MedicalNoteとは

奥野 妙子

奥野 妙子先生

三井記念病院 耳鼻咽喉科 部長

  • 耳鼻咽喉科

専門分野

耳科手術(鼓室形成術、アブミ骨手術等)、側頭骨形態・病理、レーザーによる中耳・内耳手術

紹介

1977年千葉大学を卒業後、東京大学医学部耳鼻咽喉科入局。米国ピッツバーグ大学留学。東京大学耳鼻咽喉科講師を経て、現在は三井記念病院にて耳鼻咽喉科部長を務める。耳の手術という外科的領域から難聴、めまいといった内科的領域までを手掛ける耳疾患の専門家。NHK「きょうの健康」や市民公開セミナーにて一般生活者に講演を行うなど、耳の健康に関する普及活動も積極的に行っている。

略歴

1977年  千葉大学医学部卒業
      横浜市立大学内科、麻酔科研修後
1978年  東京大学医学部耳鼻咽喉科入局
1984年  米国ピッツバーグ大学留学(2年間)
1991年  東京大学医学部耳鼻咽喉科講師
1993年  三井記念病院耳鼻咽喉科科長
2002年  三井記念病院耳鼻咽喉科部長
現在に至る

1995年〜  東京大学医学部非常勤講師
2010年〜  東京女子医科大学医学部非常勤講師
2012年〜  神戸大学医学部臨床教授
2011年〜  厚生労働省疾病・障害認定審査委員会委員

所属学会・資格・役職など

所属学会
 日本耳鼻咽喉科学科:代議員、専門医制度委員会委員長(2010年〜)
 日本耳科学会:理事(2015年〜)
 日本レーザー医学会:評議員
 日本聴覚医学会:聴力検査技師講習会講師
 
 Politzer Society 会員
 American research association of Otolaryngology 会員
 American temporal bone histopathological society 会員
 American laser society for medicine and surgery 会員

受賞・著書・論文など

原著論文(英文:筆頭)

1. Okuno T, Nomura Y: Permiability of the round window membrane. Arch Otorhinolaryngol 240 : 103-106, 1984

2. Okuno T, Sando I : Localization, frequency and severity of endolymphatic hydrops and the pathology of the labyrinthine membrane in Meniere’s disease. Ann Otol Rhinol Laryng

もっと見る

原著論文(英文:筆頭)

1. Okuno T, Nomura Y: Permiability of the round window membrane. Arch Otorhinolaryngol 240 : 103-106, 1984

2. Okuno T, Sando I : Localization, frequency and severity of endolymphatic hydrops and the pathology of the labyrinthine membrane in Meniere’s disease. Ann Otol Rhinol Laryngol 96 : 438-445, 1987

3. Okuno T, Wall C, Sando I : Computerized data bank system for temporal bone histopathology. Ann Otol Rhinol Laryngol 97 : 195-198, 1988

4. Okuno T, Nomura Y, Hara M : Pertial Labyrinthectomy with argon laser. Acta Otolaryngol Suppl 456 : 111-116, 1989

5. Okuno T, Takahashi H, Shibahara Y, Hashida Y, Sando I : Temporal bone histopathologic findings in Alagille’s syndrome. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 116 : 217-220, 1990

6. Okuno T, Nomura Y, Young Y-H, Hara M : Argon laser irradiation of the otolithic organ. Otolaryngol Head Neck Surg 103 : 926-930, 1990

7. Okuno T, Nomura Y, Young Y-H : Ablation of otolithic organs with argon laser. Acta Otolaryngol Suppl 481 : 607-609, 1991

8. Okuno T, Nomura Y, Hara M, Tsurutani R, Kifune K : Application of Beschitin to the inner ear. Transplants and implants in OtologyⅡ. Kugler Publication, Amsterdam, New York : 189-192, 1992

9. Okuno T, Hata Y, : Clinical Manifestation of Labyrinthine Fistula. Cholesteatoma and mastoid surgery 830-836 Cic Edizioni Internationali 1996

10. Okuno T, Hata Y : Inner ear fistulae on the pars superior versus pars inferior. Proceeding of the international conference on cholesteatoma and ear surgery. 863-887 Marseille-France Label Production Ed, 2001

11. Okuno T, Hata Y, : Hearing results of the surgery for cholesteatoma according to the type of cholesteatoma Surgery of the ear current topics 123-125 Ed by Nuri Ozgirgin Rekmay Publishing Ankara 2009

12. Okuno T : Surgical treatment of vertigo Nihon Jibiinnkouka Gakkai Kaiho 112 : 764-767 2010

13. Okuno T, Matsumoto Y, Nomura Y, Hata Y, Kurita N, Kojima Y, Kuwauchi M : Transmeatal approach and the optimal device for minimal invasive surgery The proceedings of 9th international cholesteatoma surgery in press


原著論文(英文:共著)

1. Nomura Y, Okuno T, Kawabata I : The round window membrane. Adv Oto-Rhino-Laryng. Karger, Basel 31 : 50-58, 1983

2. Nomura Y, Hara M, Funai H, Okuno T : Endolymphatic Hydrops in perilymphatic fistula. Acta Otolaryngol 103 : 469-476, 1987

3. Nomura Y, Hara M, Okuno T : Application of argon laser to the inner ear. Acta otolaryngol 105 : 439-444, 1988

4. Sando I, Yamaguchi N, Ikeda M, Okuno T, Takahashi H : Correlation of otopathology with severity of Hydrops. Second International Symposium on Meniere’s Disease. edited by J. B. Nadol Jr. Kugler & Ghedini 41-47, 1989

5. Hara M, Nomura Y, Okuno T, Yagi M : A method of determining specimens for computer graphic reconstruction. 246 : 97-99, 1989

6. Nomura Y, Okuno T, Hara M, Shinagawa Y, Kunii TL : Walking through a human ear. Acta Otolaryngol 107 : 336-370, 1989

7. Shinagawa Y, Kunii TL, Nomura Y, Okuno T, Hara M : Reconstructing smooth surface from a series of contour lines using homotopy. New advances in computer graphics. Proceedings of CG international 1989. Earnshaw RA, Wyvil B, eds. Sptinger-Verlag, Tokyo, Berlin, Heidelberg, New York, London, Paris.

8. Nomura Y, Hara M, Okuno T, Yagi M, Kurata T, Nariuchi H : Modality of endolymphatic hydrops. Second International Symposium on Meniere’s Disease. edited by J B Nadol Jr. Kugler & Ghedini. 89-96, 1989

9. Harada T, Okuno T, Mori K : A case of recurrent aural cholesteatoma extending into the middle cranial fossa. Auris Nasus Larynx 16 : 209-213 1990

10. Shinagawa Y, Kunii TL, Nomura Y, Okuno T Young Y-H : Automating view function generation of objects for walk-through animation using a reed graph. Department of information Science, faculty of science, University of Tokyo/ Technical report’90 1990

11. Shinagawa Y, Kunii TL, Nomura Y, Okuno T : Automating view function generating for walk-through animation using a reed graph. Computer animation ’90 227-236, 1990

12. Young Y-H, Nomura Y, Okuno T, Yagi M : The electronystagmographic recordings of guinea pig animal models in experimental otology. Acta Otolaryngol Suppl 481 : 534-535, 1991

13. Yamasoba T, Okuno T, Harada T, Nomura Y : Osteoma of the middle ear. Report of a case. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 116 : 1214-1216, 1990

14. Nomura Y, Okuno T, Young Y-H, Hara M : Laser labyrinthectomy in humans. Acta Otolaryngol 111 : 319-326, 1991

15. Young Y-H, Nomura Y, Okuno T, Hara M : Clip electrode method for recording eye movement in experimental animals. Arch Otolaryngol 248 : 331-334, 1991

16. Nomura Y, Okuno T : Use of high-definition television in microsurgery of the ear. Laryngoscope 102 : 458-460, 1992

17. Hara M, Nomura Y, Okuno T, Tsurutani R, Kifune K : Application of Beschitin to the middle ear. Transplants and implants in otology Ⅱ Kugler Publication 185-188, 1992

18. Nomura Y, Okuno T, Hara M, Young Y-H : “Floating” labyrinth. Pathophysiology and treatment of perilymph fistula. Acta Otolaryngol 112 : 186-191, 1992

19. Nomura Y, Hara M, Young Y-H, Okuno T : Inner ear morphology of experimental perilymphatic fistula. Am J Otology 13 : 32-37, 1992

20. Nomura Y, Okuno T, Mizuno M : Treatment of vertigo using laser labyrinthectomy. Acta Otolaryngol 113 : 261-262, 1993

21. Nishihara K, Shimizu T, Kotaki H, Sawada Y, Okuno T, Kaga K, Murofushi T : Lack of effect of vancomycin and gentamicin on auditory function in guinea pigs. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 40:1098-1103, 1996

22. Ito K, Kurita H, Sugasawa K, Okuno T, Mizuno M, Sasaki T : Neuro-otological findings after radiosurgery for acoustic neurinomas Arch Otolaryngol Head Neck Surg 122 : 1229-1233, 1996

23. Hata Y, Okuno T : Management of retraction pockets : Report of two cases The Mediterranean Journal of Otology 4 : 168 2008

24. Inokuchi G, Okuno T, Hata Y, Baba M, Sugiyama D : Congenital cholesteatoma : posterior lesions and the staging system Ann Otol Rhinol Laryngol 119 : 490-494 2010

25. Inokuchi G, Kurita N, Baba M, Hata Y, Okuno T : Retropharyngeal hematoma from parathyroid hemorrhage in a hemodialysis patient ANL 39 : 527-530 2012


原著論文(邦文:筆頭)

1. 石井妙子、松本和彦、牛嶋達次郎、船坂宗太郎:各種コラーゲン製剤の生体内変化対する実験的研究. 臨床耳科 7 : 26-27, 1980

2. 奥野妙子、船坂宗太郎:コラーゲン製剤の生体内変化対する実験的研究. 日耳鼻 83:1610-1615, 1980

3. 奥野妙子、飯塚啓介、二木 隆、野村恭也:篩骨洞天涯より発生したfibrous dysplasiaの一症例. 耳喉 53 : 523-527, 1981

4. 奥野妙子、野村恭也、土田みね子:蝸牛窓膜の観察 臨床耳科 9 : 284-285, 1982

5. 奥野妙子、野村恭也:実験的蝸牛窓膜破裂 Ear Res Jpn 13 : 202-204, 1982

6. 奥野妙子、野村恭也:実験的蝸牛窓膜破裂 耳鼻 28 : Suppl 3 : 850-856, 1982

7. 奥野妙子、洲崎春海、小田 恂:鼻腔多形腺腫の2症例 耳鼻 29 : 213-217, 1983

8. 奥野妙子:蝸牛窓の形態 —蝸牛窓膜と蝸牛窓小窩膜— 日耳鼻 87 : 489-501, 1984

9. 奥野妙子、杉田公一、野村恭也:イヤーモールド原型による外耳道異物の2症例 耳喉 58 : 1033-1035, 1986

10. 奥野妙子、野村恭也, 永雄裕美子:結果的にstapedectomyとなった耳硬化症症例 —あぶみ骨手術に対する考察— 耳喉 59 : 705-710, 1987

11. 奥野妙子、野村恭也, 永雄裕美子:結果的にstapedectomyとなった耳硬化症症例 臨床耳科 14 : 162-163, 1987

12. 奥野妙子、野村恭也:CTによる外耳道の計測 Ear Res Jpn 18 : 271-273, 1987

13. 奥野妙子、野村恭也:外耳道の計測 耳喉頭頸 60 : 627-632, 1988
14. 奥野妙子、野村恭也、原 誠:レーザーによる内耳部分破壊の実験的研究 Ear Res Jpn 19 : 16-18, 1988

15. 奥野妙子、野村恭也:顔面神経麻痺に対するgold weight implant. Facial nerve Research 8 : 195-198, 1988

16. 奥野妙子、野村恭也:アルゴンレーザーによる内耳手術に関する実験的研究 レーザー医学会誌 9 : 559-562, 1988

17. 奥野妙子、野村恭也、八木昌人:アルゴンレーザー照射による耳石器の変化 Ear Res Jpn 20 : 307-308, 1989

18. 奥野妙子、野村恭也、原田勇彦、八木昌人:上鼓室の形成を行ったopen methodにおける術後成績 臨床耳科 17 : 1-4, 1990

19. 奥野妙子、野村恭也、揚 抬和:アルゴンレーザー書写による耳石器の経時変化 Ear Res Jpn 21 : 99-100, 1990

20. 奥野妙子、野村恭也, 鎮西恒雄、藤正 巌:半導体レーザーによる鼓膜切開術 日本レーザー医学会誌11 : 689-692, 1991

21. 奥野妙子、野村恭也:重力受容器欠如の動物モデルについて 宇宙利用シンポジウム講演論文集 8 : 113-117, 1991

22. 奥野妙子、野村恭也、横小路雅文、横山正人、原 誠:レーザーによる内耳手術 日本レーザー医学会誌 12 : 281-284, 1992

23. 奥野妙子:耳疾患とレーザー治療 日本レーザー医学会誌 13 : 31-36, 1992

24. 奥野妙子、原 誠、 中村直也、浅沼 聡:中耳手術へのレーザーの導入 日本レーザー医学会誌 13 : 551-554, 1992

25. 奥野妙子、野村恭也:内耳手術とレーザー レーザー医学会大会論文集 14:137-140 1993

26. 奥野妙子、畑 裕子、野村恭也:レーザー内耳手術の術後経過—聴力・平衡機能についてー レーザー医学会大会論文集 15: 383-386, 1994

27. 奥野妙子:レーザーによる耳科手術の現況 レーザー医学会大会論文集 18 : 61-65, 1997


原著論文(邦文:共著)

1. 深谷 卓、奥野妙子、小松崎 篤:早期聴神経腫瘍の発生部位と温度眼振反応について 日耳鼻 86 : 1461-1464, 1983

2. 小田 恂、川端五十鈴、山根雅昭、奥野妙子:自記オージオメータによる耳鳴のピッチマッチ検査 Audiology Japan 26 : 112-122, 1983

3. 二木 隆、奥野妙子:扁桃摘出術におけるAviteneの使用経験 耳鼻臨床 76 : 3291-3295, 1983

4. 原 誠、野村恭也、深谷 卓、奥野妙子:蝸牛窓膜破裂の実験的研究 Ear Res Jpn 14 : 315-317, 1984

5. 野村恭也、二木 隆、深谷 卓、奥野妙子:Cochleosacculotomy 臨床耳科11 : 66-67, 1984

6. 川端五十鈴、深谷 卓、奥野妙子:聴神経腫瘍の早期症例の電子顕微鏡的所見 臨床耳科11 : 146-147, 1984

7. 野村恭也、奥野妙子:Open methodの一方法 臨床耳科 14 : 40-41, 1987

8. 中村雅一、奥野妙子、水野正浩:術後性乳突部嚢胞の一例 臨床耳科 14 : 140-141, 1987

9. 室伏利久、奥野妙子、野村恭也:耳小骨奇形を伴うNager症候群の一症例 臨床耳科 14 :352-353, 1987 

10. 吉村恵利子、奥野妙子、原田勇彦、野村恭也:側頭骨chondroblastomaの一症例 臨床耳科 14 :454-455, 1987

11. 原 誠、洲崎春海、奥野妙子、川端五十鈴:手術治療を行った副鼻腔の繊維性骨異形成症・骨腫症例の臨床的検討 耳展 30 : 23-29, 1987

12. 室伏利久、奥野妙子、野村恭也: Nager症候群の中耳所見—症例と文献的考察— 耳喉 59 : 711-716, 1987

13. 吉村恵利子、奥野妙子、原田勇彦、野村恭也:側頭骨chondroblastomaの一症例 耳喉頭頸 60 : 119-123, 1988

14. 原 誠、野村恭也、奥野妙子:標本再構築時基準点のとり方 Ear Res Jpn 18 : 402-403, 1987

15. 中村雅一、奥野妙子、水野正浩:術後性乳突部嚢胞の1例 耳喉頭頸 60 : 321-324, 1988

16. 原 誠、野村恭也、奥野妙子、国井利泰、芽 暁陽、品川嘉久:標本再構築時基準点のとり方(続報) Ear Res Jpn 19 : 55-56, 1988

17. 品川嘉久、国井利泰、野村恭也、奥野妙子:CT連続断層画像からの立体の再構成用の陰面処理 情報処理学会誌 36 : 39-41, 1989

18. 野村恭也、奥野妙子、原 誠、八木昌人、倉田 毅:コルチリンパ水腫 Ear Res Jpn 20 : 39-40, 1989

19. 原田勇彦、奥野妙子、山岨達也:外傷性外耳道狭窄 耳鼻臨床 83 : 227-231, 1989

20. 丹生健一、奥野妙子、野村恭也、松本一雄、十字猛雄:HLAと耳硬化症 日耳鼻 93 : 606-610, 1990

21. 野村恭也、奥野妙子:中耳からの前庭神経アプローチ Ear Res Jpn 21 : 291-292, 1990

22. 揚 抬和、野村恭也、奥野妙子、八木昌人:実験的外リンパ瘻における前庭機能 Ear Res Jpn 21 : 339-340, 1990

23. 星野志織、奥野妙子、野村恭也、原田勇彦:Oto-palato-digital syndromeの一症例 耳鼻臨床 84 : 321-324, 1991

24. 小崎寛子、奥野妙子、水野正浩:内耳機能の保存されていた真珠腫内耳進展例 耳喉頭頸 63 : 397-401, 1991

25. 原田勇彦、加我君孝、水野正浩、奥野妙子、他23名:オフロキサシン耳用液の有用性と耳浴時間に関する臨床的研究 耳鼻咽喉科展望 37:380-387, 1994

26. 菅沢恵子、水野正浩、奥野妙子、喜多村 健、河本俊介、佐々木富男:聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の平衡機能について Equilibrium Res 53:276-281, 1994

27. 石橋康子、山岨場達也、宇佐美真一、阿部聡子、加我君孝:長期にわたり聴力経過を観察した前庭水管拡大症の2症例 Otol Jpn 13 : 57-61 2003

28. 藤本千里、伊藤健、斎藤裕毅、石本晋一、山岨達也、奥野妙子:アブミ骨手術後ピストンの脱落を繰り返した1症例 耳鼻咽喉科・頭頸部外科75 : 817-822 2003

29. 鈴木さやか、持木将人、中尾一成、坂本幸士、安藤瑞生、菅沢 正:移植空調・腸間膜リンパ説に転移をきたした下咽頭癌の1症例 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 76 : 162-163 2004

30. 阿部彰子、奥野妙子、田中 麗、戸辺公子、福田穂積、衣袋健司:耳硬化症と内耳道前下壁の憩室様所見 臨床放射線 51 : 851-854 2006

31. 鈴木さやか、奥野妙子、畑裕子、栗田宣彦:中耳腺種症例 耳鼻咽喉科臨床 100 : 181-186 2007

32. 鈴木さやか、奥野妙子、畑裕子、栗田宣彦:危険性側頭骨における中耳真珠腫症例 頭頸部外科 15:175-179 2006

33. 小泉めぐみ、奥野妙子、畑 裕子、栗田宣彦:中耳外傷手術例の検討:外傷性鼓膜穿孔を中心に 頭頸部外科 17 : 273-278 2008

34. 馬場美雪、馬場信太郎、中原はるか:声帯運動障害を伴ったForestier病の1例 頭頸部外科 18 : 163-167 2009

35. 小嶋康隆、奥野妙子、松本 有:透析医療と他科連携 見逃しやすい疾患を中心に:耳鼻咽喉科 高齢透析患者の平衡機能障害・難聴 臨床透析 21: 169-174 2011

36. 阿部彰子、戸辺公子、竹口隆也、福田穂積、衣袋健司、馬場美雪、奥野妙子:異常発達した両側Petrosquamosal sinus の1例 臨床放射線 56 : 763-768 2011

37. 田中友佳子、栗田宣彦、松本 有、原田品子、佐多由紀、畑 裕子、小嶋康隆、奥野妙子:下咽頭神経鞘腫の1例 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 83 : 595-599 2011

38. 桑内麻也子、奥野妙子、畑 裕子、松本 有、小嶋康隆:ムコイド型肺炎球菌を起因菌とした耳性頭蓋内合併症の2例 Otol Jpn 22 : 141-147 2012

39. 小嶋康隆、奥野妙子、田中友佳子、松本 有、畑 裕子、井之口豪:先天性真珠腫の統計 Otol Jpn 22: 17-22, 2012

40. 畑 裕子,奥野妙子,川島まゆみ,山崎葉子:末梢性顔面神経麻痺における後遺症出現要因について Facial Nerve Research Japan,Vol33: 143-145, 2013

41. 藤田 岳、奥野妙子:耳科手術後の髄液漏 急患・急変対応マニュアル 耳喉頭頸 増刊号 85:332-335 2013

単行本

1. 奥野妙子、野村恭也:老人と耳鼻咽喉科 図説老年病医学 5 : 234-253, 同朋舎 1985

2. 奥野妙子:Costen症候群(temporomandibular joint syndrome) 広範囲症候群 1290, 日本臨床社 1987

3. 奥野妙子:Tornwaldt症候群 広範囲症候群 1296, 日本臨床社 1987

4. 野村恭也、奥野妙子:外耳・中耳の形態と機能 臨床薬物治療学大系17 : 3-14, 情報開発研究所 1987

5. 奥野妙子:耳管開放症 耳鼻咽喉科診断治療大系 1 : 128-129, 講談社 1987

6. 野村恭也、奥野妙子:鼓室形成術・分類(外国) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科MOOK 14 : 26-33, 鼓室形成術 金原出版1989

7. 奥野妙子、野村恭也、水野正浩:真珠腫の内耳進展に対する処理(瘻孔に対する処理を含む) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科MOOK 14 : 138-144, 鼓室形成術 金原出版1989

8. 奥野妙子:外耳道閉鎖症 南山堂医学大辞典 1990

9. 奥野妙子:耳痛 南山堂医学大辞典 1990

10. 奥野妙子:耳ヘルペス(耳帯状疱疹) 南山堂医学大辞典 1990

11. 奥野妙子:小耳症 南山堂医学大辞典 1990

12. 奥野妙子:耳漏(みみだれ) 南山堂医学大辞典 1990

13. 奥野妙子:聴性電気反応(聴性誘発電位) 南山堂医学大辞典 1990

14. 奥野妙子:投射性耳痛 南山堂医学大辞典 1990
15. 栗田宣彦、奥野妙子:カニューレ交換の仕方について 研修医ノート 永井良三編 334-335 診断と治療社 1994

16. 奥野妙子:耳鼻咽喉科より内科研修医へ 研修医ノート 永井良三編 685-686 診断と治療社 1994

17. 奥野妙子:鼓室硬化症 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 205-206 中外医学社 2002

18. 奥野妙子:コレステリン肉芽腫 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 207-208 中外医学社 2002

19. 奥野妙子:中耳癒着症 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 208-209 中外医学社 2002

20. 奥野妙子:耳硬化症 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 209-211 中外医学社 2002

21. 奥野妙子:Van der Hoeve-de Kleyn症候群 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 211-212 中外医学社 2002
22. 奥野妙子:結核性中耳炎 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 212-213 中外医学社 2002

23. 奥野妙子:外耳道真珠腫 新臨床耳鼻咽喉科学 2巻 213 中外医学社 2002

24. 奥野妙子:耳科領域でのアルゴンレーザー特集—切開・蒸散・凝固 JOHNS 18 : 1877-1880 2002
女性医師のキャリアアップ:第75回耳鼻咽喉科臨床学会・学術講演会 2013年7月12日 (神戸)
25. 奥野妙子:めまいに対するレーザー治療 耳鼻咽喉科・頭頸部外科のレーザー治療 耳鼻咽喉科診療プラクテイス 10 : 196-197 2002

26. 奥野妙子:レーザーによる鼓膜切開;小児の耳鼻咽喉科診療 耳鼻咽喉科診療プラクテイス 9 : 262-263 2002

27. 奥野妙子:その他の耳関連手術 新臨床耳鼻咽喉科学 5巻:70-72 2003 中外医学社

28. 奥野妙子:耳手術に必要な器具 新臨床耳鼻咽喉科学 5巻:7-8 2003 中外医学社

29. 奥野妙子:レーザー内耳手術—解剖と手術の要点 イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 耳・鼻編 東京医学社 213-214 2003

30. 奥野妙子:レーザーと中耳手術 耳鼻咽喉科診療プラクテイス 11 : 234-235 2003

31. 奥野妙子:唾液腺疾患 耳鼻咽喉科処方ノート 加賀君孝編 中外医学社 100-105 2004

32. 奥野妙子:急性中耳炎 耳管の疾患 滲出性中耳炎 耳鼻咽喉科処方ノート 加賀君孝編 中外医学社 8-13 2004

33. 奥野妙子:中耳炎 新病気とからだの読本 暮らしの手帖 227-244 暮らしの手帖社 2005

34. 奥野妙子:真珠腫内耳瘻孔によるめまい めまい診療のコツと落とし穴 高橋正紘編 96-97 中山書店 2005

35. 奥野妙子:急性中耳炎 今日の治療指針 医学書院 2005

36. 奥野妙子:外耳炎 臨床病態学 北村聖編 ヌーヴェルヒロカワ 388-389 2006

37. 奥野妙子:耳の解剖と生理 臨床病態学 北村聖編 ヌーヴェルヒロカワ 368-370 2006

38. 奥野妙子:聴力:最近の正確な検査法 データの判定と必要な二次検査 奈良政春監修 山門実編集 最新の生活習慣病検診と対策のすべて 95-97 2006

39. 奥野妙子:悪性外耳道炎 今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針 129 医学書院 2008

40. 奥野妙子:滲出性中耳炎 今日の治療2008年度判 1093 医学書院 2008

41. 奥野妙子:機能性難聴 学校生活ときこえ 田中美里監修 2009

42. 奥野妙子:耳の病気 きょうの健康 444-447 NHK出版 2009

43. 奥野妙子:滲出性中耳炎 メデイカルトリビューン 2009

44. 奥野妙子:耳硬化症 今日の治療指針2010 : 1201 医学書院 2010

45. 奥野妙子:耳硬化症 今日の治療指針2010 デスク・ポケット版  医学書院 2010

46. 奥野妙子:耳鳴り anan特別編集 女のカラダ悩み解決 46-47, マガジンハウス 2010

47. 奥野妙子:「めまい」が起こったら 14-17, Genki Aging 佐藤製薬 2010

48. 奥野妙子:耳の病気 きょうの健康大百科 444-447 NHK出版 2010

49. 奥野妙子:真珠腫性中耳炎 今日の治療指針2011 1273-1274 医学書院 2011

50. 奥野妙子:真珠腫性中耳炎 今日の治療指針2011 デスク・ポケット版 1273 医学書院 2011

51. 奥野妙子:サブスペシャルテイ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 9-10  診断と治療社 2011

52. 奥野妙子:家庭・育児との両立 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 9-10  診断と治療社 2011

53. 奥野妙子:耳かきは使用しなくてもOK (あなたの体調不良にはワケがある)president MOOK 20 プレジデン社 2011

54. 奥野妙子:慢性(化膿性)中耳炎 今日の治療指針2012 1249-1250 医学書院 2012

55. 奥野妙子:鼓膜炎 今日の治療指針2013 1285-1286 医学書院 2013

56. 56. 奥野妙子:鼓膜炎 今日の治療指針2013 デスク・ポケット版 1285-1286 医学書院 2013

57. 奥野妙子:内耳障害合併例での難聴改善手術の適応 耳鼻咽喉科専門医のための困難症例のブレークスルー集 耳:診断検査編 中山書店 2013

58. 奥野妙子:鼓室形成術再手術例より学べること 耳鼻咽喉科専門医のための困難症例のブレークスルー集 耳:治療編 中山書店 2013

59. 奥野妙子:外耳炎 臨床病態学 第2版 北村聖編 ヌーヴェルヒロカワ 391-392 2013

60. 奥野妙子:耳の解剖と生理 臨床病態学 第2版 北村聖編 ヌーヴェルヒロカワ 370-372 2013

61. 奥野妙子:こんなときどうする? 「耳管通気ができない」JOHNS 2014 9月号 東京医学社

他多数

【出演】
NHK「きょうの健康」

執筆した記事

すべて見る

所属病院

三井記念病院

東京都千代田区神田和泉町1
JR京浜東北線 秋葉原 徒歩7分

  • 大病院
  • 所属専門家