、菱形筋

虎ノ門カイロの施術

虎ノ門カイロの施術

虎ノ門カイロの施術は、姿勢の分析から始まります。最初に「ゆがみーる」という機器を使って姿勢の画像を撮影します。そして、普段どのように荷物を持っているか、どんな座り方をしているかなどのアンケートに答えてもらいます。それをもとに、姿勢の歪みの原因を見つけ出します。アンケートを参考にしながら画像分析を行うと、日々の生活がいかに人体の歪みを生み出しているかがわかります。

原因がわかれば、次はその原因を取り除く作業に移ります。日々の生活の中で生まれた歪みですから、それを修正するには日々の生活を改善するのが一番です。そこで、日々の習慣をどのように修正し、どのようなストレッチを行えばいいのか、といった宿題を出します。問題を共有し、個々の状況に応じた宿題を作ります。そして、その宿題が果たして実行されたか、宿題によりどのような効果があったかを確認しながら施術を進めていきます。

姿勢の改善自体は、実は非常に簡単です

「立っている時の腰のカーブを覚えてください」
「座った時に立っていた時の腰のカーブを再現してください」
こう伝えると、どなたでも簡単にあっという間にできます。そして、理屈も非常に明快です。しかし、これを実践するのは非常に難しいと言わざるを得ません。例えば50歳の方だと50年間、好きな姿勢で生活してきたわけであり、これを「修正しましょう」と言ったところでなかなか実践できないのが実情です。実践が困難な方に寄り添いながら、それを実践していく。ここにこそ虎ノ門カイロの価値があるのかもしれません。

虎ノ門カイロで始める姿勢改善プログラム

虎ノ門カイロでは次の二つのコースをメインに姿勢矯正の指導を行っています。

・毎日ケア

毎日ケア

・元気姿勢体操

元気姿勢体操

様々なメディアを通し、また大学の先生と研究を通じて正しい姿勢の有用性を啓発しています。ひとりでも多くの方が正しい姿勢、正しい座り姿勢を身につけてくれればいいなと思っていますし、将来的には「元気姿勢体操」がNHKのラジオ体操のように広がれば最高ですね。
もちろん、虎ノ門カイロでは今、身体が痛い方から痛みをとる施術も行っています。いつでもご相談ください。

碓田拓磨院長の取組み

院内での施術のみならず、様々な方面で「姿勢」と言う治療法の可能性を追求する試みを行っています。良い姿勢がもたらす効果を立証するため、医師をはじめとする医療関係の方々と共同研究や、論文の作成、また臨床試験の準備も進めています。
これまで30校以上にわたる公立の小中学校での姿勢の講演と実技指導は学校関係者から高い評価を得ています。今後特に高齢者の誤嚥予防に姿勢を取り入れる課題は、医療関係者にも期待される、重要な取組みの一つです。
碓田先生は姿勢の活躍の場を拡げることが、日本の医療費削減と健康長寿実現の切り札であると信じて活動を行っています。

碓田拓磨院長の取組み

診療科

上に戻る

  • ペインクリニック

診療時間

診療時間
10:00-13:00--
13:00-20:00---

休診日:

連絡先・アクセス

上に戻る

病院名
虎ノ門カイロプラクティック院
電話番号
03-3591-8114
所在地
東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
ウェブサイト
http://toranomon-chiro.com/

Google Mapsで見る