手島 昭樹 先生のプロフィール

手島 昭樹 先生

てしま てるき

手島 昭樹 先生

大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)主任部長 / 大阪大学名誉教授

専門分野

頭頸部癌、消化器癌、婦人科、泌尿器科癌の放射線治療、全国の放射線治療の品質保証

紹介

大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)、放射線治療科、主任部長。診断や治療計画を綿密に行い、適切な放射線治療を行い、手術・化学治療と併せた集学的治療成績の向上に貢献している。副作用と転移の少ない治療に尽力。難治がんに対する新しい放射線治療の開発にも努めている。

略歴

1980年 広島大学卒業
1980年 広島大学医学部附属病院研修医・同医学部助手
1982年 大阪大学医学部附属病院研修医・医員
1983年 大阪府立成人病センター技術吏員・診療主任
1990年 大阪大学医学部助手
1994年 米国Fox Chase Cancer Center 客員研究員
1995年 大阪大学医学部助教授、米国Fox Chase Cancer Center 客員教授
2003年 大阪大学医学部教授
2012年 大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)主任部長、大阪大学名誉教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本放射線腫瘍学会(代議員、理事、監事、データベース委員長、副委員長)
米国放射線科専門医会(特別名誉会員)
日本癌治療学会、日本頭頸部腫瘍学会、日本食道学会
米国放射線腫瘍学会、欧州放射線腫瘍学会
放射線医学総合研究所重粒子ネットワーク会議・評価部会長
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
厚生労働省がん研究助成金計画研究班(14-6) 主任研究者
厚生科学研究費第3次対がん10か年総合戦略研究事業(H16-3次が ん-039、H19-3次がん-一般-038、H22-3次がん-一般-043) 研究代表者
厚生科学研究費がん対策推進総合研究事業(H26-がん政策-一般-014) 研究代表者

受賞・著書・論文など

【受賞】
2010 American College of Radiology (ACR) Honorary Fellowship
2011日本学術振興会先端研究拠点事業―拠点形成型助成
2004、2008、2012、2016日本学術振興会科学研究助成金 基盤B(一般)助成(4回)
2001日本学術振興会科学研究助成金 基盤C(一般)助成 
2001放射線医学総合研究所重粒子がん治療装置共同利用研究助成
1999がん研究振興財団研究助成
1996がん集学治療研究振興財団一般研究助成
1996ファイザーヘルス振興財団国際共同研究助成
1986、1988大阪対がん協会研究助成(2回)
【著書】
放射線治療学第3版、南山堂、2007年
がんのベーシックサイエンス 第2版 メデイカルサイエンスインターナショナル、2000年
特集 PCSによるわが国の放射線治療の現状とEBM 癌の臨床 51 (13), 篠原出版新社,
2005
日本PCS作業部会(厚生労働省がん研究助成金計画研究班14-6) がんの集学治療における放射線腫瘍学―医療実態調査研究に基づく放射線治療の品質確保に必要とされる基準構造―, 2005.
日本PCS作業部会(厚生労働省がん研究助成金計画研究班18-4) がんの集学治療における放射線腫瘍学―医療実態調査研究に基づく放射線治療の品質確保に

【受賞】
2010 American College of Radiology (ACR) Honorary Fellowship
2011日本学術振興会先端研究拠点事業―拠点形成型助成
2004、2008、2012、2016日本学術振興会科学研究助成金 基盤B(一般)助成(4回)
2001日本学術振興会科学研究助成金 基盤C(一般)助成 
2001放射線医学総合研究所重粒子がん治療装置共同利用研究助成
1999がん研究振興財団研究助成
1996がん集学治療研究振興財団一般研究助成
1996ファイザーヘルス振興財団国際共同研究助成
1986、1988大阪対がん協会研究助成(2回)
【著書】
放射線治療学第3版、南山堂、2007年
がんのベーシックサイエンス 第2版 メデイカルサイエンスインターナショナル、2000年
特集 PCSによるわが国の放射線治療の現状とEBM 癌の臨床 51 (13), 篠原出版新社,
2005
日本PCS作業部会(厚生労働省がん研究助成金計画研究班14-6) がんの集学治療における放射線腫瘍学―医療実態調査研究に基づく放射線治療の品質確保に必要とされる基準構造―, 2005.
日本PCS作業部会(厚生労働省がん研究助成金計画研究班18-4) がんの集学治療における放射線腫瘍学―医療実態調査研究に基づく放射線治療の品質確保に必要とされる基準構造―, 第2版、2010.   http://www.jastro.or.jp/aboutus/child.php?eid=00028

【論文】
Teshima T, Hanlon AM, Hanks GE. Pretreatment prostate-specific antigen values in patients with prostate cancer: 1989 Patterns of Care Study process survey. Int. J. Radiat. Oncol Biol. Phys. 33: 809-14, 1995.
Teshima T, Owen JB, Hanks GE, Inoue T, et al. A comparison of the structure of radiation oncology in the United States and Japan.   Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 34: 235-42, 1996.
Hanks G.E, Teshima T, Pajak TF. 20 years of progress in radiation oncology: Prostate cancer.            Seminars in Radiation Oncology 7: 114-20, 1997
Tanisada K, Teshima T, Ikeda H, Abe M, Owen JB, Hanks GE, Inoue T, et al. A preliminary outcome analysis of the Patterns of Care Study in Japan for esophageal cancer patients with special reference to age: Non-surgery group.  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 46(5): 1223-33, 2000
Tanisada K, Teshima T, Owen JB, Hanks GE, Inoue T, et al . and Japanese PCS’92-94 Working Group. Patterns of Care Study quantitative evaluation of the quality of radiotherapy in Japan.  Cancer 95(1): 164-71, 2002.
Uno T, Sumi M, Teshima T, Ikeda H, Inoue T, et al. and the Japanese PCS Working Group of Lung Cancer. Process of care and preliminary outcome in limited-stage small-cell lung cancer: Results of the 1995-1997 Patterns of Care Study in Japan.  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 55 (3): 629-32, 2003.
Gomi K, Oguchi M, Hirokawa Y, Kenjo M, Teshima T, Inoue T, et al. for the Japanese Patterns of Care Study Subgroup of Esophageal Cancer. Process and preliminary outcome of a Patterns-of-Care Study of esophageal cancer in Japan: Patients treated with surgery and radiotherapy  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 56 (3): 813-22, 2003
Sugiyama H, Teshima T, Oshima A, Sumi M, Uno T, Ikeda H, Inoue T, et al. and Japanese PCS Working Subgroup for Lung Cancer. The Patterns of Care Study and regional cancer registry for non-small cell lung cancer in Japan.  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 56 (4): 1005-12, 2003
Mitsumori M, Hiraoka M, Shikama N, Teshima T, Inoue T, et al.: The Patterns of Care Study for breast-conserving therapy in Japan: Analysis of process survey from 1995 to 1997. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 62: 1048-54, 2005.
Teshima T, and Japanese PCS Working Group. Patterns of Care Study in Japan. Jpn. J. Clin. Oncol. 35: 497-506, 2005
Toita T, Kodaira T, Shinoda A,Uno T, Akino Y, Misumori M, Teshima T. Patterns of radiotherapy practice for patients with cervical cancer (1999-2001): Patterns of Care Study in Japan.  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. .70(3): 788-94, 2008
Uno T, Sumi M, Ishihara Y, Numasaki H, Mitsumori M, Teshima T, for the Japanese PCS Working Subgroup of Lung Cancer. Changes in patterns of care for limited –stage small cell lung cancer: Results of the 99-01 Patterns of Care Study-A nationwide survey in Japan. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 71(2): 414-19, 2008
Teshima T, Shibuya H, Yamada S, et al. JASTRO Database Committee. Japanese Structure Survey of Radiation Oncology in 2005 based on institutional stratification of Patterns of Care Study.  Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 72 (1): 144-52, 2008.
Ogawa K, Nakamura K, Sasaki T, Onishi H, Koizumi M, Shioyama Y, Araya M, Mukumoto N, Mitsumori M, Teshima T; Japanese Patterns of Care Study Working Subgroup of Prostate Cancer. External beam radiotherapy for clinically localized hormone-refractory prostate cancer. Clinical significance of Nadir prostate –specific antigen value within 12 months. Int. J. Radiat. Oncol. Biol.. Phys. 74(3): 759-65, 2009.
Teshima T., Numasaki H., et al and Japanese Society of Therapeutic Radiology and Oncology Database Committee.: Japanese Structure Survey of Radiation Oncology in 2007 based on institutional stratification of Patterns of Care Study. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 78(5): 1483-93, 2010
Numasaki H., Teshima T., et al. and Japanese Society of Therapeutic Radiology and Oncology Database Committee. National Medical Care System may impede fostering of true specialization of radiation oncologists: Study based on structure survey in Japan. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 2012, 81(1): e111-7.
Tomita N, Toita T, Kodaira T, Shinoda A, Uno T, Numasaki H, Teshima T, Mitsumori M. Patterns of radiotherapy practice for patients with cervical cancer in Japan, 2003-2005: changing trends in the pattern of care process. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 2012、83(5)、1506-13.

続きを見る

手島 昭樹先生 の所属する医療機関

大阪国際がんセンター

TEL: 06-6945-1181

大阪国際がんセンター

大阪府大阪市中央区大手前3丁目1-69

大阪メトロ谷町線「谷町四丁目駅」 北改札口 大阪メトロ中央線も乗り入れあり 徒歩5分

- - -

受付時間: 9:00〜17:00 紹介予約制 初診受付8:30〜11:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

手島 昭樹 先生 の記事