大浦 敏博 先生のプロフィール

大浦 敏博 先生

おおうら としひろ

大浦 敏博 先生

仙台市立病院副院長兼小児科部長 東北大学医学部臨床教授、東北大学医学部非常勤講師

専門分野

小児科、先天代謝異常症、遺伝カウンセリング

紹介

東北大学病院小児科にて約20年間先天代謝異常症の診療と研究に従事。BH4反応性高フェニルアラニン血症やNICCD(シトリン欠損による新生児肝内胆汁うっ滞症)などを世界に先駆けて報告した。また、先天代謝異常症領域の未承認薬・適応外薬の国内実用化に向けて取り組んでいる。最近は、治療用特殊ミルクの安定供給の問題解決に向けて活動を行っている。

略歴

1979年3月  東北大学医学部卒業
1981年4月~1985年3月 東北大学大学院医学研究科内科系専攻博士課程
1985年6月~1987年11月 米国Yale大学医学部人類遺伝学教室留学
1987年12月  東北大学医学部小児科助手
1991年6月  同 講師
1998年11月  同助教授(2007年4月より准教授)
2008年4月  仙台市立病院小児科、東北大学医学部臨床教授、同 非常勤講師
2013年4月  同 小児科部長
2016年4月  同 副院長 現在に至る

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本小児科学会 専門医・指導医
代議員、薬事委員会委員、東北地区資格認定委員、専門医試験委員
小児医療保健協議会栄養委員会委員、同 治療用ミルク安定供給委員会委員長
日本先天代謝異常学会 評議員、理事、薬事委員会委員長
日本マススクリーニング学会 評議員、副理事長
日本人類遺伝学会 評議員、臨床遺伝専門医・指導医
日本小児神経学会
日本小児保健学会
The American Society of Human Genetics(米国人類遺伝学会)
The Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism(欧州先天代謝異常学会)

仙台市医師会理事
宮城県小児科医会副会長・理事
特殊ミルク共同安全開発委員会委員、第一部会専門委員
タンデムマス・スクリーニング コンサルテーションセンター顧問
仙台市遺伝相談事業カウンセラー
新生児マススクリーニング事業コンサルタント医師(福島県)

受賞・著書・論文など

【受賞】
東北医学会奨励賞銀賞、1989年
日本先天代謝異常学会 奨励賞、1993年
日本先天代謝異常学会 学会賞、2014年

【著書】
大浦敏博.救急外来で先天代謝異常症を見逃さないための診療手順.宮田章子、冨本和彦編.小児科外来の鑑別診断術.東京:中山書店;284-288頁、2016年5月31日
大浦敏博 シトリン欠損症.水口 雅、市橋 光、崎山 弘 総編集 今日の小児治療指針第16版、210-211頁 東京、医学書院、2015年9月
大浦敏博.先天性糖質代謝異常症.小川聡総編集、伊藤裕、花房俊昭部門編集.内科学書第8版、5巻 内分泌疾患、代謝・栄養疾患.東京:中山書店;323-331頁、2013年10月
山口清次編集、大浦敏博、重松陽介編集協力 タンデムマス・スクリーニングガイドブック
診断と治療社、2013年4月

【論文】
Shintaku H, Ohura T. Sapropterin is safe and effective in patients less than 4-years-old with BH4-responsive phenylalanine hydroxylase deficiency in Japan. J Pediatr 2014; 165: 1241-4
Ohura T, Kobayashi K, Tazawa

【受賞】
東北医学会奨励賞銀賞、1989年
日本先天代謝異常学会 奨励賞、1993年
日本先天代謝異常学会 学会賞、2014年

【著書】
大浦敏博.救急外来で先天代謝異常症を見逃さないための診療手順.宮田章子、冨本和彦編.小児科外来の鑑別診断術.東京:中山書店;284-288頁、2016年5月31日
大浦敏博 シトリン欠損症.水口 雅、市橋 光、崎山 弘 総編集 今日の小児治療指針第16版、210-211頁 東京、医学書院、2015年9月
大浦敏博.先天性糖質代謝異常症.小川聡総編集、伊藤裕、花房俊昭部門編集.内科学書第8版、5巻 内分泌疾患、代謝・栄養疾患.東京:中山書店;323-331頁、2013年10月
山口清次編集、大浦敏博、重松陽介編集協力 タンデムマス・スクリーニングガイドブック
診断と治療社、2013年4月

【論文】
Shintaku H, Ohura T. Sapropterin is safe and effective in patients less than 4-years-old with BH4-responsive phenylalanine hydroxylase deficiency in Japan. J Pediatr 2014; 165: 1241-4
Ohura T, Kobayashi K, Tazawa Y, Abukawa D, Sakamoto O, Tsuchiya S, Saheki T: Clinical pictures of 75 patients with neonatal intrahepatic cholestasis caused by citrin deficiency (NICCD). J Inher Metab Dis (2007) 30:139-144
Ohura T, Kobayashi K, Tazawa Y, Nishi I, Abukawa D, Sakamoto O, Iinuma K, Saheki T: Neonatal presentation of adult-onset type II citrullinemia. Hum Genet (2001) 108: 87-90 Kure S, Hou DC, Ohura T, Iwamoto H, Suzuki S, Sugiyama N, Sakamoto O, Fujii K, Matsubara, Y, Narisawa K: Tetrabiopterin-responsive phenylalanine hydroxylase deficiency. J Pediatr. 135 (3), 375-8, 1999.

続きを見る

大浦 敏博先生 の所属する医療機関

仙台市立病院

TEL: 022-308-7111

仙台市立病院

宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目1-1

仙台市地下鉄南北線「長町一丁目駅」 南2市立病院方面口 徒歩3分

JR東北本線「長町駅」 徒歩8分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 紹介・予約制(小児科除く) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科

大浦 敏博 先生 の記事