クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
メープルシロップ尿症
メープルシロップ尿症とは、先天性代謝疾患のひとつであり、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるバリン・ロイシン・イソロイシンをうまく代謝できないことから発症する病気を指します。現在の日本におけるシステムでは、...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

メープルシロップ尿症めーぷるしろっぷにょうしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

メープルシロップ尿症とは、先天性代謝疾患のひとつであり、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるバリン・ロイシン・イソロイシンをうまく代謝できないことから発症する病気を指します。現在の日本におけるシステムでは、赤ちゃんが出生してから数日経ったのちに、産院に入院中に血液検査を行います。この検査を通して先天的な病気を持っていないかどうかを確認するのですが(新生児マススクリーニングと呼びます)、メープルシロップ尿症もこの対象疾患のひとつに含まれています。
マススクリーニングが行われるようになって以降、症状が出現される前に新生児期に診断されることが多いです。国内における発生率は50万人に1人と言われており、2015年までに本検査を通じて100名弱の患者さんが診断されていると報告されています。小児慢性特定疾患、難病指定疾患のひとつでもあり、医療費助成を受けることも可能です。またこうした指定を受けることで、より深く病気への理解が深まることも期待されます。
新生児マススクリーニング対象疾患にはなっていますが、結果が判定する前から症状を呈することもあります。対象疾患の中で最も重症度が高い疾患であり、死亡率や神経学的な合併症の発症率も高いです。

そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/170626-004-HV

原因

人が体外から摂取するたんぱく質は、様々な種類のアミノ酸が含まれています。そのひとつに分岐鎖アミノ酸と呼ばれるアミノ酸を挙げることができますが、分岐鎖アミノ酸にはバリン・ロイシン・イソロイシンと呼ばれるアミノ酸が含まれます。分岐鎖アミノ酸を適切に体内で利用するためには、「分枝鎖αケト酸脱水素酵素」と呼ばれる酵素が必須です。この酵素に関連した、「BCKDHA遺伝子」「BCKDHB遺伝子」「DBT遺伝子」がありますが、これらの遺伝子に異常が生じることでメープルシロップ尿症は発症します。
BCKDHA遺伝子、BCKDHB遺伝子、DBT遺伝子に異常があると、分枝鎖αケト酸脱水素酵素がうまく産生されなくなってしまいます。その結果、本酵素のはたらきが障害を受け、分岐鎖アミノ酸の代謝が適切に行われなくなってしまいます。バリン、ロイシン、イソロイシンが過剰に体内で蓄積すると、神経系を中心とした障害を引き起こされることになります。
メープルシロップ尿症の遺伝形式は、「常染色体劣性遺伝」と呼ばれます。この遺伝形式は、典型的には両親が病気の保因者となります。人の細胞には、一種類の遺伝子に対応して2本の遺伝子が存在します。メープルシロップ尿症においては、1本の遺伝子が異常なだけでは病気は発症せず、保因者になります。しかし、両親いずれもが1本の遺伝子異常を抱えている場合、もしお子さんが両親から1本ずつ異常な遺伝子を受け継ぐと、結果として2本ともが異常な遺伝子を有することになり、メープルシロップ尿症を発症することになります。


そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/170626-004-HV

症状

メープルシロップ尿症の症状は、その名前とは裏腹に非常に重篤かつ急激に発症することがあります。新生児期には何となく元気がない、哺乳力低下、嘔吐などで発症します。症状が進行すると意識障害、けいれん、呼吸困難などが出現し、最悪の場合、亡くなられることもあります。症状の進行程度によっては急性期に重篤な神経障害を残すこともあり、身体発達障害、精神運動発達遅滞、けいれんなどを長期的に引き起こすこともあります。
メープルシロップ尿症では新生児期の発作を乗り切った後も、再度分岐鎖アミノ酸が蓄積するような状況になると症状が増悪することもあります。風邪をひいたり、タンパク質を過剰に摂取した場合には新生児期同様、神経学的な障害を生じ得ます。


そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/170626-004-HV

検査・診断

メープルシロップ尿症は、新生児マススクリーニングの対象疾患になっています。検査自体は簡便であり、母乳もしくはミルク摂取が開始された生後数日に、足の裏から血液を採取して検査が行われます。この検査では、血液中に過剰な分岐鎖アミノ酸が存在しないかどうかを検索します。マススクリーングで疑われた際には、血中や尿中のアミノ酸をさらに詳細に検索しますし、尿中の有機酸分析、分岐鎖ケト酸脱水素酵素活性の測定などが行われます。


詳細は、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/170626-004-HV

治療

メープルシロップ尿症は、マススクリーニングの結果が判明する前の段階で発症することもあります。その場合には急性期の治療を行うことになり、呼吸循環管理、けいれんに対する対応、血液浄化療法などが行われます。またビタミンB1に反応して代謝が改善するタイプのメープルシロップ尿症もあるため、ビタミンB1が投与されることもあります。
急性期発作が落ち着いたのち、また症状はなくともマススクリーングでメープルシロップ尿症が疑われた時には、発作が生じないような管理を行います。メープルシロップ尿症の神経障害が発生すると、不可逆的な障害を残してしまいます。そのため治療の主眼は合併症を予防することであり、食事からの分岐鎖アミノ酸の摂取量を抑えることが重要です。年齢に応じた適切な量を摂取しつつ、分岐鎖アミノ酸を除去した特殊ミルクも活用されています。
また、風邪をきっかけに症状が増悪することもあるため、風邪をひかないような対策はもちろん、調子が悪くなった場合には早期の医療機関を受診することも必要です。
分岐鎖アミノ酸の摂取や風邪などに注意を払っていても、急性発作を繰り返すこともあります。症状コントロールの難しい場合には、肝移植も検討されます。


そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/170626-004-HV

メープルシロップ尿症の記事を読む

メープルシロップ尿症の記事にご協力いただいている医師