かんせんせいいちょうえん

感染性胃腸炎

大腸・小腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

感染性胃腸炎とは、なんらかの微生物が原因となって引き起こされる腸の病気の総称です。突然の嘔吐・下痢・腹痛や発熱などの症状を起こします。

原因になる微生物は、細菌・ウイルス・原虫・寄生虫・真菌などさまざまです。感染性胃腸炎のなかで代表的なものとしては、ウイルスにより起こるウイルス性胃腸炎と、細菌によって起こる細菌性腸炎があり、これらは感染性胃腸炎の大半を占めています。

ウイルス性胃腸炎

感染性胃腸炎のなかでもっとも多いです。病原体としては主にノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスの3つが多いとされています。そのほか、アストロウイルス・コロナウイルス・コクサッキーウイルスなどもあります。

細菌性腸炎

病原菌として、病原性大腸菌・サルモネラ菌・カンピロバクター・エルシニアなどがあります。小児でもしばしば発症がみられます。

原因

ウイルス性胃腸炎における主な感染経路は、病原体が付着したものや手などに接触することで起こる接触感染です。感染源から直接伝染する直接接触感染(胃腸炎の患者さんに直接触れたりして感染した場合など)と、病原体がなにかを介して伝染する間接接触感染(胃腸炎の患者さんが使用したタオルやコップを介して感染する場合など)があります。

そのほか、ノロウイルスや細菌性腸炎では、経口感染といって病原体が口から体内に入ることで感染する経路があります。ノロウイルスでは生牡蠣や貝類を加熱せず食べた場合やノロウイルスに感染した方が調理を行い、汚染された食べ物を摂った場合などに感染を起こします。

症状

ウイルス性胃腸炎

ノロウイルス

1~2日の潜伏期間を経て激しい嘔吐、下痢の症状で発症します。2~3日は強い症状が続きますが、その後、速やかに症状が改善することが多いです。

ロタウイルス

初期に39度台の高熱が出ることが多く、嘔吐は1~3日で治まりますが1週間ほどひどい下痢が続くことが多いという特徴があり、脱水を起こしてしまう危険性もあります。ロタウイルスに感染すると胆汁(たんじゅう)の分泌が悪くなり、その影響で便がレモン色や白っぽい色になることがあります。

アデノウイルス

下痢や腹痛が主な症状で、発熱や嘔吐は目立ちません。症状が下痢だけのケースもあります。下痢は1週間程度継続します。季節を問わず発症がみられます。

細菌性腸炎

嘔吐を伴うことはありますが、中心となるのは腹痛や下痢、血便などの下腹部の症状です。

検査・診断

ウイルス性胃腸炎の検査

ウイルス性胃腸炎を疑って検査を行う場合、綿棒の検査キットを用いて便を調べることで原因ウイルスを確認できます。結果は10~15分くらいで明らかになります。

2018年現在、一般診療でこの迅速検査が可能なのは、ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスの3つであり、このうちロタウイルスとアデノウイルスの検査については、保険診療で検査が可能です(ノロウイルスの迅速検査は3歳未満や65歳以上、その他ノロウイルスに感染した場合に重症になりやすい方などは保険診療で検査可能ですが、その他の方は自費診療になります)。

ただし、原因ウイルスがわかったとしても、基本的な治療方法は変わりがないことが多いため、これら検査は必須ではありません。また、検査でわかる3つのウイルス以外にも原因となるウイルスは多種あるため、検査が陰性であってもウイルス性胃腸炎でないとはいえません。多くの医師は、症状からウイルスの種類を推定していきますが、実際には明確な区別は困難です。

細菌性腸炎の検査

細菌性腸炎では便の培養検査を行います。一般的に便を提出してから2~3日の間、菌を培養して病原菌を判断するためにある程度の時間を要します。ただし、カンピロバクターは、便を顕微鏡で検査すると、らせん状またはS字状という特徴的な形をしており、その他の病原性菌や腸内細菌の様子と違いがあるため、迅速に診断をつけることも可能です。

治療

ウイルス性胃腸炎の治療

ウイルスによる胃腸炎に抗菌薬は無効ですので、いわゆる特効薬というのはありません。主な治療は、胃腸炎の症状を緩和する対症療法となります。嘔吐・下痢がひどい場合であれば、水分摂取を促したり、飲水もできなければ病院で点滴を行ったりします。

発熱・腹痛がある場合には、解熱鎮痛剤を使用して症状を落ち着けます。こうした症状を緩和する治療を行いながら、自然に回復するのを待ちます。

ウイルス性胃腸炎では、電解質や糖がバランスよく配合された経口補水液を口から補給する経口補水療法を行って、脱水や低血糖を防ぐことが必要です。経口補水液がすぐ手に入らない場合には、水1,000mlに砂糖40グラム、塩3グラムを混ぜると自宅でも作ることができます。レモンやグレープフルーツなどの果汁を少し加えてもよいでしょう。

体重(kg)と同じ量(ml)を5分おき、または倍の量を10分おきに少しずつ飲ませると、1時間点滴をするよりも多い量の水分をとることができるとされます。

細菌性腸炎の治療

細菌性腸炎に対しては、感染した細菌の種類に応じて抗菌薬の使用を考慮します。ただし症状が軽い場合には、ウイルス性胃腸炎と同じように対症療法を行うことで改善を得られることも多いため抗菌薬は使用しません。多くは、高熱や激しい下痢、血便があるなど症状が重いケースに対して抗菌薬での治療を行います。

小児の感染性胃腸炎

感染性胃腸炎のなかには嘔吐や下痢の症状が強くでるものがありますが、大人と比べて子どもではより脱水になりやすく、また低血糖を起こしやすいという傾向があります。そのため、子どもが感染性胃腸炎を発症した場合には注意が必要です。

嘔吐や腹痛だけでなく下痢の症状にも注目し、脱水にならないよう経過を慎重にみる必要があります。

【PR】胃痛・胃もたれ・便秘など、症状別おすすめ胃腸薬(LOHACO)

予防

ウイルス性でも細菌性でも、もっとも重要な予防方法は手洗いや消毒の励行です。ただし、ウイルスに対しては、アルコールは無効であるためアルコール除菌液などだけに頼らず、流水でしっかりと手洗いをすることが大切です。

また、拭きとったり付け置き消毒を行ったりする場合であれば、塩素系漂白剤を250倍に希釈して(500ミリリットルのペットボトルに、ペットボトルキャップ2分の1杯分の塩素系漂白剤を入れる)使用するのがよいでしょう。ただし、作った消毒液を子どもが間違えて飲んでしまう危険性があるので保存はせずに使い切るようにしましょう。

ロタウイルスに対しては、小児では内服薬のワクチンがあり、2回接種もしくは3回接種が行われています。ただし、費用が自己負担であること、ワクチン接種の期間に制限があることもあり、すべての子どもに対して行われるわけではありません。日本ではワクチン接種を受けるかどうかは保護者の方々の考え方と、経済的な観点からの判断に任せられています。

「感染性胃腸炎」に関連する他の記事
もっと見る