荻田 和秀 先生のプロフィール

荻田 和秀 先生

おぎた かずひで

荻田 和秀 先生

りんくう総合医療センター産婦人科部長

荻田 和秀 先生のストーリー記事を読む

専門分野

周産期

紹介

産婦人科を舞台とした漫画「コウノドリ」(講談社「モーニング」連載中)の主人公、鴻鳥サクラのモデルとなった産婦人科医。2016年5月にNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に「命の医療チーム、母子の伴走者」でとりあげられる。日夜周産期医療の最前線で奮闘している側ら、定期的にジャズのライブも行っている。

略歴

1992年 香川医科大学医学部卒業
2004年 大阪大学大学院医学系研究科卒業 医学博士取得
2004年 大阪大学産婦人科 助手
2011年 市立泉佐野病院(現りんくう総合医療センター)産婦人科部長として赴任
2015年 大阪大学産婦人科 講師
2005年 現職

所属学会・資格・役職など

医学博士
香川大学医学部臨床教授
日本産婦人科学会特任理事・指導医・専門医
周産期専門医 母体・胎児指導医
日本母体救命システム普及協議会(J-MELS)ベーシックコース インストラクター
日本母体救命システム普及協議会アドバンスコース プログラム開発・改訂委員
大阪府災害時小児周産期リエゾン
大阪府周産期医療対策協議会委員

受賞・著書・論文など

【受賞】
平成18年度 第21回生殖免疫学会 学術賞
平成26年救急医療功労度大阪府医師会表彰
【著書】
嫁ハンをいてわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 講談社 2015 ISBN-10: 406272913X
【論文】
Differential Expression and Localization of Decorin in Human Choriodecidual Membrane during Preterm and Term Pregnancy
Am J Reprod Immunol. 2004 Mar;51(3):204-10.
Calcineurin/NFAT pathway: a novel regulator of parturition.
Am J Reprod Immunol. 2009 Jul;62(1):44-50.
死戦期帝王切開に経皮的心肺補助装置(PCPS)を用いるプロトコル
INTENSIVIST 2016 8(2)  414-415

荻田 和秀先生 の所属する医療機関

りんくう総合医療センター

TEL: 072-469-3111

りんくう総合医療センター

大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23

JR関西空港線「りんくうタウン」駅 3番出口 人工歩道デッキで直結 南海電気鉄道南海空港線も乗り入れあり 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:00〜11:00 原則紹介制、一部診療科予約制  診療8:45〜開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科