クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Eye
乱視
乱視とは、網膜上で光が一点に集まらずに、はっきりとした像を作ることができなくなっている状態です。角膜や水晶体がきれいな球体ではなく、ゆがみをもつことが原因となります。乱視があると、ものの距離に関...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
目
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

乱視とは、網膜上で光が一点に集まらずに、はっきりとした像を作ることができなくなっている状態です。角膜や水晶体がきれいな球体ではなく、ゆがみをもつことが原因となります。乱視があると、ものの距離に関係なくピントが合わなくなり、全体的にものがぼやけて見えるようになります。その結果として眼精疲労も生じます。

乱視は、眼球のカーブがラグビーボールのように縦方向と横方向で対称性に異なることや、炎症や外傷などによって角膜などが不規則に障害を受けることなどを原因として発症します。程度が強くないものであれば、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正で対応することが可能です。しかし、角膜の変形が不規則である場合は眼鏡での矯正は無効であり、コンタクトレンズが必要になります。

また、乱視の治療では、屈折矯正手術が適応になることもあります。

原因

目のはたらきをカメラにたとえると、前方に存在する角膜と水晶体をレンズ、網膜をフィルムにあたる部分として捉えることができます。角膜と水晶体を通して入る光が網膜に投影され、その情報が視神経を介して脳へと送られることで、ものとして視覚することが可能になります。

カメラにはピントを調節する機能がついており、ものの焦点をうまく合わせたりぼかしたりすることができます。人の目にも同じような機能が存在しており、主に水晶体が焦点の調節を行い、周りにある筋肉が水晶体の厚さを変化させることでピントを合わせる仕組みとなっています。このようにピントを調節する機能のことを調節力と呼びます。

角膜や水晶体により光が屈折し、網膜上にしっかりと集まることで、ものを認知することができます。しかし、乱視の状態では光の屈折をうまく調整することができないためにピントが一点に集まらず、像が造られなくなってしまいます。

網膜に焦点が合うように光を集めるためには、角膜や水晶体がきれいな球体を示していることが重要です。眼球がラグビーボールのように対称的に歪んだカーブを示すと、光の屈折率が上下左右で異なることになり、乱視を誘発することになります。こうしたタイプの乱視は眼鏡でも矯正することができ、正乱視と呼ばれます。

一方、屈折調整を行う角膜などに炎症や外傷が生じて不規則に変形されることから乱視を発症することがあり、不正乱視と呼ばれます。このタイプの乱視は眼鏡では矯正することができません。トラコーマや円錐角膜などが、不正乱視の原因となります。

症状

乱視では、近くのもの、遠くのものなど距離にかかわらずに、ものがにじむなどといった症状が現れます。にじみ方は、乱視のタイプによって異なります。また、眼球がどの方向に歪むかによって縦方向が見えにくいのか、横方向が見えにくいのかなどが異なってきます。

乱視ではものの見え方に支障を来すことになるため、眼精疲労の原因にもなります。そのほか、幼少期の乱視では、網膜にうまく焦点を合わせることができなくなり、視覚の発達に支障を来すこともあります。その結果、弱視を発症する危険性も伴います。

検査・診断

いくつもの線を重ねた表を観察することで、自覚的に線の見え方を評価する検査が行われます。また、客観的に乱視の状態を評価するために、オートレフレラトメーターと呼ばれるものを用いて角膜の形状を評価します。さらに、角膜形状解析や波面センサーなどによる検査も行われることがあり、より詳細に形状を評価することが可能となります。

治療

眼鏡やコンタクトレンズによる矯正や、屈折矯正手術などが選択されます。

乱視の多くは正乱視と呼ばれるタイプであり、眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能です。この場合は円柱レンズの眼鏡やコンタクトレンズで矯正することになります。

しかし、角膜に対する炎症や外傷により生じた不正乱視の場合は、眼のひずみ状況が一定ではないため、眼鏡による矯正が不可能であり、コンタクトレンズ(特にハードコンタクトレンズ)で矯正されることになります。

眼鏡やコンタクトレンズで矯正できない場合、もしくは患者さんの希望がある場合には屈折矯正手術が選択されることもあります。角膜を削ったり内部にレンズを挿入したりすることで、網膜にピントが合うように調整することが可能となります。

手術後は、合併症などの確認のために定期的に検診を受けていただく必要があります。主治医の判断にもよりますが、手術翌日、1週間後、1か月後、3か月後、6か月後というように、徐々に期間を空けて検診を行うのが一般的です。

乱視の記事を読む

もっとみる

乱視の記事にご協力いただいている医師