クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
SARS
SARSとは、コロナウイルスに感染することで発症する「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)」のことを指します。SARSは2002...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
肺
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

SARSとは、コロナウイルスに感染することで発症する「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)」のことを指します。SARSは2002年11月に中国広東省で生じた発症例を発端とし、2003年7月末までの9か月の間に全世界32カ国において、死亡者774例を含む8,096例の発症例(致死率9.6パーセント)がありました。高齢者や基礎疾患の存在が高致死率のリスク因子となっています。

経過中、日本における発症例はなく、2003年7月5日にWHO(世界保健機関)にて流行の収束宣言がなされています。収束宣言後、特殊な状況下(実験室での感染例)などでの感染者報告例はありますが、2017年7月現在までにおいて大きな流行の再燃はみられません。

しかし当時を振り返ると、急速に増悪する呼吸障害を示す症例が全世界各国で多数認めたことから、流行地域への渡航自粛勧告がなされるなど、とても慎重な対応がとられた病気です。SARSは全数報告対象(2類感染症)であり、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る必要があります。
 

原因

SARSは、一部のコロナウイルスに感染することで発症する病気です。

コロナウイルスとは通常の風邪を引き起こす原因ウイルスのひとつですが、SARSの原因となるコロナウイルスは、これとは区別され「SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」と呼ばれています。コロナウイルスは、電子顕微鏡で見た時の見た目が太陽の「コロナ」と似ていることから名付けられています。見た目の類似性はありながらも、風邪の原因ウイルスとしてのコロナウイルスと比べて、遺伝子的な特徴は大きく異なります。SARSコロナウイルスでは呼吸器や消化管などに発現しているアンジオテンシン変換酵素のACE2が感染のレセプタータンパクとなります。

SARSコロナウイルスは咳や痰などに含まれたウイルスを介して感染が成立する、飛沫感染が主流であると考えられています。さらに、ウイルスが空気感染を起こしたり、原因不明の経路でより広い範囲に広がったりする可能性も指摘されています。しかしながら、もっとも感染リスクが高いのは「密接な接触」をすることであると考えられています。SARSの患者さんの病状介護や食器の共有、近くで会話をするなど、密接な接触によってSARS患者さんの気道分泌物や体液を介してウイルス感染が拡大する可能性がより高くなります。
 

症状

SARSを引き起こすウイルスに感染すると、2〜10日程度の潜伏期間を経て、症状が出現します。SARSの典型的な経過は、突然の発熱、震え、筋肉痛などのインフルエンザのような症状から発症します。

その後2〜7日ほど経過すると咳(乾性咳)を呈するようになります。なかには、消化器症状として下痢がみられることもあります。発症者のおよそ80パーセントにおいて症状は改善しますが、急速に呼吸症状が増悪する方もいます。呼吸状態の増悪は、肺炎やARDS(急性呼吸窮迫症候群)に伴うものであり、進行し死亡する例もあります。

検査・診断

SARSを引き起こしたウイルスを検出する方法として、ウイルス分離、RT-PCR法、LAMP法、血清抗体測定などが挙げられます。症状や病歴からSARSが疑われた場合には関係各所と連携を取りながら、これらの検査を実施します。安全上の問題から、特殊な施設でのみ検体の使用が許可されています。

また、SARSに関連して、肺炎や急性呼吸窮迫症候群を発症することがあります。特に急性呼吸窮迫症候群は急速に呼吸状態が悪くなるため、画像上で疾患がみられるようになってからでは救命が間に合わないこともありえます。急性呼吸窮迫症候群は、X線画像、CTの結果によって診断されます。

場合によってはHRCT(high-resolution CT:高分解能CT)によって検査を行い、診断することもあります。急性呼吸窮迫症候群の可能性があれば早急に呼吸管理の治療に入ることが重要です。

治療

SRASにおいては有効な根治療法はまだ確立されていません。肺病変が進行する場合は、酸素投与や人工呼吸器などによる集学的な治療管理が必要となります。SARS患者さんは隔離病棟に入院させる必要がありますが、この際部屋を陰圧にし、看護する側も完璧な防護をした上で、患者さんとの不必要な接触を避けることが肝要です。抗ウイルス剤(リバビリン)の静脈内注射、ステロイド剤の併用療法、インターフェロン療法などに効果が期待できるとの報告もありますが、確定的な結論は得られていません。

急性呼吸窮迫症候群を発症した際には、エラスポールという薬の使用が検討される可能性もあります。また人工呼吸管理の仕方にもさまざまな工夫が施されます。SARSの流行は収束宣言がなされて以後は認めていません。しかしいつ再流行しないとも限りません。

現在(2017年)までのところ、予防に有効なワクチンは存在しておらず、確実な治療方法も確立されていません。そのため、疑わしい症例がある際には迅速に対応を行い、さらなる感染流行を抑制しなければいけません。また、手洗いやうがい、マスクなどの一般的に行われるような感染予防策も確実に行う必要があります。
 

SARSの記事を読む

SARSの記事にご協力いただいている医師