鈴木 雅信 先生のプロフィール

鈴木 雅信 先生

すずき まさのぶ

鈴木 雅信 先生

国際医療福祉大学三田病院 眼科学教授

専門分野

眼科学(角結膜疾患、緑内障、白内障)

紹介

東京大学医学部医学科卒業後、同大学眼科教室入局。ウプサラ大学医生理化学客員研究員、広島大学医学部眼科講師、北里大学医学部眼科助教授、帝京大学医学部付属市原病院眼科教授、北里大学北里研究所メディカルセンター病院眼科臨床教授を経て国際医療福祉大学三田病院眼科学教授・北里大学客員教授。眼科での専門分野は角結膜疾患、緑内障、白内障、屈折矯正手術等。視覚障害の原因となる緑内障などの疾患の早期発見につとめ、患者さんに負担が少なく安全性が高い手術を実施することを信条としている。特に、白内障手術における「オジル法」による水晶体超音波乳化吸引術装置を用いた、小さな切開創・安全性・確実性の高い手術について定評がある。

略歴

1986年 東京大学 医学部医学科卒業 同大学眼科学教室入局
1994年 ウプサラ大学医生理化学教室客員研究員
1997年 広島大学眼科講師
2001年 北里大学眼科助教授
2006年 帝京大学医学部付属市原病院眼科教授
2010年 北里大学北里研究所メディカルセンター病院眼科臨床教授
2013年 国際医療福祉大学三田病院眼科教授
     北里大学客員教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会認定指導医
国際医療福祉大学三田病院 眼科教授
日本角膜学会
The Association for Research in Vision and Ophthalmology(米国視覚・眼科学会)
米国白内障屈折手術学会(American Society of Cataract and Refractive Surgery)

受賞・著書・論文など

【訳書】
Peter S.Hersh著 眼科手術手技アトラス(共訳)
メディカル・サイエンス・インターナショナル 1991年

プロスタグランジン関連薬(1)(ウノプロストン)
新図説臨床眼科講座 第4巻 緑内障 (]G0004[).緑内障の治療/薬物療法 メジカルビュー社 1998年

プロスタグランジン関連薬(2)(ラタノプロスト)
新図説臨床眼科講座 第4巻 緑内障 (]G0004[).緑内障の治療/薬物療法 メジカルビュー社 1998年

21.緑内障の点眼治療-第一選択薬はどのように決定すべきか-
眼科治療の選択 (]G0004[) 緑内障、中山書店 1998年

マニュアルと自動のケラトーム
メディカルトリビューン 2000年

マイクロケラトームの研究
カラーアトラスLASIKの実際-その最先端のノウハウ 診断と治療社 2000年

(]G0006[)先天緑内障-特殊病型-(共著)
難治性緑内障の診療戦略、エム・シー・アンド・ピー 2001年

遠視に対する屈折矯正手術
眼科診療 Q&A 六法出版社 2001年

【論文(共著含む)】

Goldenhar症候群の5例 -デルモイド切除術および表層角膜多植術後の視力予後および内皮細胞所見-(

【訳書】
Peter S.Hersh著 眼科手術手技アトラス(共訳)
メディカル・サイエンス・インターナショナル 1991年

プロスタグランジン関連薬(1)(ウノプロストン)
新図説臨床眼科講座 第4巻 緑内障 (]G0004[).緑内障の治療/薬物療法 メジカルビュー社 1998年

プロスタグランジン関連薬(2)(ラタノプロスト)
新図説臨床眼科講座 第4巻 緑内障 (]G0004[).緑内障の治療/薬物療法 メジカルビュー社 1998年

21.緑内障の点眼治療-第一選択薬はどのように決定すべきか-
眼科治療の選択 (]G0004[) 緑内障、中山書店 1998年

マニュアルと自動のケラトーム
メディカルトリビューン 2000年

マイクロケラトームの研究
カラーアトラスLASIKの実際-その最先端のノウハウ 診断と治療社 2000年

(]G0006[)先天緑内障-特殊病型-(共著)
難治性緑内障の診療戦略、エム・シー・アンド・ピー 2001年

遠視に対する屈折矯正手術
眼科診療 Q&A 六法出版社 2001年

【論文(共著含む)】

Goldenhar症候群の5例 -デルモイド切除術および表層角膜多植術後の視力予後および内皮細胞所見-(共著) 眼科紀要 38 1846-1850 1987年

亜急性細菌性心内膜炎に眼症状を呈した3例 -Roth斑、網膜動脈閉塞症および血管閉塞予防としての少量のaspirin投与-(共著)
眼科 31 655-658 1989年

フィブロネクチンの臨床応用(共著)
眼科紀要 40 2699-2703 1989年

ジルコニア製トレパンの特性(共著)
あたらしい眼科 6 1379-1382 1989年

角膜移植用眼球の細菌培養結果(共著)
あたらしい眼科 6 1383-1385 1989年

眼内レンズ挿入術における術中縮瞳・術後炎症に対するケトロラックトロメタミン点眼液の効果(共著)
臨床眼科 43 1809-1812 1989年

角膜移植用提供眼の現状と問題点(共著)
あたらしい眼科 6 1386-1389 1989年

分子量の異なるヒアルロン酸ナトリウムの前房維持能と角膜内皮保護効果の検討(共著)
眼科臨床医報 87 55-59 1993年

新しいメンブランフィルター(PORETEC)による眼科領域の細胞診(共著)
日眼会誌 97 1179-1184 1993年

網膜分枝閉塞症併発緑内障例におけるscanning laser tomographyによる解析(共著)
臨床眼科 52 635-637 1998年

プロスタグランディン製剤(ラタノプロストとその他)
あたらしい眼科 15 475-480 1998年

緑内障手術の合併症-術後視力障害の観点から-
あたらしい眼科 16 927-931 1999年

鼻側網膜動脈分枝閉塞症の1例
臨床眼科 53 1667-1670 1999年

トランスフォミング増殖因子ベータ(TGF-β)スーパーファミリーの眼組織における作用
第101回日本眼科学会総会宿題報告(]G0001[) 眼の細胞生物学 日眼会誌 101 927-947 1997年

両眼に前嚢破裂を伴った水晶体起因緑内障の一例
眼科臨床医報 93 1336-1337 1999年
6. 新しい術式-手術によるアプローチ- 特集Refractive Surgery-近未来予測-
5(3) 12-13 2000年

LASIKと眼圧 特集 : レーザー屈折手術
22 16-18 2000年

マイクロケラトームの基礎と臨床
湘西の眼科 6 6-8 2000年

屈折矯正手術の現状と今後
眼科基本診療Update臨床眼科 54(11) 159-161 2000年

LASIKの基本
レーザー屈折矯正手術-適応と実際 眼科手術 13 511-515 2000年

LASIK術後の低コントラスト視力
中島 純子, 杉山 由紀子, 神垣 久美子, 大野 晃司, 鈴木 雅信, 清水 公也, 魚里 博
日本視能訓練士協会誌 29 177-183 2001年

LASIK後の眼圧とORBSCANによる補正眼圧
伊藤 美沙絵, 杉山 由紀子, 鈴木 雅信, 清水 公也, 魚里 博
日本視能訓練士協会誌 29 227-231 2001年

LASIK後の上皮迷入例の治療と病理
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 15(2), 131-136, 2001-06-01

レーザー角膜内切削形成術(LASIK)の短期術後経過 : 術前から角膜内皮細胞数が著しく減少していた症例 Journal of the eye 18(9), 1183-1186, 2001-09-30

Wavefront-Guided LASIK の実際
Journal of the eye 18(11), 1375-1380, 2001-11-30

LASIK術後の低コントラスト視力
Japanese orthoptic journal 29, 177-183, 2001-11-30

LASIK後の眼圧とORBSCANによる補正眼圧
Japanese orthoptic journal 29, 227-231, 2001-11-30

後房レンズにはどのようなものがありますか?
Journal of the eye 18, 215-217, 2002-01-25

レーザー角膜内切削形成術(LASIK)の術前屈折別の術後3ヵ月目の成績
Journal of the eye 19(2), 217-221, 2002-02-28

LASIK(Laser In Situ Keratomileusis)術後の乱視の検討
Journal of ophthalmic surgery 15(2), 263-266, 2002-04-30

LASIK の立場から
日本コンタクトレンズ学会誌 44(4), 247-250, 2002-12-28

レーザー屈折矯正角膜切除術後の長期経過(術後8年)
日本眼科學会雜誌 107(2), 94-98, 2003-02-10

LASIKによるモノビジョン法を施行した4症例
Journal of the eye 20(3), 385-389, 2003-03-30

遅発発症した diffuse lamellar keratitis
日本眼科學会雜誌 107(4), 202-207, 2003-04-10

小児における調節麻痺薬点眼前後での高次収差の変化
Journal of the eye 21(10), 1379-1382, 2004-10-30

有水晶体眼内レンズ--後房型レンズ(ICL)の治験成績 (第1土曜特集 超高齢社会における感覚器医学--眼科学はなにをめざしているのか) -- (眼科における抗加齢医学)
医学のあゆみ 211(10), 943-948, 2004-12-04

Laser In Situ Keratomileusis 術後に発症した眼圧依存性角膜層間混濁の1例
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 20(2), 158-162, 2006-06-01

強度近視眼における有水晶体眼内レンズ挿入術前後のコントラスト感度
Japanese journal of visual science 27(2), 34-38, 2006-06-26
有水晶体眼内レンズ挿入術の評価--僚眼にwavefront-guided laser in situ keratomileusisを施行した高度近視眼における比較検討 (特集 第59回日本臨床眼科学会講演集(5))
臨床眼科 60(7), 1199-1204, 2006-07

Wavefront-Guided Laser In Situ Keratomileusis (LASIK) 術後3年の経過
日本眼内レンズ屈折手術学会誌 20(4), 388-393, 2006-12-01

乱視度数入り Phakic IOL 挿入術の臨床成績
Journal of ophthalmic surgery 20(1), 93-97, 2007-01-30

加齢性下眼瞼内反症手術における視機能への影響について
Journal of ophthalmic surgery 20(3), 423-426, 2007-07-30

続きを見る

鈴木 雅信先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学三田病院

TEL: 03-3451-8121

国際医療福祉大学三田病院

東京都港区三田1丁目4-3

都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番駅」 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分

- -

受付時間: 8:30~11:30 12:30~16:30 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

鈴木 雅信 先生 の記事