クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Knee
関節リウマチ
関節リウマチとは、関節の内面を覆っている滑膜(かつまく)に炎症を起こし、関節の痛みや腫れ、こわばり(関節がこわばり動かしにくくなること)などを引き起こす自己免疫性疾患です。 自己免疫性疾患...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
膝

関節リウマチかんせつりうまち

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

関節リウマチとは、関節の内面を覆っている滑膜(かつまく)に炎症を起こし、関節の痛みや腫れ、こわばり(関節がこわばり動かしにくくなること)などを引き起こす自己免疫性疾患です。

自己免疫性疾患とは、自分の免疫システムが誤って自分の正常な細胞を攻撃してしまう病気を指します。進行すると関節周囲の軟骨・骨が破壊され、関節の変形、脱臼、癒合(ゆごう)などを引き起こし、日常動作や生活が損なわれてしまいます。30~50歳代の女性に多いとされていますが、どの年齢層でも発症する可能性があります。

原因

関節リウマチは、本来、細菌やウイルスなどから自分を守るはずの免疫機能が、何らかの異常により自分の体の一部である関節に対して働き、痛みや炎症を引き起こすと考えられています。しかし、発症にいたる詳しい原因についてはわかっていません。

免疫の異常は、遺伝的な要因とウイルス感染などの外的な要因が重なることで起こると考えられています。しかし、実際に病気として遺伝する確率はそれ程高くはありません。また、外的な要因として、喫煙などの環境因子が関節リウマチの発症や症状の悪化に関係しているといわれています。

症状

関節リウマチの主な症状は、関節の痛み・腫れ、朝に起こる関節のこわばりです。朝のこわばりは更年期の方や他の病気でもみられることがありますが、関節リウマチでは通常1時間以上と長時間続くことが特徴です。

また、全身どの関節の部位にも痛みが生じる可能性があります。特に手首や手指の関節に起こることが多く、ほとんどの場合、ひとつの関節にとどまりません。関節の炎症が長期間続くと関節の軟骨・骨が少しずつ破壊され、関節の変形や脱臼、関節がかたくこわばる強直、関節の曲げ伸ばしが難しくなる拘縮を引き起こし、日常生活に大きな支障をきたします。

また、炎症が強ければ発熱、全身倦怠感、体重減少、食欲不振といった全身症状を伴うこともあります。その他、リウマトイド結節と呼ばれる皮下のしこりや間質性肺炎など関節外に症状が現れる場合や、その他の自己免疫性疾患を合併することもあります。

検査・診断

関節リウマチの検査には、血液検査や画像検査があります。これらの検査結果と症状を組み合わせて診断します。

血液検査

関節リウマチになると、血液検査において、赤沈(せきちん)、CRPという体内の炎症反応を示す値や、軟骨の破壊に関係しているMMP-3という値が高くなります。また、リウマチ因子や抗CCP抗体という値が高くなることが多く、診断に有効です。

しかし、血液検査が陽性でも必ず関節リウマチというわけではありません。特にリウマトイド因子は健康な方でも陽性になることが多いため、注意が必要です。また、リウマトイド因子や抗CCP抗体が陰性の関節リウマチもあります。症状や経過から総合的に診断する必要があります。

画像検査

画像検査では、関節のレントゲン検査で骨びらん(骨がこわれた状態)などの骨の変化を調べたり、超音波検査やMRI検査で関節滑膜の炎症の有無、骨や軟骨の変化を調べたりします。

治療

関節リウマチの治療の原則は基礎療法・薬物療法・リハビリテーション・手術療法です。治療の選択は、病気の重症度・合併症・日常生活の不自由さなどを総合的に判断して行います。

関節リウマチの関節の破壊は、発症して2年以内に急速に進行することがわかっています。一度破壊された軟骨・骨・関節は元に戻すことができないので、早期診断・早期治療が重要になります。

基礎療法

基礎療法は関節リウマチという病気を理解し、適度な運動と安静、食生活など規則正しい生活を送ることです。その他、喫煙や歯周病が関節リウマチの活動性に関与していると考えられているため、禁煙等の指導が行われることもあります。

薬物療法

薬物療法は治療の中心的存在であり、葉酸代謝拮抗剤、疾患修飾性抗リウマチ薬や生物学的製剤、ステロイド剤、非ステロイド性消炎鎮痛薬などの薬剤が使用されます。なかでも、葉酸代謝拮抗剤を週に1~2日内服する方法が副作用・効果・費用の面から使用されることが多いでしょう(2017年時点)。

副作用や合併症のために薬剤が使用できなかったり、病気の活動性が強かったりする場合には、生物学的製剤が使用されます。また、生物学的製剤とほぼ同等の効果を持つ内服の分子標的薬が登場し、注目されています。その他、痛みや炎症が強い場合、症状や副作用を考慮してステロイド剤や非ステロイド性消炎鎮痛薬が使用されます。

リハビリテーション

関節の機能(関節の動く範囲と筋力)を保つためのリハビリテーションも有用です。関節の変形や保護、日常動作の助けのために頸椎カラーや足底版などの装具を使用することもあります。

手術療法

また、薬物療法やリハビリテーションによる治療をおこなっても、変形等による関節の障害が残ってしまう場合、手術療法が選択されることもあります。具体的には、人工関節置換術、滑膜切除術、関節固定術、腱断裂・手指・足趾の手術、頸椎の固定術などが行われます。

関節リウマチの記事を読む

もっとみる

関節リウマチの記事にご協力いただいている医師