本間 栄 先生のプロフィール

本間 栄 先生

ほんま さかえ

本間 栄 先生

東邦大学医学部内科学講座呼吸器内科分野(大森)教授

専門分野

呼吸器病学一般、びまん性肺疾患(間質性肺炎、細気管支炎、膠原病肺、サルコイドージスなど)、肺癌、COPD、呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群、呼吸器病理学・分子病理学

紹介

間質性肺炎などのびまん性肺疾患の研究と治療の進展を牽引し続けてきた本領域の第一人者。東邦大学医学部科学科内科学講座(大森)呼吸器内科教授を務め、厚生労働省科学研究(びまん性肺疾患調査研究班)分担研究者としても数多の研究を押し進めてきた。現在、肺サルコイドーシスのオーダーメイド医療を目指し、新分類の作成にも力を注いでいる。

略歴

1979年 順天堂大学医学部 卒業
1979年 自治医科大学付属病院 内科研修医
1985年 順天堂大学大学院 医学研究科卒業 (医学博士)
1985年 順天堂大学医学部病理第一 助手
1988年 米国 Harvard大学病理学科、公衆衛生学科留学
1992年 順天堂大学医学部呼吸器内科講師
1994年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院呼吸器科医員
      冲中記念成人病研究所研究員、順天堂大学医学部呼吸器内科非常勤講師併任
2005年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院呼吸器センター内科部長
2006年 東邦大学医学部呼吸器内科教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
1)日本呼吸器学会(専門医、指導医、代議員、理事、びまん性肺疾患学術部会プログラム委員、びまん性肺疾患学術部会会長2011-2012、第52回・53回学術講演会プログラム委員会委員、将来計画委員会委員、肺移植検討委員会委員、ガイドライン施行管理委員会副委員長、2017第38回生涯教育講演会会長)
2)日本内科学会(認定内科医、評議員)
3)日本感染症学会(ICD: Infection Control Doctor)    
4)日本結核病学会(評議員、監事)
5)日本肺癌学会(評議員)
6) 日本呼吸器内視鏡学会(評議員, 選挙管理委員)
7) 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会(評議員、理事)
8) 呼吸ケア・リハビリテーション学会(評議員)
9) 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「びまん性肺疾患に関する調査研究」班代表研究者(H26-28年度)
10)日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「びまん性肺疾患に対するエビデンスを構築する新規戦略的研究」班代表研究者(H26-28年度)
11) 厚生労働科学研究「難治性血管炎に関する研究班」班分担研究者
12) 厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業「インフルエンザ(H5N1)の死因となる劇症型ARDSの病態解析と治療法の開発に関する研究」班分担研究者
13) The ATS/ERS/JRS/ALAT IPF Guideline Committee Member
14) 特発性肺線維症の治療ガイドライン2017作成委員会委員長

受賞・著書・論文など

【受賞】
   1988年 上原記念生命科学財団留学助成金授与
   1990年 上原記念生命科学財団研究奨励金授与
   1999年  厚生省公益信託岡本敏記念肺線維症研究基金授与
   2006年 Best Poster Award at the 11th Congress of the APSR
【論文】
1. Homma S, Matsumoto T, Abe H, Fukuda Y, Nagano M, Suzuki M: Relapsing polychondritis - pathological and immunological findings in an autopsy case -. Acta Pathol Jpn (Pathol Int) 34: 1137-1146, 1984
2. 本間 栄:膠原病肺の病理. 日胸疾会誌 23:332−347, 1985
3. Homma S, Jones R, Qvint J, Zapol WM, Reid L: Pulmonary vascular lesions in the adult respiratory distress syndrome caused by inhalation of zinc chloride smoke. A morphometric study. Hum Pathol

【受賞】
   1988年 上原記念生命科学財団留学助成金授与
   1990年 上原記念生命科学財団研究奨励金授与
   1999年  厚生省公益信託岡本敏記念肺線維症研究基金授与
   2006年 Best Poster Award at the 11th Congress of the APSR
【論文】
1. Homma S, Matsumoto T, Abe H, Fukuda Y, Nagano M, Suzuki M: Relapsing polychondritis - pathological and immunological findings in an autopsy case -. Acta Pathol Jpn (Pathol Int) 34: 1137-1146, 1984
2. 本間 栄:膠原病肺の病理. 日胸疾会誌 23:332−347, 1985
3. Homma S, Jones R, Qvint J, Zapol WM, Reid L: Pulmonary vascular lesions in the adult respiratory distress syndrome caused by inhalation of zinc chloride smoke. A morphometric study. Hum Pathol 23: 45-50, 1992
4. Homma S, Nagaoka I, Abe H, Takahashi K, Seyama K, Nukiwa T and Kira S: Localization of platelet-derived growth factor and insulin-like growth factor-I in the fibrotic lung. Am J Resp Crit Care Med 152: 2084-2089, 1995
5. Homma S, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Narui K, Nakatani T, Uekusa T, Saiki S, Nakata K: Diffuse panbronchiolitis in rheumatoid arthritis. Eur Respir J 12: 444-452, 1998
6. Homma S, Takimoto E, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Narui K, Nakatani T, Inagawa, Tateda K, Yamaguchi K, Nakata K: The first recognized patient with Legionella pneumophila serogroup 9 pneumonia in Japan. J infect chemother 4: 214-218, 1998
7. Homma S, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Narui K, Nakatani T, Nakata K: Successful treatment of refractory bronchorrhea by inhaled indomethacin in two patients with bronchioloalveolar carcinoma. Chest 115: 1465-1468, 1999
8. Homma S, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Narui K, Nakatani T, Saiki S, Nakata K: Bronchiolitis in Kartagener's syndrome. Eur Respir J 14: 1332-1339, 1999
9. Homma S: Inhaled indomethacin in bronchorrhea in bronchioloalveolar carcinoma: Role of cyclooxygenase. Chest 117: 1213-1214, 2000
10. Homma S, Matsushita H, Nakata K: Pulmonary fibrosis in MPO-ANCA-associated vasculitides. Respirology 9: 190-196, 2004
11. Homma S, Miyamoto A, Sakamoto S, Kishi K, Motoi N, Yoshimura K: Pulmonary fibrosis in an individual occupationally exposed to inhaled indium-tin oxide. Eur Respir J 25: 200-204, 2005
12. Homma S, Sakamoto S, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Motoi N, Yoshimura K: Cyclosporin treatment in coticosteroid-resistant and acutely exacerbated interstitial pneumonia. Intern Med 44: 1144-1150, 2005
13. Homma S, Sakamoto S, Kawabata M, Kishi K, Tsuboi E, Hebisawa A, Motoi N, Yoshimura K: Comparative clinicopathology of obliterative bronchiolitis and diffuse panbronchiolitis. Respiration 73:481-487, 2006
14. Homma S, Azuma A, Taniguchi H, Ogura T, Mochiduki Y, Sugiyama Y, Nakata K, Yoshimura K, TakeuchiM, Kudoh S, the Japan NAC clinical study group: Efficacy of inhaled N-acetylcysteine monotherapy in patients with early stage idiopathic pulmonary fibrosis. Respirology 17: 467-477, 2012
15. Homma S, Suzuki A, Sato K: Pulmonary involvement in ANCA-associated vasculitis from the view of pulmonologist. Clin Exp Nephrol, 17: 667-671, 2013
16. Ganesh Raghu, Bram Rochwerg, Yuan Zhang, Carlos A. Cuello Garcia, Arata Azuma, Juergen Behr, Jan L. Brozek, Harold R. Collard, William Cunningham*, Sakae Homma, Takeshi Johkoh, Fernando J. Martinez, Jeffrey Myers, ShandraL.Protzko, LucaRicheldi, David Rind, Moises Selman, Arthur Theodore, Athol U. Wells, Henk Hoogsteden, and Holger J. Schunemann ;on behalf of theATS,ERS,JRS,and ALAT. An Official ATS/ERS/JRS/ALAT Clinical Practice Guideline: Treatment of Idiopathic Pulmonary Fibrosis. An Update of the 2011 Clinical Practice Guideline. Am J Respir Crit Care Med 192: e3-e9, 2015
17. Homma S, Sugino K, Sakamoto S: The usefulness of a disease severity staging classification system for IPF in Japan: 20 years of experience from empirical evidence to randomized control trial enrollment. Respiratory Investigation, 53: 7-12, 2015

著書
1. Nukiwa T, Homma S, Kira S: Insulin-like growth factor-I in pulmonary fibrosis. In: Basic and Clinical Aspects of Pulmonary Fibrosis (Ed) Takishima T p197-204. CRC Press Inc, USA, 1994
2. Homma S: Vasculitis: Overview. In: Encyclopedia of Respiratory Medicine. (Eds) Laurent GL, Shapiro SD p418-422. Elsevier Ltd., UK, 2006
3. Iyoda A, Shibuya K, Homma S: Bronchopulmonary carcinoids. The 2013 WCLC Educational Book (Eds) Laurent GL, Shapiro SD p418-422. Elsevier Ltd., UK, 2013
4. 本間 栄(分担):特発性肺線維症の治療ガイドライン2017(厚生労働科学研究補助金難治性疾患政策研究事業 びまん性肺疾患に関する調査研究班 特発性肺線維症の治療ガイドライン作成委員会 編)南江堂,東京,2017
5. 本間 栄(分担):ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017(有村義宏、丸山彰一、本間 栄 編)診断と治療社, 東京, 2017

続きを見る

本間 栄先生 の所属する医療機関

東邦大学医療センター大森病院

TEL: 03-3762-4151

東邦大学医療センター大森病院

東京都大田区大森西6丁目11-1

京浜急行本線「梅屋敷」駅 徒歩6分

- -

受付時間: 8:30~11:00 原則紹介制 科により異なる  第3土曜・創立記念日(6/10)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

本間 栄 先生 の記事