新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

日本内科学会 認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医 日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医 日本老年医学会 老年病指導医 日本脈管学会 会員

梅村 敏 うめむら さとし 先生

横浜市立大学医学部卒業後、米国テキサス大学内科・薬理学教室留学、クレイトン大学医学部高血圧研究所助教授を経て、横浜市立大学内科学第2講座教授に就任。その後、同大学医学部医学部長、同大学附属病院病院長、同大学学術院 医学群長を歴任し、2016年より横浜労災病院院長に就任。高血圧症のエキスパートとして高血圧診療・研究分野で活躍している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 梅村先生の高血圧に関する得意な領域

    診断と治療

  • 内科学
  • 循環器学
  • 腎臓学
  • 内分泌代謝学

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医
日本老年医学会 老年病指導医
日本脈管学会 会員
  • 独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院 病院長
  • 厚生労働省認定外国人医師臨床修練指導医
  • 日本高血圧学会 名誉会員・元理事長、現日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員長・高血圧指導医・認定高血圧専門医
  • International Fellow of the Council for High Blood Pressure of American Heart Association
  • 日本内科学会 功労会員
  • 日本腎臓学会 功労会員
  • 日本心臓病学会 FJCC
  • 日本心血管内分泌代謝学会 功労評議員
  • 日本循環制御医学会
  • 日本循環器心身医学会

所属病院

横浜労災病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県横浜市港北区小机町3211
  • ブルーライン「新横浜駅」 JR横浜線の新横浜駅も利用可(徒歩10分) 徒歩7分
  • 045-474-8111
横浜労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1975年 横浜市立大学医学部 卒業
1977年 横浜市立大学医学部第二内科 入局
1979年 横浜市立大学医学部生化学教室 助手
1982年 米国テキサス大学(ダラス)内科・薬理学教室へ留学
1985年 横浜市立大学医学部第二内科 助手
1989年 米国クレイトン大学医学部高血圧研究所 助教授
1991年 横浜市立大学医学部第二内科 講師
1993年 横浜市立大学医学部第二内科 助教授
1998年 横浜市立大学医学部第二内科 教授
2003年 横浜市立大学大学院医学研究科病態制御内科学 教授
2008年 横浜市立大学医学部 医学部長
2010年 横浜市立大学附属病院 病院長
2012年 横浜市立大学 学術院 医学群長
2016年 横浜労災病院 病院長 (横浜市立大学名誉教授)

論文

1. Umemura S, Nishino T, at al. Trimeric purine nucleoside phosphorylase from chicken liver having a proteolytic nick on each subunit and its kinetic properties. J Biol Chem 257: 13374-13378, 1982.
2. Smyth DD, Umemura S, at al. Renal nerve stimulation causes ・1-adrenoceptor mediated sodium retention but not ・2-adrenoceptor antagonism of vasopressin. Circ Res 57: 304-311, 1985.
3. Pettinger WA, Umemura S, at al. Renal adrenoceptors and the adenylate cyclase-cAMP system: blochemical and physiological interactions. Am J Physiol 252: F199-F208, 1987.
4. Umemura S, Hirawa N, at al. Association analysis of restriction fragment length polymorphism for・2-adrenergic receptor genes in essential hypertension in Japan. Hypertension 23: I203-I206, 1994.
5. Ishigami T, Umemura S, at al. Molecular variant of angiotensinogen gene is associated with coronary atherosclerosis. Circulation 91: 951-954, 1995.
6. International Consortium for Blood Pressure Genome-Wide Association Studies, Ehret GB, Umemura S, at al. Genetic variants in novel pathways influence blood pressure and cardiovascular disease risk. Nature. 478(7367):103-109, 2011.
7. Kobayashi Y, Umemura S, at al. Mice lacking hypertension candidate gene ATP2B1 in vascular smooth muscle cells show significant blood pressure elevation. Hypertension. 59:854-60, 2012.
8. Ishigami T, Umemura S, at al. Anti-interleukin-5 and multiple autoantibodies are associated with human atherosclerotic diseases and serum interleukin-5 levels. FASEB J. 2013; 27(9):3437-45.
9. Fujiwara A, Umemura S, at al: Impaired nitric oxide production and increased blood pressure in systemic heterozygous ATP2B1 null mice. J Hypertens, 32(7):1415-23.2014.
10. Shimamoto K, Umemura S, at al: Japanese Society of Hypertension Committee for Guidelines for the Management of Hypertension. The Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension (JSH 2014), Hypertens Res, 37(4):253-390,2014.
11. Kato N, Umemura S, at al. Trans-ancestry genome-wide association study identifies 12 genetic loci influencing blood pressure and implicates a role for DNA methylation.Nat Genet. 47(11):1282-93.2015.

著書

「今日の治療指針2016年版【ポケット版】(私はこう治療している)」(医学書院;ポケット版、共著 2016年)
「高血圧にならない、負けない生き方(日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ)」(サンマーク出版 2015年)
「今日の治療指針−私はこう治療している−2012年版」(医学書院 共著 2012年)
「EBM腎臓病の治療2011-2012」(中外医学社 共著 2011年)
「テーラーメイド高血圧ガイド」(南山堂 共著 2010年)
「内科学(第9版)」(朝倉書店 2007年)
「今日の健康」(NHK出版 共著 2010年)
「栄養と料理」(女子栄養大学出版部 共著 2011年)

その他

  • 【受賞】横浜市立大学医学研究奨励賞

  • 【受賞】横浜市立大学医学会賞

  • 【受賞】上原記念生命科学財団研究助成金

  • 【受賞】日本高血圧学会 栄誉賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。