新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医 日本内科学会 認定内科医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

斎藤 龍生 さいとう りゅうせい 先生

肺がんの検診から、画像診断、病理診断、抗がん化学療法、分子標的治療、緩和医療まで、肺がんをトータルに診ることができ、「病気を診るのではなく、病気を持っている人間を診る」こと、「患者さんに寄り添った医療」をモットーとして活躍している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • 呼吸器内科
  • 緩和医療学

資格・学会・役職

日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医
日本内科学会 認定内科医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 国立病院機構渋川医療センター 院長  
  • 群馬大学 医学部臨床教授
  • 日本がん治療認定機構 暫定教育医
  • 日本緩和医療学会 暫定指導医/監事
  • 日本肺癌学会 関東支部 幹事
  • 日本ホスピス緩和ケア協会 監事
  • 国立病院機構院長協議会 関東信越支部会 会長
  • 群馬県がん対策推進協議会 がん対策推進計画検討部会会長
  • 群馬重粒子治療検討委員会 肺癌部会副委員長
  • 群馬県がん診療連携拠点病院連絡協議会 緩和ケア部会 部会長
  • 群馬肺癌研究会 会長

所属病院

渋川医療センター

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 小児科整形外科 皮膚科泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 外科
  • 群馬県渋川市白井383
  • JR上越線「渋川駅」 市バス 渋川医療センター行 バス10分
  • 0279-23-1010
渋川医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1978年 群馬大学医学部卒業
1978年 群馬大学医学部第一内科学教室入会
1981年 国立がんセンター研修 
     病理部・内視鏡部・胸部内科・胸部外科・放射線診断部
1982年 国立療養所西群馬病院内科
1985年 国立療養所西群馬病院呼吸器科医長
1991年 国立療養所西群馬病院副院長
1993年 国立療養所西群馬病院緩和ケア病棟長併任
2003年 国立療養所西群馬病院院長
     群馬大学医学部臨床教授
2004年 独立法人国立病院機構西群馬病院院長
2016年 独立法人国立病院機構渋川医療センター院長

論文

1) 斎藤龍生,児玉哲郎,下里幸雄,他
予後成績からみた肺門・中間層部肺癌の病理組織学的検討.
肺癌. 1986; 26(3):299-311.
     
2) 斎藤龍生,土屋 智
比較読影が可能であった原発性肺癌98例の検討.
医療.1991; 45(1): 22-26.
  
3) 斎藤龍生
ターミナルケアにおける倫理的な諸問題 セデーションに伴う倫理的諸問題.
ホスピスケア. 1999; 10(1): 61-64.

4) 斎藤龍生
主治医の役割と限界.
今日の緩和医療. 2001; 3: 116-126.
  
5) Saito R
Palliative Care and Supportive Therapy for Lung Cancer Patients.
Japan Medical Association Journal. 2003; 46(12): 559-564.
  
6) Tomizawa Y, Saito R, et al.
Clinicopathologic Significance of the Mutations of the Epidermal Growth Factor Receptor Gene in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer.
  Clin Cancer Res. 2005; 11: 6816-6822.

7) 斎藤龍生, 富澤由雄, 他
肺癌の疼痛管理.
Modern Physician. 2008; 28:928-930.

8) Tomizawa Y, Saito R, et al.
Effect of gefitinib re-challenge to initial gefitinib responder with non-small cell lung cancer followed by chemotherapy.
Lung Cancer. 2010; 68: 269-272.

9) Yoshino R, Saito R, et al.
Clinical impact of postprogression survival for overall survival in elderly patients (aged 75 years or older) with advanced nonsmall cell lung cancer.
J Cancer Res Ther. 2015; 11: 606-611.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。