新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 消化器外科 主任教授

日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医 日本外科学会 指導医・外科専門医

堀口 明彦 ほりぐち あきひこ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 胆道外科
  • 膵臓外科
  • 内視鏡外科

資格・学会・役職

日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
日本外科学会 指導医・外科専門医
  • 藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 消化器外科 主任教授
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本外科学会 代議員
  • 日本肝胆膵外科学会 理事・評議員
  • 日本胆道学会 理事・評議員
  • 日本腹部救急医学会 理事・評議員
  • 日本外科系連合学会 理事・評議員
  • 日本臨床外科医学会 評議員
  • 日本膵臓学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本膵臓病研究財団 評議員
  • 膵臓内視鏡外科研究会 世話人
  • 腹腔鏡下胆道手術研究会 世話人
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
  • 日本腹部救急医学会 認定指導医
  • 日本外科系連合学会 フェロー
  • Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sience Editorial Boad
  • International Hepato-Pancreato-Biliary Association Active member
  • Intrenational Society of Surgery Active member
  • International Assosciation of Pancreatology Active member
  • Intrernational Association of Surgeons, Gastroenterologists Oncologists Active member

所属病院

藤田医科大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 老年科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 内分泌外科 脊椎脊髄外科 頭頸部外科 病理診断科 リウマチ・膠原病内科
  • 愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1-98
  • 名鉄名古屋本線 前後 名鉄バス 藤田医科大学病院行、または赤池駅(藤田医科大学病院・地下鉄徳重経由)行 バス15分 名古屋市営地下鉄桜通線 徳重 名古屋市営バス(徳重13系統)、または名鉄バス バス16分
  • 0562-93-2111
公式ウェブサイト
藤田医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 藤田保健衛生大学医学部 卒業
1984年 国立名古屋病院 研修医
1986年 国立名古屋病院 外科医員
1991年 藤田保健衛生大学医学部外科 助手
1993年 同上 講師
2002年 同上 助教授
2011年 藤田保健衛生大学医学部 胆膵外科・総合外科 教授
2015年 藤田保健衛生大学病院 副院長
2016年 藤田学園 学長補佐 ・ 坂文種報徳會病院 副院長・消化器外科主任教授

論文

【論文】
1. Pancreatoduodenectomy In whichh dissection of the efferent arteries of the head of the pancreas Is performed first. Akihiko Horiguchi, et al . JHBPS.14.575-578(6).2007.
2. Immortalized hepatocytes using human artificial chromosome. Cell Transplantation Vol.17:P165-171.2008.
3. Pneumatosis intestinalis and hepatic portal venous gas. JHBPSvol15.3, p334-337.2008
4. Multislice CT study of pancreatic head arterial dominance. JHBPSvol15.3, p322-326. 2008
5. Biliary tract cancer treatment: 5584 results from the Biliary Tract Cancer Statistics Registry from 1998 to 2004 in Japan. JHBPS vol.16.1. p1-7
6. Surgical design and outcome of duodenum-preserving pancreatic head resection for benign or low grade malignant tumors. JHBPS 2010 vol.17 792-797.
7. Three-dimensional models of arteries constructed using multidetector-row CT images to perform pancreatoduodenectomy safety following dissection of the inferior pancreaticoduodenal artery.
JHBPS.vol.117 523-526.2010
8. Spleen-preserving distal pancreatectomy performed laparoscopically. Hepatogastroenterology 2010.:57:162-164.
9. Robot-assisted laparoscopic pancreatic surgery. JHBPS vol.18.488-492.. 2011.
10. Middle-segment-preserving pancreatectomy for biliary-pancreatic tumors. Hepatogastroenterology 2011.vol.58 1-6.2011.
11. Distal pancreatectomy with En bloc Celiac Axis resection performed while monitoring hepatic arterial flow byt using a transonic flowmeter during operation. Hepatogastroenterology 2011.59(117) dol:10.5754/hge11661.[Epub ahead of print]
12. Treatment of nonalbumin rats by transplantation of immortalized hepatocytes using artificial human chromosome.
13. Gallbladder bed resection or hepatectomy of segments 4a and 5 for pT2 gallbladder carcinoma: analysis of Japanese registration cases by the study group for biliary surgery of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery DOI: 10.1007/s00534-012-0584-9 : 2013.
14. Classification of biliary tract cancers established by Japanese Society of HBPS: 3rd English edition .22.181-196.2015
15. Biliary tract cancer registry in Japan from 2008 to 2013. J Hepatobiliary Pancreat Sci.;23:149-157. 2016

著書

【著書】
「Change of free radicals in patients with jaundice by extrahepatic biliary obstruction. New Frontiers in Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery」
「Duodenum-preserving total resection of the head of the pancreas with preservation of the bile duct and both arterial arcades for low grade malignant cystic tumor. Biliary-Pancreas. Editors. 」
「医者がすすめる専門病院」
「膵脾外科の要点と盲点」
「胆道領域におけるロボット支援腹腔鏡下手術」
「手術支援ロボットによる腹腔鏡下膵切除術」

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。