はいがん

肺がん

肺

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

肺がんとは、肺に生じたがんのことを指します。肺がんの種類に応じて、小細胞がん、非小細胞がんなど、いくつかの分類があります。また肺がんは、日本において非常に頻度の高い病気であることが知られています。

日本人にとって身近であるといえる肺がんでは、個人個人の状況を正確に把握することが治療方針決定に際して不可欠です。すなわち、肺がんの種類だけではなく、全身へのがんの拡がり具合や全身状態、合併症の有無などに応じて、抗がん剤や手術、放射線治療などの中から最適な治療方法が決定されます。

また、肺がんのなかでもある種のタイプのものについては、喫煙習慣との強い関連性があることも知られています。そのため、肺がんを予防する観点からも、普段の生活から喫煙を控えることが重要であるといえます。

原因

肺がんは、喫煙習慣を原因として引き起こされることがあります。喫煙をしている本人はもちろんのこと、タバコの煙を受動的に吸ってしまう周囲の方(たとえば、喫煙者のご家族)にも影響が及ぶことが知られています。

喫煙習慣と関連した肺の病気として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎と呼ばれる病気がありますが、肺がんを発症した際に重症化するリスク因子となり得るため注意が必要です。

また、肺がんはアスベストに代表される鉱物を原因として生じることもあります。アスベストは、断熱材や絶縁材などとして使用されていた過去があります。そのため、建築現場や工事現場などでこれらに暴露(ばくろ)(さらされること)される機会があった方は、肺がんをはじめとする悪性疾患の発症リスクが高まります。

さまざまな原因が存在することが知られている肺がんですが、明らかな要因がないにもかかわらず病気の発症に至ることもあります。たとえば、喫煙習慣がなくても肺がんを発症することもあります。

症状

肺がんを発症すると、がんの生じた部位、拡がり具合に応じてさまざまな症状が現れる可能性があります。

具体的には、血が混じった(たん)が出る、咳が出る、胸が痛むなどの症状が現れることがあります。そのほかにも、体重減少や食欲不振、疲れやすいなどの症状が現れることもあります。

一方で、特別な症状がないまま病気が進行することもあります。そのため、検診をした際に初めて病気の可能性が指摘され、肺がんの診断に至ることもあります。

検査・診断

肺がんは、問診やレントゲン写真といった情報をもとにするがん検診にて疑われることがあります。画像検査としては、より詳細に肺のCT検査が行われることもあります。

肺がんが疑われる際には、気管支鏡と呼ばれる検査も検討されます。気管支鏡では、カメラを用いて肺の状況を確認することができますし、がんを思わせる病変(病気による変化がみられる箇所)から直接的に組織を採取することも可能です。

そのほか、がん細胞の存在を直接的に確認するために、痰を用いることや、体表から針を刺して組織の一部を採取することもあります。

さらに肺がんでは、どの程度病気が全身に広がっているかを確認するための検査も必要です。この目的のためにCT・MRI検査、PET/CT検査など、さまざまな検査が行われることがあります。

治療

肺がんでは、がんの拡がり具合、がんの種類、全身状態などの情報をもとにして、患者さんに適した治療方法が選択されます。

がんが肺に限局されている際には、手術的に切除することが根治治療として選択されることがあります。一方、全身各所への拡がりが懸念される状況では、化学療法や放射線療法が主体となります。

手術が選択される際も、肺のどの部位を切除するかが問題となります。胸腔鏡での治療が選択されることもありますし、より大きく胸を開けることもあります。

また、抗がん剤を用いた化学療法に加えて、近年では免疫療法を取り入れた治療も重要な位置づけを占めています。従来の治療方法のみでは治癒が見込めない状況でも治療効果が期待できることがあります。

また、放射線治療も、肺がんの治療では重要な役割を担います。肺のがん細胞のみならず、脳や肝臓などの転移した病変に対して放射線治療が検討されることがあります。

肺がんでは、予防的な観点を取り入れることや、定期的にがん検診を受けることで病気の早期発見を心がけることも大切です。