新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

熊本大学病院 神経難病診療体制構築事業 特任教授/アミロイドーシス診療センター センター長

日本神経学会 神経内科専門医 日本内科学会 認定内科医

山下 太郎 やました たろう 先生

熊本大学医学部附属病院神経内科アミロイドーシス診療体制構築事業と、熊本大学病院(旧熊本大学医学部附属病院)アミロイドーシス診療センターセンター長を担当している。事業では、熊本県に世界的な集積地を有する家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)をはじめ、高齢者の心不全の原因になりうる老人性全身性アミロイドーシス(SSA)など、多彩な病態を表す希少疾患であるアミロイドーシスに関して、県内の各施設、および全国の医療機関からの診断、診療支援の依頼に対応している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 内科系臨床医学
  • 神経内科学

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医
日本内科学会 認定内科医
  • 熊本大学病院 神経難病診療体制構築事業 特任教授/アミロイドーシス診療センター センター長
  • 日本神経治療学会 評議員
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本末梢神経学会 会員
  • International Society of Amyloidosis 会員
  • American Academy of Neurology 会員

所属病院

熊本大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 内分泌外科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 熊本県熊本市中央区本荘1丁目1-1
  • 熊本市電A系統「九品寺交差点駅」 徒歩9分 JR鹿児島本線(博多~八代)「熊本駅」 車8分
  • 096-344-2111
熊本大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 熊本大学 医学部 卒業
1998年 熊本大学 医学研究科 博士課程
2004年 熊本大学 神経内科 助手
2007年 熊本大学 神経内科 助教
2008年 熊本大学 神経内科 診療講師
2012年 熊本大学 神経内科 講師
2014年 熊本大学 神経内科 特任教授

論文

1. Yamashita T, Ueda M, Tasaki M, Masuda T, Misumi Y, Takamatsu K, Obayashi K, Ando Y. Establishment of a diagnostic center for amyloidosis in Japan by Kumamoto University. Amyloid. 2017;24:169-170.
2. Yamashita T, Ueda M, Saga N, Nanto K, Tasaki M, Masuda T, Misumi Y, Oda S, Fujimoto A, Amano T, Takamatsu K, Yamashita S, Obayashi K, Matsui H, Ando Y. Hereditary amyloidosis with cardiomyopathy caused by the novel variant transthyretin A36D. Amyloid. 2016 Sep;23(3):207-208.
3. Yamashita T, Ando Y, Okamoto S, Misumi Y, Hirahara T, Ueda M, Obayashi K, Nakamura M, Jono H, Shono M, Asonuma K, Inomata Y, Uchino M. Long-term survival after liver transplantation in patients with familial amyloid polyneuropathy. 2012 Neurology; 78:637-643.
4. Yamashita T, Ando Y, Ueda M, Okamoto S, Misumi Y, Nakamura M, Takashi O, Uchino M. A rapid and sensitive prenatal diagnosis of familial amyloidotic polyneuropathy ATTR Val30Met by mass spectrometry. Prenat Diagn. 29:930-3,2009.
5. Yamashita T, Ando Y, Ueda M, Nakamura M, Okamoto S, Zeledon ME, Hirahara T, Hirai T, Ueda A, Misumi Y, Obayashi K, Inomata H, Uchino M. Effect of liver transplantation on transthyretin Tyr114Cys-related cerebral amyloid angiopathy. Neurology. 70:123-8,2008.
6. Yamashita T, Ando Y, Katsuragi S, Nakamura M, Obayashi K, Haraoka K, Ueda M, Xuguo S, Okamoto S, Uchino M. Muscular amyloid angiopathy with amyloidgenic transthyretin Ser50Ile and Tyr114Cys. Muscle Nerve. 31:41-5,2005.
7. Yamashita T, Hamidi Asl K, Yazaki M, Benson MD. A prospective evaluation of the transthyretin Ile122 allele frequency in an African-American population. Amyloid. 12:127-30,2005.
8. Yamashita T, Ando Y, Nakamura M, Obayashi K, Terazaki H, Haraoka K, Guo SX, Ueda M, Uchino M. Inhibitory effect of α-tocopherol on methylmercury-induced oxidative stress. Environ Health Prev Med. 9:111-7,2004.
9. Yamashita T, Ando Y, Obayashi K, Terazaki H, Sakashita N, Uchida K, Ohama E, Ando M, Uchino M. Oxidative injury is present in Purkinje cells in patients with olivopontocerebellar atrophy. J Neurol Sci. 175:107-10,2000.
10. Yamashita T, Ando Y, Bernt Suhr O, Nakamura M, Sakashita N, Ohlsson PI, Terazaki H, Obayashi K, Uchino M, Ando M. A new diagnostic procedure to detect unknown transthyretin (TTR) mutations in familial amyloidotic polyneuropathy (FAP). J Neurol Sci. 173:154-9,2000.
11. Yamashita T, Ando Y, Obayashi K, Uchino M, Ando M. Changes in nitrite and nitrate (NO2-/NO3-) levels in cerebrospinal fluid of patients with multiple sclerosis. J Neurol Sci. 153:32-4,1997.
12. Yamashita T, Ando Y, Sakashita N, Hirayama K, Tanaka Y, Tashima K, Uchino M, Ando M. Role of nitric oxide in the cerebellar degeneration during methylmercury intoxication. Biochim Biophys Acta. 1334:303-11,1997.

その他

  • 【受賞】 2005年 熊本大学神経内科同門会賞

  • 【受賞】2008年 病態情報解析学賞

  • 【受賞】2008年 熊本大学神経内科同門会賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。