牧野 真太郎 先生のプロフィール

牧野 真太郎 先生

まきの しんたろう

牧野 真太郎 先生

順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科・婦人科 准教授・産科病棟医長

専門分野

周産期医学

紹介

順天堂大学医学部を卒業後、カナダ・アルバータ大学への留学などを経て、現在は順天堂大学医学部附属順天堂医院にて、産科病棟医長および産科婦人科准教授を務める。産婦人科領域のなかでも周産期医学を専門とし、日本産科婦人科学会周産期委員として2015年には日本における周産期の妊産婦死亡の症例減少のため、調査・検討に注力した。周産期の妊産婦を対象とした雑誌等のメディア上でも啓蒙活動を行い、日本全国の妊産婦およびそのご家族から高い信頼を得ている。

略歴

2001年3月  順天堂大学医学部卒業
2001年4月  順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科婦人科 臨床研修医
2003年4月  順天堂大学医学部産科婦人学講座 専攻生
2005年6月  カナダ アルバータ大学 産婦人科 留学 (PhD student) 
~2006年10月
2008年4月  順天堂大学にて医学博士の学位授与
2008年4月  順天堂大学助教
2011年1月  順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科病棟医長
2007年10月 日本産婦人科学会認定医
2010年12月 日本周産期新生児医学会母体専門認定医
2012年1月  順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科婦人科准教授
2014年1月  順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科婦人科医局長
2015年10月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科病棟医長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本産科婦人科学会 指導医・専門医
日本周産期・新生児医学会 母体胎児専門医
新生児蘇生法 インストラクター
母体保護法指定医

受賞・著書・論文など

【受賞】
2013年日本産婦人科学会ボランティア賞(東日本大震災の際の派遣活動による)

【著書・論文】
英文原著
1.D.M. Olson, D.B. Zaragoza, S. Makino, I. Christiaens, S.A. Robertson, B.F. Mitchell Inflammatory processes in parturition
Journal of Reproductive Immunology. 71:145, 2006 
2.Makino S, Zaragoza DB, Mitchell BF, Yonemoto H, Olson DM:
Decidual Activation: Abundance and Localization of Prostaglandin F(2alpha) Receptor (FP) mRNA and Protein and Uterine Activation Proteins in Human Decidua at Preterm Birth and Term Birth. Placenta 28: 557-65, 2007
3.Makino S, Zaragoza DB, Mitchell BF, Robertson S, Olson DM:
Prostaglandin f2alpha

【受賞】
2013年日本産婦人科学会ボランティア賞(東日本大震災の際の派遣活動による)

【著書・論文】
英文原著
1.D.M. Olson, D.B. Zaragoza, S. Makino, I. Christiaens, S.A. Robertson, B.F. Mitchell Inflammatory processes in parturition
Journal of Reproductive Immunology. 71:145, 2006 
2.Makino S, Zaragoza DB, Mitchell BF, Yonemoto H, Olson DM:
Decidual Activation: Abundance and Localization of Prostaglandin F(2alpha) Receptor (FP) mRNA and Protein and Uterine Activation Proteins in Human Decidua at Preterm Birth and Term Birth. Placenta 28: 557-65, 2007
3.Makino S, Zaragoza DB, Mitchell BF, Robertson S, Olson DM:
Prostaglandin f2alpha and its receptor as activators of human decidua. Semin Reprod Med 25: 60-8. 2007
4.Makino S, Yonemoto H, Itoh S, Takeda S:
Effect of steroid administration and plasmapheresis to prevent fetal congenital heart block in patients with systemic lupus erythematosus and/or Sjögren's syndrome. Acta Obstet Gynecol Scand 86: 1145-6, 2007
5.Makino S, Tanaka T, Itoh S, Kumakiri J, Takeuchi H, Takeda S:
Prospective comparison of delivery outcomes of vaginal births after cesarean section versus laparoscopic myomectomy. J Obstet Gynaecol Res 34: 952-6, 2008
6.Makino S, Tanaka T, Ito S, Takeda S:
Evaluation of congenital left ventricular aneurysm in the fetus by velocity vector imaging. Journal of Medical Ultrasonics 36: 149, 2009
7.Tanaka T, Makino S, Saito T, Yorifuji T, Koshiishi T, Tanaka S, Sugimura M, Takeda S: Attempt to quantify the uterine involution using Acoustic Radiation Force Impulse (ARFI) before and after placental delivery. Journal of Medical Ultrasonics 38: 21-25, 2011
8. Yorifuji T, Tanaka T, Makino S, Koshiishi T, Sugimura M, Takeda S:
Balloon tamponade in atonic bleeding induces uterine contraction: attempt to quantify uterine stiffness using acoustic radiation force impulse elastography before and after balloon tamponade. Acta Obstet Gynecol Scand 90: 1171-2, 2011
9.Makino S, Sugimura M, Yorifuji T, Koshiishi T, Tanaka T, Takeda S
Evaluation of a Dose-Monitoring Method for Prophylactic Anticoagulant Therapy with Low-Molecular-Weight Heparin. International Journal of Clinical Medicine 2: 429-434, 2011
10.Suga N, Sugimura M, Koshiishi T, Yorifuji T, Makino S, Takeda S.
Heparin/Heparan Sulfate/CD44-v3 Enhances Cell Migration in Term Placenta-Derived Immortalized Human Trophoblast Cells. Biol Reprod. 3: 134,1-8: 2012.
11.Makino S, Tanaka T, Yorifuji T, Koshiishi T, Sugimura M, Takeda S.
Double vertical compression sutures: A novel conservative approach to managing post-partum haemorrhage due to placenta praevia and atonic bleeding.
Aust N Z J Obstet Gynaecol. 2012; 52:290-2.
12.Okazaki T, Nishimura K, Koga H, Miyano G, Okawada M, Shoji H, Shimizu T, Makino S, Takeda S, Inada E, Lane GJ, Yamataka A.
Pulmonary artery size as an indication for thoracoscopic repair of congenital diaphragmatic hernia in neonates. Pediatr Surg Int. 2012
13.Inagaki T, Makino S, Yorifuji T, Sugimura M, Takeda S. Effectiveness of Heparin during Long-Term Tocolysis. ISRN obstetrics and gynecology 01/2013; 2013:650532.
14. Naruse K, Suzuki Y, Nakamoto O, Makino S, Metoki H, Mimura K, Miyake H, Morikawa M, Murayama T, Nohira T, Ohno Y, Sugimura M, Takahashi H, Tanaka K, Watanabe K A brief review of the 2009 JSSHP Guidelines for the case and treatment of Pregnancy induced Hypertension.
Hypertens Res in pregnancy. 1(1):5; 2013.
15. Yorifuji T, Makino S, Sugimura M, Kuwatsuru R, Takeda S. Time spatial labeling inversion pulse MR angiography in pregnancy complicated by adenomyosis. J Obstet Gynaecol Res 39:1480-3, 2013.
16. Makino S, Iwata A, Seki H, Takeda S.
Pre-hypertension predicts pregnancy induced hypertension and its postpartum progress 
Hypertens Res in pregnancy. 1: 71-74, 2013.
17.Miyano G, Takahashi T, Makino S, Geoffrey JL, Nakajima H, Okazaki T, Takeda S, Yamataka A. A rare case of bilateral congenital diaphragmatic hernia (CDH); Contralateral CDH diagnosed and treated thoracoscopically some 2 months after conventional open repair. Journal of Pediatric Surgery Case Reports. 1:304–307, 2013.
18. Takeda J, Makino S, Yorifuji T, Tanaka T, Takeda S. Spontaneous uterine rupture at 32 weeks of gestation after previous uterine artery embolization. J Obstet Gynaecol Res.40:243-6. 2013
19. Nishioka E, Yokoyama K, Matsukawa T, Vigeh M, Hirayama S, Ueno T, Miida T, Makino S, Takeda S. Evidence that birth weight is decreased by maternal lead levels below 5μg/dl in male newborns. Reprod Toxicol. 47:21-6, 2014.
20. Okabe H, Makino S, Kato K, Matsuoka K, Seki H, Takeda S. The effect of progesterone on genes involved in preterm labor. J Reprod Immunol. 104-105: 80-91. 2014.
21. Yorifuji T, Makino S, Yamamoto Y, Tanaka T, Itakura A, Takeda S.
Effectiveness of delayed absorbable monofilament suture in emergency cerclage.
Taiwan J Obstet Gynecol. 53: 382–384, 2014.
22.Emiko Nishioka, Satoshi Hirayama, Tsuyoshi Ueno, Takehisa Matsukawa, Mohsen Vigeh, Kazuhito Yokoyama, Shintaro Makino, Satoru Takeda, Takashi Miida Relationship between maternal thyroid-stimulating hormone (TSH) elevation during pregnancy and low birth weight: a longitudinal study of apparently healthy urban Japanese women at very low risk.Early Human Development 91:181-185, 2015.
23. Tanaka T, Makino S, Yorifuji T, Saito T, Koshiishi T, Tanaka S, Ota A, Takeda S.
Vertical compression sutures for control of postpartum hemorrhage from a placenta previa in cesarean section — To evaluate the usefulness of this technique. Hypertens Res in pregnancy. 2: 21-25, 2014.
24. Yuko Matsumura, Yuka Yamamoto, Iwaho Kikuchi, Nanase Takahashi, Yuko Matsuda, Tomomi Saito, Takashi Yorifuji, Shintaro Makino, Atsuo Itakura, Satoru Takeda. Early detection of thrombosis after cesarean section using changes in
D-dimer levels. Hypertens Res in Pregnancy 2, 26-29, 2014.
25.Makino S, Hirai C, Itakura A, Takeda S, Yoshikawa H, Li Z, Kawabata K, Tanaka H. Evaluation of uterine blood flow: a new method using contrast-enhanced ultrasound. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 191:143-4, 2015
26. Makino S, Takeda J, Hirai C, Itakura A, Takeda S. Uterine balloon tamponade as a test to assess further treatment. Acta Obstet Gynecol Scand 94:2015.
27. Shimanuki Y, Mitomi H, Fukumura Y, Makino S, Itakura A, Yao T, Takeda S. Alteration of Delta-like ligand 1 and Notch 1 receptor in various placental disorders with special reference to early-onset preeclampsia. Human pathology 2015 in press.
28. Makino S, Takeda S, Kobayashi T, Murakami M, Kubo T, Hata T, Masuzaki H.
National survey of fibrinogen concentrate usage for post-partum hemorrhage in Japan: Investigated by the Perinatology Committee, Japan Society of Obstetrics and Gynecology. J Obstet Gynaecol Res. 41:1155-60, 2015
29.Makino S, Hirai C, Takeda J, Yorifuji T, Itakura A, Takeda S. Hemostatic technique during caesarean section. Hypertens Res in Pregnancy 2016 in press
30. Makino S, Takeda J, Takeda S. Repair of old perineal laceration accompanied by rectovaginal fistula using levator ani muscle interposition. TAOG 2016 in press

和文原著
1. 幡 優子, 野島 美知夫, 牧野 真太郎, 武者 由佳, 杉村 彩子, 田口 雄史, 伊藤 茂, 久保田 武美
骨盤内感染症における手術のタイミング
日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 20: 29-31,2003
2. 太田 剛志, 野島 美知夫, 牧野 真太郎, 勝俣 由美子, 幡 優子, 田口 雄史, 伊藤 茂, 久保田 武美
大網に巨大腫瘍として認められた再発子宮肉腫の1例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報40: 39-43,2003
3.牧野真太郎, 斉藤正博, 林直樹, 末永昭彦, 伊東宗毅, 竹田省, 石原理
卵管水腫のART成績に及ぼす影響の臨床的検討
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌34: 60-63, 2004
4. 田中 利隆, 牧野 真太郎, 米本 寿志, 伊藤 茂, 中村 靖, 木下 勝之抗SS-A,抗SS-B抗体陽性DLE母体から出生した新生児ループス(NLE)の兄弟新生児例
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌53: 388-391,2004
5. 武者 由佳, 伊藤 茂, 野島 美知夫, 牧野 真太郎, 吉田 幸洋
妊娠を契機に発症し保存的治療により妊娠継続を行えた先天性総胆管拡張症の1例
日本周産期・新生児医学会雑誌40: 859-862, 2004
6. 大島 正行, 青山 和由, 赤澤 年正, 稲田 英一, 薪田 も恵, 田中 利隆, 牧野 真太郎, 竹田 省
帝王切開術における区域麻酔と心拍数変動について(Heart Rate Variability before Spinal Anesthesia and Hypotension during Cesarean Delivery)
分娩と麻酔:90: 8-13, 2008
7. 小堀 宏之, 依田 綾子, 渡り 綾子, 牧野 真太郎, 糸賀 知子, 山本 勉, 武内 裕之, 竹田 省
臍部における腹壁の厚さの検討 腹腔鏡下手術における安全なアプローチ法を目指して
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24: 436-439, 2008
8. 稲垣 徹訓, 平井 千裕, 渡り 綾子, 牧野 真太郎, 糸賀 知子, 西岡 暢子, 小堀 宏之, 長沢 敢, 山本 勉
まれな起因菌により発症した卵管留膿腫の1例
日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌38: 62-65, 2008
9. 國井 優衣子, 田中 利隆, 牧野 真太郎, 高橋 由佳, 薪田 も恵, 寺尾 泰久, 荻島 大貴, 竹田 省
流産後止血に苦慮した子宮頸管妊娠の1例
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌57: 106-110, 2008
10. 渡り 綾子, 小堀 宏之, 牧野 真太郎, 糸賀 知子, 山本 勉, 武内 裕之, 竹田 省
大きな子宮筋腫に対する安全で確実な腹腔鏡下手術を目指して
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24: 440-444, 2008
11.佐々木薫, 杉村基, 三原賢子, 今井幸, 斉藤知見, 牧野真太郎, 太田篤之, 田中利隆, 竹田省
未分画ヘパリンによる塩酸リトドリン長期投与による輸液針留置困難改善の試み
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌58: 417-419, 2009
12. 伊熊 慎一郎, 平井 千裕, 稲垣 徹訓, 渡り 綾子, 牧野 真太郎, 糸賀 知子, 西岡 暢子, 小堀 宏之, 長沢 敢, 山本 勉, 宇津野 栄
【多彩な症状を呈した卵巣腫瘍】 腹腔内に散在する異物肉芽腫を認めた卵巣皮様嚢腫の1例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌46: 417-421, 2009
13. 上里 忠好, 輿石 太郎, 菅 直子, 斎藤 知見, 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 田中 利隆, 杉村 基, 竹田 省
血中hCG高値の帝王切開瘢痕部妊娠に子宮内容除去術を行った1例
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌59: 407-411, 2010
14. 稲垣 徹訓, 輿石 太郎, 竹田 純, 祖川 侑子, 久保田 絵美, 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 田中 利隆, 杉村 基, 竹田 省
羊水量異常を認めずにsinusoidal patternを呈した一絨毛膜二羊膜双胎の1例
東京産科婦人科学会会誌60: 269-272, 2011
15.牧野真太郎, 杉村基, 菅直子, 斉藤知見, 依藤崇志, 田中利隆, 竹田省
低分子ヘパリン(エノキサパリン)による予防的抗凝固療法の投与モニタリング法の確立
心臓43: 1021-1024, 2011
16. 三原 賢子, 牧野 真太郎, 斉藤 知見, 依藤 崇志, 田中 利隆, 杉村 基, 竹田 省, 池野 充, 奥村 彰久
出生直後より重度運動機能障害を認めた軽度脳室拡大の1例
関東連合産科婦人科学会誌 48: 411-417, 2011
17. 牧野真太郎, 杉村基, 稲垣徹訓, 依藤崇志, 輿石太郎, 田中利隆, 竹田省
母体の麻酔 低分子量ヘパリン(エノキサパリン)による予防的抗凝固療法の検討 麻酔法の選択と血液凝固学的指標の確立へ向けて 周産期学シンポジウム29: 67-73, 2011
18. 小泉 朱里, 依藤 崇志, 植木 典和, 奥村 俊之, 田中 里美, 斎藤 知見, 輿石 太郎, 牧野 真太郎, 杉村 基, 竹田 省 前期破水による緊急帝王切開術後に腹腔内ドレナージ術を要した重症子宮創部感染の1例
東京産科婦人科学会会誌61: 137-140, 2012
19.牧野 真太郎, 依藤 崇志, 山本 祐華, 田中 利隆, 竹田 省 【分娩時異常出血への対応】 子宮圧迫縫合法の有用性の検討.産婦人科の実際62:193-199, 2013
20.大野 基晴, 山本 祐華, 青井 裕美, 国見 聡子, 氏平 由紀, 齋藤 知見, 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省 胎児空腸閉鎖が疑われ,出生後に重複腸管の診断となった1例 関東連合産科婦人科学会誌 50: 757-761, 2013
21. 高橋 七瀬, 依藤 崇志, 松田 祐子, 松村 優子, 齋藤 知見, 山本 祐華, 牧野 真太郎, 竹田 省 妊娠18週で胎児死亡となった部分胞状奇胎の1例 東京産科婦人科学会会誌 62: 637-641, 2013
22. 牧野 真太郎, 平井 千裕, 依藤 崇志, 斎藤 知見, 山本 祐華, 岩田 陸, 木下 二宣, 関 博之, 竹田 省 産科的立場からの降圧管理 日本妊娠高血圧学会雑誌20: 37-41, 2013
23. 青井 裕美, 平井 千裕, 國見 聡子, 氏平 由紀, 斉藤 知見, 依藤 崇志, 山本 祐華, 牧野 真太郎, 竹田 省 経腟内に胎盤摘出を行った癒着胎盤の1例 東京産科婦人科学会会誌 62: 445-449, 2013
24. 牧野 真太郎, 竹田 省
産科出血に対するIVR IVRによる止血と問題点
日本周産期・新生児医学会雑誌50: 11-13, 2014
25. 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 平井 千裕, 山本 祐華, 板倉 敦夫, 竹田 省
妊娠・分娩・産褥期の血栓塞栓症予防法の課題
日本産婦人科・新生児血液学会誌24: 47-52, 2015

和文総説
1.牧野真太郎, 竹田省
前期・後期臨床研修医に必要な基本的産科手技 後期臨床研修医のための基本手技 吸引、鉗子分娩
周産期医学 37: 743-747, 2007
2.牧野真太郎, 田中利隆, 竹田省
快適な術後経過のための工夫と対応 帝王切開時の子宮筋層縫合
産科と婦人科75: 143-149, 2008
3.牧野真太郎, 田中利隆, 竹田省
前回帝王切開および腹腔鏡下筋腫核出後の経腟トライアル成績について
産婦人科の実際 57: 1311-1314, 2008
4.牧野真太郎、田中利隆、竹田 省
産科の輸血療法 手術の偶発合併症、出血への対応
周産期・新生児の輸血療法 72-76, 2008
5.牧野真太郎, 竹田省
周産期臨床検査のポイント 基本的な検査 妊娠時の心肺機能
周産期医学 38: 27-30, 2008
6.牧野真太郎、竹田省
【帝王切開術を見直す】 Cesarean hysterectomy
産婦人科の実際58: 699-708, 2009
7.牧野真太郎, 平井千裕, 西岡暢子, 宮川美帆, 薪田も恵, 田中利隆, 山本勉, 竹田省
【婦人科的基礎疾患を合併する妊娠・分娩の対応とその問題点】 子宮筋腫合併妊娠
産婦人科の実際58: 965-972, 2009
8.牧野真太郎, 竹田省
【妊娠高血圧症候群と関連疾患】 【関連疾患の病態と管理】 子癇
臨床婦人科産科63: 1295-1301, 2009
9.田中利隆, 牧野真太郎, 太田篤之, 竹田省
【高齢妊娠の諸問題】 妊娠合併症 前置胎盤
産科と婦人科77: 171-177, 2010
10. 牧野真太郎, 竹田省
【よくある合併症妊娠とその対策】 妊娠中よくある合併症妊婦とその対策
産婦人科治療100: 115-124, 2010
11. 竹田省, 牧野真太郎, 田中利隆, 松永茂剛, 村山敬彦, 関博之
【産婦人科診療 pros and cons】 周産期 産科大量出血の対応 従来の止血法か、カテーテルインターベンションか
産婦人科の実際59: 341-350, 2010
12. 牧野真太郎, 竹田省
【産婦人科救急のすべて】 産科救急の診療 救急を要する母体合併症 産婦人科治療100: 729-737, 2010
13. 牧野真太郎, 宮国泰香, 竹田省
【ここが問題 若年女性のやせ・肥満】 若年女性のやせ・肥満と周産期異常 肥満妊婦と難産
臨床婦人科産科64: 1324-1331, 2010
14. 牧野真太郎, 依藤崇志, 田中利隆, 竹田省
【妊産婦死亡予防に向けて まず行うべきこと】 弛緩出血
産婦人科の実際60: 95-103, 2011
15.牧野真太郎, 依藤崇志, 竹田省, 内田豊義, 綿田裕孝
【外来で診る肥満症】 肥満と妊娠
臨牀と研究88: 860-865, 2011
16.牧野真太郎, 竹田省
救急疾患への対応 産科救急疾患
救急・集中治療医学レビュー2011: 233-241,2011
17.牧野真太郎, 竹田省
【生殖医療と周産期医療の今後】 内分泌代謝疾患とART
産科と婦人科 78: 844-852,2011
18.輿石太郎, 田中利隆, 菅直子, 依藤崇志, 牧野真太郎, 杉村基, 吉田幸洋, 高井泰, 馬場一憲, 関博之, 竹田省
帝王切開瘢痕部妊娠29例の臨床的検討 子宮温存を目指した管理法
産婦人科の実際 60: 229-238, 2011
19. 依藤崇志, 牧野真太郎, 輿石太郎, 竹田省 【周産期の血液をめぐる話題-母体・胎児編】 母体の血液異常 産科DIC周産期医学41: 1026-1030: 2011
20. 輿石太郎, 竹田純, 依藤崇志, 牧野真太郎, 田中利隆, 竹田省 【羊水の臨床】 羊水過少の臨床 産科と婦人科78: 1205-1210, 2011
21. 竹田純, 牧野真太郎, 依藤崇志, 輿石太郎, 田中利隆, 杉村基, 竹田省
妊婦における高血圧治療薬について
順天堂医学57: 550-552, 2011
22. 依藤崇志, 牧野真太郎, 内田豊義, 綿田裕孝, 竹田省 【インスリン抵抗性と妊娠】 糖尿病合併妊娠とインスリン抵抗性 産科と婦人科79: 51-56, 2012
23. 牧野真太郎, 竹田省 分娩誘発と陣痛促進法の見直し 安全な分娩管理を目指して 分娩誘発の適応とタイミング 胎児適応 臨床婦人科産科66: 131-141, 2012
24. 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
【分娩3期、4期の取り扱い】 頸管裂傷産科と婦人科79巻: 587-594, 2012
25.依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
救急疾患への対応 産科救急疾患
救急・集中治療医学レビュー2012: 262-270, 2012
26.牧野 真太郎
いまさら聞けないシリーズ(その4) CTGについて
助産師66: 22-24, 2012
27.牧野 真太郎, 竹田 省
【周産期医が習得したい専門的手技-産科編】 経腟分娩後の子宮全摘出術
周産期医学42巻: 1499-1502, 2012
28.牧野 真太郎, 竹田 省
【危機的出血をきたす周産期DIC治療の新戦略】 手術療法(単純子宮全摘術、compression suture、動脈結紮術など)
Thrombosis Medicine2: 356-362, 2012
29. 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
【産婦人科当直医マニュアル-慌てないための虎の巻】 産科編 緊急対応を要する分娩時・分娩後疾患 大量出血/ショック
臨床婦人科産科67: 122-133, 2013
30. 牧野 真太郎
【前置胎盤/前置癒着胎盤-早期診断、早期介入、安全な手術は?】 分娩管理 帝王切開の工夫 帝王切開時・後の出血への対処 動脈結紮、devascularization、compression suture
周産期医学 43:757-762, 2013
31. 牧野 真太郎, 稲垣 徹訓, 竹田 省
【新たな早産予防戦略】 黄体ホルモンからみた早産機序
産科と婦人科81:14-19, 2014
32. 牧野 真太郎, 竹田 省
【産婦人科手術の新展開】 弛緩出血に対する子宮圧迫縫合法
産婦人科の実際63: 63-69, 2014
33. 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
【産婦人科手術Up to Date】 (第1章)産科 後産期出血 後産期出血におけるBalloon Tamponadeの位置づけ
産科と婦人科8: 57-63, 2014
34. 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
【周産期における出血対策と輸血】 母体出血対策 子宮内バルーンタンポナーデ法による止血
周産期医学44: 569-573, 2014
35. 板倉 敦夫, 牧野 真太郎
【産科出血は怖くない!(前編)】 外科的止血法 選択する方法は,状況により大きく異なる
LiSA 21: 568-571, 2014
36. 平井 千裕, 牧野 真太郎
【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】 ライフステージ別肥満症の病態と対処法 肥満妊婦の管理
日本臨床72: 566-573, 2014
37. 平井 千裕, 牧野 真太郎
【妊娠高血圧症候群のベストマネジメント】 管理と治療 分娩後および産褥期の母体管理法
臨床婦人科産科68: 1118-1122, 2014
38. 牧野 真太郎, 田中 利隆
【常位胎盤早期剥離-発症予知と対策-】 分娩時の母児救命 大量出血例に対する治療
産婦人科の実際63: 1985-1989, 2014
39. 牧野 真太郎, 平井 千裕, 板倉 敦夫, 竹田 省
慢性腎炎合併妊娠の管理
腎と透析77: 801-804, 2014

和文著書
1.牧野真太郎, 村山敬彦, 関博之, 竹田省
【産科救急Q&A 一次施設から三次施設までの対応】 産科救急スペシャリストの経験から何を学ぶか? 前置胎盤・癒着胎盤 21: 1288-1295, 2009
2.古川敦子, 牧野真太郎, 村山敬彦, 竹田省
【産科救急Q&A 一次施設から三次施設までの対応】 産科救急スペシャリストの経験から何を学ぶか? 頭蓋内出血
救急・集中治療21: 1363-1370, 2009
3.依藤 崇志, 牧野 真太郎, 竹田 省
【周産期医学必修知識(第7版)】 産科編 (Part III) 分娩・産褥 産科異常・疾患 産科ショック・出血対策
周産期医学41: 339-342, 2011
4. 牧野 真太郎, 竹田 省
帝王切開術 基本と応用まるごとマスター 術中・術後管理
OGS Now3, 2010
5. 牧野 真太郎, 竹田 省
前置胎盤の帝王切開術 妊娠後期 OGS Now9, 2012
6. 牧野 真太郎, 竹田 省
子宮出血の止血法 OGS Now10, 2012
7. 依藤崇志, 牧野真太郎, 竹田 省
各論:こんなときどうする?帝王切開瘢痕部妊娠 OGS Now10, 2012
8. 牧野 真太郎, 竹田 省
子宮破裂と子宮温存手術 OGS Now13, 2013
9. 牧野 真太郎, 竹田 省
妊婦の手術,術前術後管理 OGS Now15, 2013
10. 牧野 真太郎, 竹田 省
【徹底ガイド 術後ケアQ&A 第2版】 (17章)産科・婦人科と術後ケア 産科・婦人科術後患者さんの感染予防対策は、どうしたらよいの?
ナーシングケアQ&A49: 240-241, 2014
11. 牧野 真太郎, 竹田 省
術中心停止とその対応 OGS Now23, 2015 
 
和文その他
1. 牧野 真太郎, 田中 利隆, 竹田 省
前回帝王切開および腹腔鏡下筋腫核出後の経腟トライアル成績について
産婦人科の実際57: 1311-1314, 2008
2. 輿石 太郎, 田中 利隆, 菅 直子, 依藤 崇志, 牧野 真太郎, 杉村 基, 吉田 幸洋, 高井 泰, 馬場 一憲, 関 博之, 竹田 省帝王切開瘢痕部妊娠29例の臨床的検討 子宮温存を目指した管理法
産婦人科の実際60: 229-238,2011
3. 竹田 純, 楠木 総司, 依藤 崇志, 輿石 太郎, 牧野 真太郎, 金田 容秀, 須賀 新, 松岡 正造, 寺尾 泰久, 北出 真理, 竹田 省
がんばろう日本 がんばろう産婦人科 大震災から-私たちが伝えたいこと】 東日本大震災と産婦人科医師派遣対応について
関東連合産科婦人科学会誌49: 199-202, 2012

続きを見る

牧野 真太郎先生 の所属する医療機関

順天堂大学医学部附属順天堂医院

TEL: 03-3813-3111

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京都文京区本郷3丁目1-3

JR中央本線「御茶ノ水駅」 御茶ノ水橋口 JR中央・総武線も乗り入れ、東京メトロ丸ノ内線も利用可 徒歩5分

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 徒歩7分

- -

受付時間: 8:00~11:00 11:30~15:00 土曜14:30まで 原則紹介制(一部診療科は初診事前受付に対応) 科により異なる 第2土曜・創立記念日(5/15)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

牧野 真太郎 先生 の記事