丸木 親 先生のプロフィール

丸木 親 先生

まるき ちかし

丸木 親 先生

越谷市立病院院長

専門分野

脳神経外科臨床一般 脳卒中 脳虚血

紹介

越谷市立病院院長。地域医療連携のハブとなる病院を目指しさまざまな取り組みを行っている。2010年には日本脳神経外科学会、脳卒中学会専門医として「脳卒中ケアユニット(SCU)」を開設。これまでに多くの脳卒中患者の治療にあたっている。

略歴

1979年 順天堂大学医学部卒業
1979年 順天堂大学医学部脳神経外科学教室研修医
1980年 米国・国立衛生研究所留学研究生
1982年 帰国
1982年 順天堂大学医学部脳神経外科学教室助手
1985年 日本脳神経外科学会認定医
1986年 順天堂大学医学部脳神経外科無給助手
1988年 順天堂大学にて医学博士の学位授与
1991年 越谷市立病院脳神経外科医長
1995年 越谷市立病院脳神経外科部長,
1995年 順天堂大学医学部脳神経外科非常勤講師
2004年 日本脳卒中学会専門医   
2008年 埼玉脳神経外科医会会長、
2008年 埼玉県医療対策協議会脳卒中医療連携部会長
2009年 越谷市立病院診療部長
2010年 日本脳卒中協会埼玉県支部副支部長
2010年 越谷市立病院副院長
2015年 越谷市立病院院長

所属学会・資格・役職など

日本脳神経外科学会(専門医)
日本脳卒中学会(専門医)
日本脳卒中協会(埼玉県副支部長)

受賞・著書・論文など

【著書】
1)Spatz M, Maruki C, Karnushina I, Nagatsu I, Bembry J, Merkel N: The
relationship of monoamines to the blood brain barrier. Advances in the Bioscience edited by Stefanovich V, Pergamonpress,Oxford N.Y.,27-43,1982
2) Maruki C, Merkel N, Rausch WD, Spatz M: Brain monoamines in cerebral ischemic edema, the effect of gamma-hydroxy-butyrate. Recent progress in the study and therapy of brain edema edited by Go KG and Baethmann A. Plenum publishing co. N.Y., 673-681,1984
3)丸木親、角田朗、江波戸通昌、池谷不律:アルコール注入法を併用して全摘出を行った巨大脳室内髄膜腫 脳腫瘍の外科手技ースタンダードと新しい展開ー神野哲夫編 メデイカ出版 2000

【論文(英文)】
1) Spatz M, M

【著書】
1)Spatz M, Maruki C, Karnushina I, Nagatsu I, Bembry J, Merkel N: The
relationship of monoamines to the blood brain barrier. Advances in the Bioscience edited by Stefanovich V, Pergamonpress,Oxford N.Y.,27-43,1982
2) Maruki C, Merkel N, Rausch WD, Spatz M: Brain monoamines in cerebral ischemic edema, the effect of gamma-hydroxy-butyrate. Recent progress in the study and therapy of brain edema edited by Go KG and Baethmann A. Plenum publishing co. N.Y., 673-681,1984
3)丸木親、角田朗、江波戸通昌、池谷不律:アルコール注入法を併用して全摘出を行った巨大脳室内髄膜腫 脳腫瘍の外科手技ースタンダードと新しい展開ー神野哲夫編 メデイカ出版 2000

【論文(英文)】
1) Spatz M, Maruki C, Abe T, Rausch WD, Abe K, Merkel N: The uptake and fate of radiolabeled 5-hydroxytryptamine in isolated cerebral microvessels. Brain Res 220,214-219,1981
2) Spatz M, Nagatsu I, Maruki C, Yoshida M, Kondo Y, Bembry J: The presence of phenylethanolamine-N-methyltransferase in cerebral microvessel and endothelial cultures. Brain Res 240,191-194,1982
3) Maruki C, Spatz M, Ueki Y, Nagatsu I, Bembry J: Cerebro-vascular endothelial cell culture: Metabolism and synthesis of 5-hydroxytryptamine. J Neurochem 43,316- 319,1984
4) Maruki C, Nakano H, Shimoji T, Maeda M, Ishii S: Loss of vision due to cryptococcal optochiasmatic arachnoiditis and optocurative surgical exploration. Neurol Med Chir(Tokyo) 28: 695-697,1988
5) Ito M, Sato K, Maruki C, Nitta T, Ohnuki A, Ishii S: Surgical treatment of Sturge- Weber syndrome. Neurol Med Chir (Tokyo) 29: 60-64,1989
6) Maruki C, Shimoji T, Kijima H, Matsumoto M, Maeda M: Ciliated epithelial cellcluster in Rathke's cleft cyst. Neurol Med Chir (Tokyo) 31: 92-95,1991

7) Maruki C, Suzukawa K, Koike J, Sato K: Cardiac malignant fibrous histiocytoma metastasizing to the brain: Development of multiple neoplastic cerebral aneurysms. Surg Neurol 41: 40-44,1994
8) Ebato M, Tsunoda A, Maruki C, Ikeya F, Okada M: Distinctive Pleomorphic Xanthoastrocytoma-like Tumor With Extensive Abortive or Aberrant Neuronal Differentiation and Repeated Recurrence. Neurologia medico-chirurgica 42, 9, 2002
9)Marki C, Nakajima M, Tsunoda A, Ebato M, and Ikeya F: A case of giant expanding cephalhematoma: Does the administration of blood coagulation factor XIII reverse symptoms? Surgical Neurol 60:138-41, 2003
10)Tsunoda A., Maruki C.: Clinical experience with dual switch valve (Miethke) for management of adult hydrocephalus. Neurol Med Chir(Tokyo)47, 383-388, 2007

【論文(和文)】

1) 丸木親、中島啓次、下地武義、伊藤和文、松本道男、石井昌三:Brain stone の1症例、脳神経外科、12:1441ー1445、1984
2) 丸木親、伊藤昌徳、住江寛俊、佐藤潔、石井昌三:硬膜外伸展をきたした intramedullary schwannoma、脳神経外科14:579ー584、1986
3) 丸木親、伊藤昌徳、田島厚、佐藤潔、久留裕、石井昌三:脳血管写上 eary venous drainage とcaput medusae 様の異常血管像を呈した小脳橋角部神経鞘腫、Neurol Med Chir (Tokyo) 26:989ー992、1986
4) 丸木親:一過性全脳虚血後の脳内モノアミン代謝ーDelayed post ischemic hypoperfusion との関連について、Neurol Med Chir (Tokyo) 29,1093-1100,1989 学位論文
5)丸木親, 江波戸通昌, 工藤吉郎、池谷不律:急性硬膜下出血にて発症した破裂脳動脈瘤ー3例の検討 脳卒中の外科25:110-113:1997
6)丸木親、高良勝彦、阿部一博、角田朗、江波戸通昌:中年男性に発生した原発性松果体部胎児性癌の一例 脳神経外科、28(10)909-912、2000
7)角田明、江波戸通昌、丸木親、池谷不律:Dual switch valveの臨床使用経験—術後の脳室サイズと脳室内圧の変化の検討— 脳神経外科ジャーナル11, 9,2002
8)江波戸通昌、角田朗、丸木親、池谷不律、岡田基:変性が強く特徴的な幼若グリアを伴った偽乳頭構造からなるPapillary Glioneuronal Tumorの一例 脳神経外科31,11,2003
9)角田朗、徳川城治、富田禎之、丸木親:初回血管撮影で出血源不明であったくも膜下出血例の検討、特に予後不良例の臨床像について 脳卒中28:391-395,2006
10)角田朗、富田禎之、丸木親、若井亮:ガイドライン導入前後での特発性正常圧水頭症診断と治療 Video Journal of Japan Neurosurgery vol.15, No.2 2007

11)原毅 藤井良輔 大野津介 富田禎之 角田朗 丸木親 黒川重雄
覚せい剤による脳出血の一例 脳神経外科36−12 1145−1148,2008
12)角田朗、大野津介 丸木 親:当院における10年間の急性期脳卒中診療   
の現状 脳卒中31、157−162、2009
13)角田朗、大野津介 丸木 親:Gravity assisted deviceを用いたhybridなshunt systemによる特発性正常圧水頭症の治療経験 脳外誌18:907−913、2009

続きを見る

丸木 親先生 の所属する医療機関

越谷市立病院

TEL: 048-965-2221

越谷市立病院

埼玉県越谷市東越谷10丁目47-1

東武鉄道伊勢崎線「越谷駅」 朝日バス 市立病院行き(市立病院経由便も可) 市立病院正面玄関前下車 バス

JR武蔵野線「南越谷駅」 朝日バス:花田行き・市立図書館行き 越谷市立病院前下車 タローズバス:東埼玉テクノポリス行き 松伏ターミナル行き 越谷市立病院下車 バス

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科

丸木 親 先生 の記事