堀田修クリニック 院長

堀田 修 ほった おさむ 先生

世界で初めて、IgA腎症の治療法である扁摘パルスを提唱したIgA腎症治療のパイオニア。腎障害に苦しむ患者さんを救いたいというまっすぐな思いで、仙台を中心に各地で診療を行っている。その技術は極めて高く、患者さんからの絶大な支持と信頼を集めていて、全国から堀田先生の診療を求める患者さんが訪れる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 腎臓内科

資格・学会・役職

  • 堀田修クリニック 院長
  • 医学博士 取得
  • NPO法人 日本病巣疾患研究会 理事長
  • IgA腎症根治治療ネットワーク代表
  • 日本腎臓学会 評議員

所属病院

堀田修クリニック

  • 内科
  • 宮城県仙台市若林区六丁の目南町2-39
  • 仙台市営地下鉄東西線 六丁の目 徒歩5分 仙台市営地下鉄東西線 六丁の目 南1出入口 徒歩3分
  • 022-390-6033
公式ウェブサイト
堀田修クリニック

医療記事

来歴等

略歴

1983年 防衛医科大卒業
1983年 防衛医大附属病院第2内科
1989年 仙台社会保険病院腎センター
1999年 同腎センター部長
2006年 同腎センター長
2011年 堀田 修クリニック(HOC)開業

著書

① 「慢性免疫病の根本治療に挑む」(悠飛社、2007年)
② Recent Advance in IgA Nephropathy (分担執筆)(World Scientific Publishing 2009年)
③ 「IgA腎症の病態と扁摘パルス療法」(メディカル・サイエンス・インターナショナル.2008年)
④ 「病気が治る鼻うがい健康法」(角川マガジンズ、2011年)
⑤ 「腎臓病を治す本」(マキノ出版、2012年)
⑥ 「道なき先の道を診る」(医薬経済、2015年)

その他

  • 【主な研究領域】 1. 腎臓病治療学 IgA腎症に対する扁摘+ステロイドパルスによる根治療法 (AJKD 2001:38:736-742, AJKD 2002:39:493-502, Nephron 2003:93:137-145, Semn Nephrol 2004:24:244-255, CEN 2012:16:122-129, Nephrol Dial Transplant. 2013 :28:3004-3013.)

  • 【主な研究領域】急速進行性腎炎の治療 (Lancet 1998:352:203-204, AJKD 1999:34:894-901, Nephron 2002:91:601-605, JASN 2003:14:440-447)

  • 【主な研究領域】リポ蛋白腎症の根治治療 (AJKD 2003:41:244-249)

  • 【主な研究領域】軽鎖沈着病の根治治療 (Nephron 2002:91:504-505)

  • 【主な研究領域】2. 腎臓病診断学 尿中のマクロファージをはじめとする単核球、尿中脂質を分析し、腎症の活動性、進行性等の病態を解析 (Kidney Int 1998:53:1190-1200, Kidney Int 1999:55:1927-1934, Clin Chim Acta 2000:55:1927-1933, Kidney Int 2004:66:2374-2381)

  • 【主な研究領域】3. 慢性上咽頭炎と機能性身体症候群の関連 (Immunol Res 2017:65:66-71)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。