新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野・睡眠プロジェクト プロジェクトリーダー

本多 真 ほんだ まこと 先生

精神科臨床医よりキャリアをスタート。スタンフォード大学睡眠研究所への留学後、睡眠研究の世界に。2018年5月現在、月6日で神経研究所附属晴和病院にて睡眠専門外来をしながら、東京都医学総合研究所にてナルコレプシー/過眠症に焦点をあてた研究をすすめている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 睡眠障害(特に過眠症)

資格・学会・役職

  • 東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野・睡眠プロジェクト プロジェクトリーダー
  • 医学博士 取得
  • 精神保健指定医 保有
  • 日本睡眠学会 認定医/評議員(日本睡眠学会診断分類委員会副委員長)

所属病院

神経研究所附属晴和病院

  • 心療内科 精神科
  • 東京都新宿区弁天町91
  • 都営大江戸線「牛込柳町駅」 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 徒歩10分
  • 03-3260-9171
神経研究所附属晴和病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 東京大学医学部医学科卒業
    東京大学医学部附属病院精神神経科医員
1997年 東京都立松沢病院精神科医員
2001年 スタンフォード大学ナルコレプシー研究センター研究員
2003年 東京都精神医学総合研究所睡眠障害研究部門 部門長
2005年 東京都医学研究機構・東京都精神医学総合研究所・睡眠プロジェクト プロジェクトリーダー (改組)
2011年 東京都医学総合研究所・精神行動医学研究分野・睡眠プロジェクト・プロジェクトリーダー (研究所統合・改組)

著書

分担執筆分
本多真:ナルコレプシーと睡眠制御機構 In シリーズ脳科学6精神の脳科学(甘利俊一監修、加藤忠史編) pp221-261, 2008 東京大学出版会、東京
本多真:特発性過眠症 日本臨床71増刊5 最新臨床睡眠学 pp374-379, 2013.
本多真:睡眠-覚醒とオレキシン―ナルコレプシーからスボレキサントへ in原田誠一編 外来精神科診療シリーズ メンタルクリニックでの主要な精神疾患への対応[1] 260-266, 2015, 中山書店

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。