S200x200 60a87ca3 8f7f 4f5b 8f1f c3692ec08fb4

福岡大学筑紫病院 准教授 福岡大学筑紫病院炎症性腸疾患センター 部長

平井 郁仁 先生

専門分野

消化器内科 炎症性腸疾患 小腸大腸疾患診断治療

紹介

福岡大学筑紫病院消化器内科にて、消化管をはじめ肝臓や胆のう、脾臓など腹部臓器全般の診療にあたっている。難治性の炎症性腸疾患の治療においては、患者さんひとりひとりの生活パターンに応じた治療を心がけている。臨床への応用に活かせるための研究にも力を入れている。

略歴

1991年 福岡大学医学部 卒業
    福岡大学筑紫病院内科・消化器科 臨床研修医
1992年 福岡大学病院内科Ⅰ・Ⅱ 臨床研修医
1997年 天陽会中央病院内科
1998年 福岡大学筑紫病院消化器科
2000年 佐田厚生会佐田病院胃腸科 部長
2004年 福岡大学筑紫病院救急部 助手
2005年 同 救急部、消化器科 併任講師
2007年 同 消化器内科(2010年名称変更) 講師
2014年 同 消化器内科 准教授(兼務)
2016年 同 炎症性腸疾患センター 部長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本消化器内視鏡学会 評議員・専門医・指導医
日本消化管学会 専門医
日本内科学会
日本大腸検査学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器病学会
日本カプセル内視鏡学会
日本消化器内視鏡学会九州支部 評議員
European Crohn's and Colitis Organisation
Asian Organization for Crohn's & Colitis
Frontiers in Gastroenterology Reviewer Editor
Gastrointestinal endoscopy, Journal of Gastroenterology Reviewer
Digestive endoscopy, Clinical journal of Gastroenterology Reviewer
日本消化器内視鏡学会雑誌 査読委員
IBD research 編集委員
Asian organization for Crohn's & colitis (AOCC) Clinical research committee

受賞・著書・論文など

【受賞】
平成27年度 日本消化器内視鏡学会 学会賞 受賞
【著書】
クローン病
別府孝浩、平井郁仁、松井敏幸, 薬局 病気と薬パーフェクトBOOK 南山堂, 423-426, 2010年

壁外とりの炎症波及
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患鑑別診断アトラス 南江堂, 180-182,2010年

第1章 潰瘍性大腸炎Crohn病 -Indeterminate colitisの概念-
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患鑑別診断アトラス 南江堂, 23-26, 2010年

第1章 ―分類(病型、重症度など)―
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患 医学書院, 14-

【受賞】
平成27年度 日本消化器内視鏡学会 学会賞 受賞
【著書】
クローン病
別府孝浩、平井郁仁、松井敏幸, 薬局 病気と薬パーフェクトBOOK 南山堂, 423-426, 2010年

壁外とりの炎症波及
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患鑑別診断アトラス 南江堂, 180-182,2010年

第1章 潰瘍性大腸炎Crohn病 -Indeterminate colitisの概念-
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患鑑別診断アトラス 南江堂, 23-26, 2010年

第1章 ―分類(病型、重症度など)―
平井郁仁、松井敏幸, 炎症性腸疾患 医学書院, 14-19, 2010年

クローン病
別府孝浩、平井郁仁、松井敏幸, 薬局 南山堂, 342-345, 2009年

小腸狭窄に対する内視鏡的拡張術における遇発症対策
平井郁仁、松井敏幸, 消化管内視鏡診療リスクマネージメント 中外医学社, 178-182, 2009年

腸疾患診療のディテール―5.Crohn病―
腸疾患の診療 医学書院, 297-319, 2007年

腸疾患診療のディテール―6.腸結核―
腸疾患の診療 医学書院, 321-327, 2007年

Clinical application of magnification endoscopy with NBI in the stomach and the duodenumYao K, Nagahama T, Hirai F, Sou S, Matsui T, Tanabe H, Iwashita A, Kaye Philip and Ragunath Krish , Advanced Digestive Endoscopy (Blackwell Publishing), 83-103, 2007年

胃・十二指腸(Q&A)
消化管内視鏡治療―これは困ったぞ、どうしよう! 中外医学社, 114-117, 2007年1月

胃・十二指腸異物(Q&A)
消化管内視鏡治療―これは困ったぞ、どうしよう! 中外医学社, 149-153, 2007年1月

小腸腫瘍
消化器疾患診療実践ガイド#文光堂, 2005年

腸結核に対する抗結核薬内服の適応、レジメン、成績は?
臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編)上村直実、菅野健太郎
文光堂, 2005年

【論文】
1. 漢方薬内服により発症した腸間膜静脈硬化症の臨床経過
大津健聖、松井敏幸、西村 拓、平井郁仁、池田圭祐、岩下明徳、頼岡 誠、畠山定宗、帆足俊男、古賀有希、宮岡正喜 日本消化器病学会雑誌, 111/1,61-68, 2014年
2. Development and progression of colorectal cancer based on follow-up analysis.
Hisabe T, Hirai F, Matsui T. Dig Endosc, 26/Suppl 2, 73-77, 2014
3. Evaluation of diagnostic criteria for Crohn's disease in Japan.
Hisabe T, Hirai F, Matsui T, Watanabe M J Gastroenterol, 49/,93-99, 2014
4. Impact of CYP3A5 genetic polymorphisms on the pharmacokinetics and short-term remission in patients with ulcerative colitis treated with tacrolimus
Hirai F, Takatsu N, Yano Y, Satou Y, Takahashi H, Ishikawa S, Tsurumi K, Hisabe T, Matsui T J Gastroenterol Hepatol, 9/1,60-66, 2014
5. Second peak in the distribution of age at onset of ulcurative colitis in relation to smoking cessation
akahashi H, Matsui T, Hisabe T, Hirai F, Takatsu N, Tsurumi K, Kanemitsu T, Sato Y, Kinjyo K, Yano Y, Takaki Y, Nagahama T, Yao K, Washio M J Gastroenterol Hepatol, 29/8,1603-1608, 2014
6. The ability of a novel blue laser imaging system for the diagnosis of invasion depth of colorectal neoplasms
Yoshida N, Hisabe T, Inada Y, Kugai M, Yagi N, Hirai F, Matsui T, Iwashita A, Kato M, Yanagisawa A, Naito Y J Gastroenterol, 49/,73-80, 2014
7. IBDに伴う癌の診断
松井敏幸、久部高司、矢野 豊、平井郁仁 Gastroenterolo Endosco, 56/2,237-249, 2014
8. 消化管原発aggressive lymphoma―その他のリンパ腫:T細胞リンパ腫  消化管T細胞性リンパ腫の診断と治療
高津典孝、大門裕貴、岸 昌廣、金城 健、矢野 豊、佐藤祐邦、長浜 孝、平井郁仁、八尾建史、松井敏幸、今村健太郎、大重要人、太田敦子、原岡誠司、田邉 寛、岩下明徳 胃と腸, 49/5,783-793, 2014年
9. 炎症性腸疾患に伴う二次性アミロイドーシスの臨床的検討  Crohn病症例の合併率、形態診断、長期経過を中心に
平井郁仁、高田康道、佐藤祐邦、高橋晴彦、矢野 豊、高津典孝、松井敏幸、今村健太郎、池田圭祐、岩下明徳、宮岡正喜 胃と腸, 49/3,345-357, 2014年
10. 潰瘍性大腸炎の診療実態から実臨床に即した治療目標を考える―医師アンケート結果にみた課題とその対策―
松井敏幸、平井郁仁、久部高司 医学と薬学, 70/4,787-797, 2013年
11. Association study of 71 European Crohn's disease susceptibility lociin a Japanese population.
Hirano A, Yamazaki K, Umeno J, Ashikawa K, Aoki M, Matsumoto T, Nakamura S, Ninomiya K, Matsui T, Hirai F, Kawaguchi T, Takazoe M, Tanaka H, Motoya S, Kiyohara Y, Kitazono T, Nakamura Y Kamatani N, Kubo M Inflamm Bowel Dis, 19/3,526-533, 2013
12. Cancer risk in Japanese Crohn's disease patients: Investigation of the standardized incidence ratio.
Yano Y, Matsui T, Hirai F, Sato Y, Tsurumi K, Ishikawa S, Beppu T, Koga A, Yoshizawa N, Higashi D, Futami K J Gastroenterol Hepatol, 28/8,1300-1305, 2013
13. Effectiveness of concomitant enteral nutrition therapy and infliximab for maintenance treatment of Crohn's disease in adults.
Hirai F, Ishihara H, Yada S, Esaki M, Ohwan T, Nozaki R, Ashizuka S, Inatsu H, Ohi H, Aoyagi K, Mizuta Y, Matsumoto T, Matsui T Dig Dis Sci, 58/5,1329-1334, 2013
14. Incidence,cliniacal charaaacteristics,Long-Term course,and comparison of progressive and nonprogressive cases of apthous-type Crohn's disease: a single-center cotort study
Tsurumi K, Matsui T, Hirai F, Takatsu N, Yano Y, Hisabe T, Sato Y, Beppu T, Fujiwara S, Ishikawa S, Matsushima Y, Okado Y, Ono Y, Yoshizawa N, Nagahama T, Takaki Y, Yao K Digestion, 87/,262-268, 2013
15. Magnifying endoscopy with narrow-band imaging is useful in the differential diagnosis between low-grade adenoma and early cancer of superficial elevated gastric lesions.
Maki S, Yao K, Nagahama T, Beppu T, Hisabe T, Takaki Y, Hirai F, Matsui T, Tanabe H, Iwashita A Gastric Cancer, 16/2,140-146, 2013
16. Validity of the usefulness of microvascular architecture and microsurface structure using magnifying endoscopy with narrow-band imaging in the colorectal neoplasm.
Hisabe T, Yao K, Beppu T, Ninomiya K, Nagahama T, Takaki Y, Hirai F, Matsui T, Tanabe H, Iwashita A Ann Gastroenterol, 26/1,45-51, 2013
17. IBDの新規治療の現状と展望 ―潰瘍性大腸炎― タクロリムスによってもたらされたものと今後の展望
高津典孝、平井郁仁、松井敏幸 IBD Research, 7/4,242-253, 2013年
18. アフタ様病変のみからなるクローン病の追跡研究/Single Center Cohort Study
鶴身小都絵、松井敏幸、平井郁仁、高津典孝、矢野 豊、久部高司、別府孝浩、小野陽一郎、八尾建史、岩下明徳 日本内科学会雑誌, 102/11,3007-3012, 2013年
19. 主題 潰瘍性大腸炎の小腸病変
久部高司、松井敏幸、二宮風夫、佐藤祐邦、大門裕貴、武田輝之、長浜 孝、高木靖寛、平井郁仁、八尾建史、東 大二郎、二見喜太郎、岩下明徳 胃と腸, 48/4,471-478, 2013年
20. 主題 隆起型食道腫瘍の鑑別診断 X線を中心に
高木靖寛、小野陽一郎、高橋晴彦、石川智士、蒲池紫乃、深水理恵子、別府孝浩、長浜 孝、久部高司、平井郁仁、松井敏幸、八尾建史、田邉 寛、池田圭祐、原岡誠司、岩下明徳、三上公治、山本 聡、前川隆文 胃と腸, 48/3,279-291,2013年
21. 特集 炎症性腸疾患の診断と治療:最近の進歩
青見賢明、平井郁仁、久部高司、松井敏幸 消化器外科, 36/1,13-20, 2013年
22. Gastric crystal-storing histiocytosis detected with asymptomatic Sjögren's syndrome: report of a case and summary
Yano Y, Nagahama T, Matsui T, Chuman K, Takeichi M, Hirai F, Yao K, Nishimata N, Haraoka S, Iwashita A. Clin J Gastroenterol, in press/, 2013
23. Clinical outcomes of 200 colorectal endoscopic submucosal dissections.
Hisabe T, Nagahama T, Hirai F, Matsui T, Iwashita A Dig Endosc, 24/,105-109, 2012
24. Effectiveness of magnesium citrate as preparation for capsule endoscopy: a randomized, prospective, open-label, inter-group trial.
Ninomiya K, Yao K, Matsui T, Sato Y, Kishi M, Karashima Y, Ishihsra H, Hirai F Digestion, 86/1,27-33, 2012
25. Value of concomitant endoscopic balloon dilation for intestinal stricture during long-term infliximab therapy in patients with Crohn's disease.
Ono Y, Hirai F, Matsui T, Beppu T, Yano Y, Takatsu N, Takaki Y, Nagahama T, Hisabe T, Yao K, Higashi D, Futami K Dig Endosc, 24/6,432-438, 2012
26. Ⅴ.消化器疾患の診断と治療 下部消化管 薬剤性腸炎
平井 郁仁、松井 敏幸 日本医師会雑誌, 141/2,204-208, 2012年
27. ≪小腸非腫瘍性疾患診療の進歩≫クローン病狭窄病変に対する内視鏡的拡張術の進歩
平井郁仁、別府孝浩、松井敏幸 Modern Physician, 32/7,848-851, 2012年
28. クローン病腸管狭窄に対する内視鏡的拡張術
平井郁仁、別府孝浩、松井敏幸 日本消化器病学会雑誌, 109/3,32-38, 2012年
29. 下痢症へのアプローチ  鑑別に留意する下痢、難治性下痢
石川智士、平井郁仁、松井敏幸 Medicine, 49/2,241-244, 2012年
30. 主題 高齢者非腫瘍性疾患の特徴 小腸病変(炎症性腸疾患を除く)
平井郁仁、別府孝浩、高津典孝、矢野 豊、小野陽一郎、二宮風夫、金城 健、佐藤祐邦、別府剛志、高橋晴彦、高木靖寛、松井敏幸、東 大二郎、二見喜太郎、大重要人、池田圭祐、岩下明徳 胃と腸,47/12,1829-1839, 2012年
31. 小腸非腫瘍性疾患診療の進歩 ⑦全身疾患で認められる小腸潰瘍
別府孝浩、松井敏幸、平井郁仁、矢野 豊、高津典孝、佐藤祐邦、高木靖寛、岩下明徳 Modern Physician, 32/7,861-866, 2012年
32. 特集: 内視鏡が変えた、Crohn病診療 治療効果判定・経過観察における内視鏡の役割―Mucosal Healingの意義―
平井郁仁、松井敏幸 消化器内科, 24/2,229-233, 2012年
33. 特集 IBDにおける内視鏡診断の諸問題―潰瘍性大腸炎の活動性評価のための内視鏡所見分類
平井郁仁、松井敏幸 IBD Research, 6/2, 2012年
34. 特集: バルーン内視鏡にすべて  〔小腸疾患へのアプローチ〕内視鏡治療の実際: Crohn病腸管狭窄に対する内視鏡的拡張術
高津典孝、平井郁仁、松井敏幸 消化器内科, 24/6,1031-1037, 2012年
35. 難治性腸管合併症の特徴と治療戦略 Crohn病に伴う慢性腸管不全患者の特徴-在宅中心静脈栄養療法例を中心に
矢野 豊、松井敏幸、大原次郎、別府孝浩、佐藤祐邦、久部高司、長浜 孝、高木靖寛、平井郁仁、八尾建史、東 大二郎、二見喜太郎 胃と腸, 47/10,1526-1536, 2012年
36. 食道表在癌-症例から学ぶ診断と治療戦略 〔食道表在癌診断と治療の実際〕リンパ節再発、骨転移をきたしたpT1b-SM食道癌の1例
小野陽一郎、高木靖寛、八尾建史、長浜 孝、平井郁仁、松井敏幸、田邊 寛、原岡誠司、岩下明徳 消化器内視鏡, 24/8,1294-1299, 2012年

続きを見る

所属している医療機関

福岡大学筑紫病院

福岡県筑紫野市俗明院1丁目1-1
西日本鉄道天神大牟田線「朝倉街道駅」 徒歩3分
JR鹿児島本線「天拝山駅」 徒歩3分

受付時間

  • 曜日
  • 受付時間
  • 08:40〜11:00
  • 08:40〜11:00
  • 08:40〜11:00
  • 08:40〜11:00
  • 08:40〜11:00
  • 08:40〜10:30
  • 面会時間

※ 8:40〜11:00 土曜8:40〜10:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

平井 郁仁 先生の記事