南村 圭亮 先生のプロフィール

南村 圭亮 先生

みなみむら けいすけ

南村 圭亮 先生

社会福祉法人三井記念病院 消化器外科 科長

専門分野

消化器外科、腫瘍外科

紹介

当初は心臓血管外科医を目指して三井記念病院にレジデントとして応募、最終的に消化器外科医の道に進む。消化器外科チーフレジデントを終了後、ハーバード大学で移植免疫研究の経験を積む。専門領域が細分化される消化器外科において、腹腔鏡手術を含めてあらゆる手術に対応できるジェネラリストであり、ユーティリティプレイヤーであることを心がけている。

略歴

1996年 宮崎医科大学医学部医学科卒業
1996年- 三井記念病院外科 レジデント
2000年- 三井記念病院外科 チーフレジデント
2003年- Transplant Center, Department Surgery, BIDMCハーバード大学 研究員
2005年- 三井記念病院 消化器外科 医員
2009年 東京医科歯科大学大学院 博士課程修了
2009年- 三井記念病院消化器外科 医長、外科医局長
2013年- 三井記念病院 消化器外科 科長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
日本肝・胆・膵外科学会 評議員
日本外科系連合学会 評議員

受賞・著書・論文など

【論文】
CD4+ Regulatory T Cells Are Spared from Deletion by Antilymphocyte Serum, a Polyclonal
Anti-T Cell Antibody. The Journal of Immunology, 2006, 176(7): 4125-4132.
Keisuke Minamimiura, Wenda Gao and Takashi Maki.

Short administration of polyclonal anti-T cell antibody (ALS) in NOD mice with extensive insulitis prevents subsequent development of autoimmune diabetes.
Journal of autoimmunity 26(4) 225-231 2006
Norihiko Ogawa, Keisuke Minamimura, Tetsuo Kodaka and Takashi Maki

Role of Stromal-Derived Factor-IQ in the Induction of Circulating CD34+CXCR4+ Progenitor Cells After Cardiac

【論文】
CD4+ Regulatory T Cells Are Spared from Deletion by Antilymphocyte Serum, a Polyclonal
Anti-T Cell Antibody. The Journal of Immunology, 2006, 176(7): 4125-4132.
Keisuke Minamimiura, Wenda Gao and Takashi Maki.

Short administration of polyclonal anti-T cell antibody (ALS) in NOD mice with extensive insulitis prevents subsequent development of autoimmune diabetes.
Journal of autoimmunity 26(4) 225-231 2006
Norihiko Ogawa, Keisuke Minamimura, Tetsuo Kodaka and Takashi Maki

Role of Stromal-Derived Factor-IQ in the Induction of Circulating CD34+CXCR4+ Progenitor Cells After Cardiac Surgery Circulation. 2006;114: 186-192
Shigetoshi Mieno, MD; Basel Ramlawi, MD; Munir Boodhwani, MD; Richard T. Clements, PhD; Keisuke Minamimura, MD; Takashi Maki, MD; Shu-Hua Xu, PhD; Cesario Bianchi, MD, PhD; Jian Li, MD, PhD; Frank W. Sellke, MD

SV40 infection associated with rituximab treatment after kidney transplantation in nonhuman primates.
Takashi Maki, Carville A, Stillman IE, Sato K, Kodaka T, Minamimura K Ogawa N, Kanamoto A, Gottscalk R, Monaco AP, Marr-Belvin A, Westmoreland SV, Sehgal P.
Transplantation. 2008 Mar 27;85(6):893-902.

OX40 Controls Functionally Different T Cell Subsets and Their Resistance to Depletion Therapy
Alexander Kroemer, Xiang Xiao, Minh Diem Vu, Wenda Gao, Keisuke Minamimura ImageMing Chen, Takashi Maki and Xian Chang Li. The Journal of Immunology, 2007, 179: 5584-5591.

Strategies to induce marked prolongation of secondary skin allograft survival in alloantigen-primed mice.
Keisuke Minamimura, K Sato, H Yagita, T Tanaka, S Arii and Takashi Maki. Am J Transplant. 2008 Apr;8(4):761-72.

閉塞性左半結腸・直腸進行癌における経肛門的イレウスチューブの有効性. 南村 圭亮, 菊一 雅弘, 若杉 正樹, 梅村 彰尚, 平田 泰, 坂本 昌義. 日本外科系連合学会雑誌33(4)p557-561 2008

ERCP後に重症膵炎を来たした下部胆管癌に膵頭十二指腸切除を施行した1例. 南村 圭亮, 岡村 裕輔, 梅村 彰尚, 菊一 雅弘, 平田 泰, 坂本 昌義.臨床外科65(6)p913-917 2010

術後に皮膚症状の著明な改善を認めた皮膚筋炎合併胃癌の1例. 南村 圭亮, 岡村 裕輔, 梅村 彰尚, 菊一 雅弘, 平田 泰, 坂本 昌義. 臨床外科67巻1号Page115-120 (2012.01)

制御性T細胞を用いた免疫療法. 南村 圭亮, 真船 健一. G.I Research 19巻1号Page108-109 (2011.02)

副作用軽減化:新薬開発 〜臨床現場での医薬品副作用の実情をふまえた〜 南村 圭亮, 真船 健一. 2012年9月28日発刊(慢性腎不全)

続きを見る

南村 圭亮 先生 の記事