新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜南共済病院 院長補佐 スポーツ整形外科部長

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 会員 日本整形外科スポーツ医学会 会員 日本臨床スポーツ医学会 会員 日本肩関節学会 会員 日本肘関節学会 会員

山崎 哲也 やまざき てつや 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • スポーツ整形
  • 関節鏡

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 会員
日本整形外科スポーツ医学会 会員
日本臨床スポーツ医学会 会員
日本肩関節学会 会員
日本肘関節学会 会員
  • 横浜南共済病院 院長補佐 スポーツ整形外科部長
  • 財団法人日本体育協会 公認スポーツドクター
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS) 評議員(2009 6-)
  • 日本整形外科スポーツ医学会 評議員(2006 11-)
  • 日本臨床スポーツ医学会 評議員(2009 11-)
  • 日本肩関節学会 評議員(2014 11-)
  • 日本肘関節学会 評議員(2015 2-)
  • スポーツメディスンフォーラム 世話人
  • よこはまスポーツ整形外科フォーラム 世話人
  • 神奈川上肢の外科研究会 運営委員
  • 東京スポーツ整形外科研修会 世話人
  • ヨコハマベイ・スポーツセミナー 世話人
  • 横浜膝関節研究会 世話人
  • 日本整形外科学会 学術用語委員会委員(2010 6-2014 5)
  • Journal of Orthopaedic Science Editorial board(-2016 8)
  • 横浜ベイスターズ チームドクター(2000 6-)
  • 関東学院大学ラグビー部 チームドクター(2000 6-)
  • 神奈川県国民健康保険診療報酬審査委員(2009年〔平成21年〕6月1日-)
  • 横浜スタジアム医務室管理者(2015〔平成27年〕3月2日-)
  • 2010年6月 第18回よこはまスポーツ整形外科フォーラム 学術集会会長
  • 2016年10月 第22回神奈川上肢外科研究会 学術集会会長

所属病院

横浜南共済病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区六浦東1丁目21-1
  • 京急本線「追浜駅」 京浜急行バス:瀬ケ崎(横浜南共済病院前)下車 徒歩1分 徒歩7分
  • 045-782-2101
横浜南共済病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 滋賀医科大学医学部医学科卒業
1987年 横浜市立港湾病院整形外科研修医
1989年 平塚共済病院整形外科
1990年 横浜市大病院救命救急センター特別職
1990年 横浜掖済会病院整形外科
1991年 横浜市大病院整形外科助手
1992年 横浜市立港湾病院整形外科医務吏員
1994年 横須賀共済病院整形外科医長
1996年 横浜市立港湾病院整形外科副医長
1999年 三浦市立病院整形外科医員
2000年 横浜南共済病院整形外科医長
2002年 横浜南共済病院スポーツ整形外科部長

論文

【論文】
1. 山崎哲也, 佐々木良介, 高澤晴夫:投球障害肩の上腕骨頭病変―MRIと関節鏡所見の比較検討―.整スポ会誌 Vol.19 No.3: 282-286, 1999
2. 山崎哲也, 高澤晴夫:スポーツ選手における三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷に対する鏡視下手術の治療成績. 整スポ会誌 Vol.20 No.3: 277-282, 2000
3. 山崎哲也:投球障害肩における上方関節唇付着部断裂のMRI診断. 肩関節 24巻第3号 367-370, 2000
4. 山崎哲也, 高澤晴夫:投球障害肩の病態―関節鏡による病変診断―. 関節鏡 25: 153-158, 2000
5. 山崎哲也, 蜂谷將史, 三原久範, 山田勝久:Type Ⅱ SLAP lesionに対する鏡視下修復術―術式を中心に―. 関節鏡 27: 157-161, 2002
6. 山崎哲也, 蜂谷將史, 山田勝久:五十肩に対する鏡視下靱帯切離術. 整・災外47: 267-274, 2004
7. 山崎哲也:関節不安定性と靱帯再建―適応・手技・成績 投球障害による肘関節内側側副靱帯損傷と再建術. 別冊整形外科 46: 52-57, 2004
8. 山崎哲也, 蜂谷將史, 山田勝久:投球動作に起因した変形性肘関節症に対する鏡視下手術. 整スポ会誌 Vol.24 No.2: 51-56, 2004
9. 山崎哲也, 内田繕博, 山田勝久:肘関節(上腕骨小頭)骨軟骨障害に対する関節鏡視下手術. 関節鏡 31: 95-99, 2006
10. 山崎哲也, 内田繕博:投球障害としての肘内側側副靭帯損傷に対する靭帯再建術. 日肘会誌 14(2): 44-47, 2007
11. 山崎哲也, 大関信武, 岩本仁:コンタクトアスリートにおける外傷性肩関節前方不安定症 Bristow変法について. 臨床スポーツ医学 25: 719-724, 2008
12. 山崎哲也, 明田真樹:上肢の外科―最近の進歩 離断性骨軟骨炎に対する自家骨軟骨柱移植術の治療成績. 別冊整形外科 54: 91-96, 2008
13. 山崎哲也、柏崎裕一:関節周辺骨折―最近の診断・治療 舟状骨骨折に対するAcutrack Screwの治療成績. 別冊整形外科56: 80-84, 2009
14. 山崎哲也, 明田真樹, 大関信武, 齋藤知行:スポーツによる肘関節滑膜ヒダ障害に対する鏡視下手術. JOSKAS Vol35: 252-253, 2010
15. 山崎哲也:野球選手の肘後方インピンジメント障害に対する鏡視下手術. 日本臨床スポーツ医学会誌20(2): 230-232, 2012
16. 山崎哲也:投球障害肩の診断と治療戦略―手術的治療を中心に―. 整スポ会誌 Vol.33 No.3: 253-259, 2013
17. 山崎哲也:投球障害肩の診断と治療―手術的治療は必要か―. 日整会誌 89: 805-816, 2015
18. 山崎哲也:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する鏡視下手術. 整・災害 59:757-766, 2016

著書

【綜説・著書】
1. 山崎哲也:投球障害肩に対する関節鏡視下手術. 新OS NOW. No.20, 最新の肩関節治療―保存療法と手術療法, メジカルビュー社、東京、P135-143, 2003
2. 山崎哲也:肩関節不安定症‐外傷性不安定症. 治療方針と保存療法. 整形外科Knack & Pitfalls‐肩関節外科の要点と盲点、文光堂、東京、P226-229, 2008
3. 山崎哲也:肩関節鏡下手術とそのスキル‐鏡視下Bankart法の手術手技とコツ. スキル関節鏡下手術アトラス‐肩関節鏡下手術, 文光堂、東京、P140-147, 2010
4. 山崎哲也:鏡視下関節包切離術-関節拘縮の手術. 整形外科手術イラストレイテッド-肩関節の手術、中山書店、東京、P208-216, 2011
5. 山崎哲也:手・肘関節鏡下手術の合併症‐肘関節鏡視下手術の合併症―予防と対策. スキル関節鏡下手術アトラス‐手・肘肩関節鏡下手術, 文光堂、東京、P290-297, 2011
6. 山崎哲也:スポーツ選手の肘MCL損傷に対する再建術. 整形外科Surgical Technique第2巻6号, MCメデイカ出版, 大阪, P69-86, 2012 (vol.2 no. 6: 649-666, 2012)
7. 山崎哲也:ラグビー選手の反復性肩関節脱臼に対するBristow変法. 整形外科Surgical Technique BOOKS 肩関節外科手術テクニック, 菅谷啓之編. MCメデイカ出版, 大阪, P42-53, 2014
8. 山崎哲也:内側側副靭帯損傷の病態. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害―病態と対応―. 第1版, 山崎哲也, 柏口新二, 能勢康史編. 東京:全日本病院出版会;2016:p193-197
9. 山崎哲也:私のアプロー MCL損傷の診断. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害―病態と対応―. 第1版, 山崎哲也, 柏口新二, 能勢康史編. 東京:全日本病院出版会;2016:p198-203
10. 山崎哲也:コラム 肘頭の疲労骨折で肘の内側部痛?. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害―病態と対応―. 第1版, 山崎哲也, 柏口新二, 能勢康史編. 東京:全日本病院出版会;2016:p204-206
11. 山崎哲也:私の内側側副靭帯再建―適応と再建法―. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害―病態と対応―. 第1版, 山崎哲也, 柏口新二, 能勢康史編. 東京:全日本病院出版会;2016:p241-247
12. 山崎哲也:コラム 肘の外反動揺性は障害?. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害―病態と対応―. 第1版, 山崎哲也, 柏口新二, 能勢康史編. 東京:全日本病院出版会;2016:p248-250
(他多数)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。