井箟 一彦 先生のプロフィール

井箟 一彦 先生

いのう かずひこ

井箟 一彦 先生

和歌山県立医科大学産科婦人科 教授

専門分野

婦人科腫瘍学/腫瘍免疫学/胎盤病理学/絨毛性疾患

紹介

和歌山県立医科大学では、全ての婦人科がん患者さんに医学的根拠に基づいた説明・診療を徹底しており、患者さんとの強い信頼関係を築いている。また絨毛性疾患の取扱い規約や治療ガイドラインの確立に尽力し、全国の患者さんの相談・診療を行っている。
日本産科婦人科学会「HPVワクチンの効果と安全性に関する調査小委員会」委員長を務め、子宮頸がん予防のためのワクチンと検診に関するエビデンスに基づく医療情報の提供と啓発活動に尽力している。

略歴

1987年3月  東京医科大学 卒業
1993年3月  名古屋大学大学院医学研究科修了 医学博士取得
1994年6月  ネブラスカ大学メディカルセンター病理学微生物学部門博士研究員
1996年8月  岐阜県立多治見病院 産婦人科医長
1998年7月  名古屋大学大学院医学系研究科 助手(産婦人科学教室)
2001年5月  名古屋大学大学院医学系研究科 講師(産婦人科学教室)
2007年11月 名古屋大学大学院医学系研究科 准教授(産婦人科学教室)
2010年4月  和歌山県立医科大学 教授(産科婦人科学教室)

所属学会・資格・役職など

日本産科婦人科学会 代議員・専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 評議員・専門医・指導医
日本胎盤学会 理事
日本妊娠高血圧学会 理事
日本絨毛性疾患研究会 世話人
日本癌学会
日本癌治療学会
日本臨床細胞学会

受賞・著書・論文など

【主な著書】
1. 『婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践』(鈴木直, 岡本愛光, 井箟一彦編). 中外医学社, 東京, 2014.
2. 井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の診断指針第7版』(金澤一郎、永井良三 編). p1805-1808, 医学書院, 東京, 2015.
3. 井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の治療指針2014』(福井次矢ら 編). p1181-1183, 医学書院, 東京, 2014.
4. Ino K, Kikkawa F: Indoleamine 2,3-dioxygenase. In: Schwab M (ed), Encyclopedia of Cancer, 2nd edition. pp 1513-1516, Springer Science, Heidelberg, 2008.

【主な論文】
1.Kobayashi A, Tanizaki Y, Kimura A, Ishida Y, Nosaka M, Toujima S, Kuninaka Y, Minami S, Ino K, Kondo T. AG490, a Jak2 inhibitor, suppressed the progression of murine ovarian ca

【主な著書】
1. 『婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践』(鈴木直, 岡本愛光, 井箟一彦編). 中外医学社, 東京, 2014.
2. 井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の診断指針第7版』(金澤一郎、永井良三 編). p1805-1808, 医学書院, 東京, 2015.
3. 井箟一彦. 絨毛性疾患trophoblastic disease. 『今日の治療指針2014』(福井次矢ら 編). p1181-1183, 医学書院, 東京, 2014.
4. Ino K, Kikkawa F: Indoleamine 2,3-dioxygenase. In: Schwab M (ed), Encyclopedia of Cancer, 2nd edition. pp 1513-1516, Springer Science, Heidelberg, 2008.

【主な論文】
1.Kobayashi A, Tanizaki Y, Kimura A, Ishida Y, Nosaka M, Toujima S, Kuninaka Y, Minami S, Ino K, Kondo T. AG490, a Jak2 inhibitor, suppressed the progression of murine ovarian cancer. Eur J Pharmacol 766:63-75, 2015.

2.Mabuchi Y, Yahata T, Kobayashi A, Tanizaki Y, Shiro M, Ota N, Yagi S, Minami S, Ino K. Clinicopathologic factors of cervical adenocarcinoma stages IB to IIB. Int J Gynecol Cancer 25:1677-1682, 2015.

3.Tanizaki Y, Kobayashi A, Toujima S, Shiro M, Mizoguchi M, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Takikawa O, Ino K. Indoleamine 2,3-dioxygenase promotes peritoneal metastasis of ovarian cancer via inducing immunosuppressive environment. Cancer Sci 105: 966-973, 2014.

4.Tanizaki Y, Kobayashi A, Shiro M, Ota N, Takano R, Mabuchi Y, Yagi S, Minami S, Terada M, Ino K. Diagnostic value of preoperative SUVmax on FDG-PET/CT for the detection of ovarian cancer. Int J Gynecol Cancer 24 :454-460, 2014.

5.Ino K, Tanizaki Y, Kobayashi A, Toujima S, Mabuchi Y, Minami S. Role of the immune tolerance-inducing molecule indoleamine 2,3-dioxygenase in gynecologic cancers. J Cancer Sci Ther 2012, 4: S13:1-5.

6.Ino K. Indoleamine 2,3-dioxygenase and immune tolerance in ovarian cancer. Curr Opin Obstet Gynecol 23:13-18, 2011.

7.Ino K, Shibata K, Yamamoto E, et al. Role of the renin-angiotensin system in gynecologic cancers. Curr Cancer Drug Targets 11:405-411, 2011.

8.Inaba T, Ino K, Kajiyama H, et al. Indoleamine 2,3-dioxygenase expression predicts impaired survival of invasive cervical cancer patients treated with radical hysterectomy. Gynecol Oncol 117: 423-428, 2010.

9.Yoshida N, Ino K, Ishida Y, et al. Overexpression of indoleamine 2,3-dioxygenase in human endometrial carcinoma cells induces rapid tumor growth in a mouse xenograft model. Clin Cancer Res 14:7251-7259, 2008.

10.Ino K, Yamamoto E, Shibata K, et al. Inverse correlation between tumoral indoleamine 2,3-dioxygenase expression and tumor-infiltrating lymphocytes in endometrial cancer: Its association with disease progression and survival. Clin Cancer Res 14: 2310-2317 (2008)

11.Inaba T, Ino K, Kajiyama H, et al. Role of the immunosuppressive enzyme indoleamine 2,3-dioxygenase in the progression of ovarian carcinoma. Gynecol Oncol 115: 185-192, 2009.

12.Yamamoto E, Ino K, Miyoshi E, et al. N-acetylglucosaminyltransferase V regulates extravillous trophoblast invasion through glycosylation of α5β1 integrin. Endocrinology 150:990-999, 2009.

13.Ino K, Yoshida N, Kajiyama H, et al. Indoleamine 2,3-dioxygenase is a novel prognostic indicator for endometrial cancer. Br J Cancer 95: 1555-1561, 2006.

14. Ino K, Shibata K, Kajiyama H, et al. Manipulating the angiotensin system--new approaches to the treatment of solid tumours. Expert Opin Biol Ther 6: 243-255, 2006.

15. Ino K, Shibata K, Kajiyama H, et al. Angiotensin II type 1 receptor expression in ovarian cancer and its correlation with tumor angiogenesis and patient survival. Br J Cancer 94: 552-560, 2006.

続きを見る

井箟 一彦先生 の所属する医療機関

和歌山県立医科大学附属病院

TEL: 073-447-2300

和歌山県立医科大学附属病院

和歌山県和歌山市紀三井寺811-1

JR紀勢本線「紀三井寺」駅 徒歩7分

- - -

受付時間: 9:00〜15:00 原則、紹介予約制 受付8:50〜11:30 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

井箟 一彦 先生 の記事