いちょうえん

胃腸炎

胃・十二指腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

胃腸炎とは、何らかの原因によって胃や腸管に炎症が生じ、下痢や嘔吐、腹痛などの消化器症状が引き起こされる病気のことです。

胃腸炎は大きく、感染性胃腸炎と非感染性胃腸炎の2種類に分類されます。感染性胃腸炎は細菌やウイルスに感染することで胃や腸管に炎症が生じるものです。

原因となる細菌やウイルスにはさまざまな種類があり、食品を介しての感染を食中毒と呼ぶこともあります。医療資源の整っていない発展途上国では、感染性胃腸炎は今なお、命を落とすこともある病気であり、日本においても小児や高齢者では重症化して入院が必要となるケースも少なくありません。

一方、非感染性胃腸炎の原因としては、アレルギーによるものや食習慣の異常、薬剤性、寄生虫などが挙げられますが、一般的には感染性胃腸炎よりも症状は軽度であることが多いです。

原因

胃腸炎の原因は、大きく分けると感染性と非感染性があり、それぞれの主な原因は以下の通りです。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎には細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎があります。

細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎の原因菌には病原性大腸菌、腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ、腸炎ビブリオなどが挙げられます。

これらの原因菌は、感染者の便を介して他者に糞口感染や接触感染することがありますが、なかには原因菌に汚染された食品を介して感染することもあります。食品を介しての感染を食中毒と呼びますが、鶏肉での感染が多いカンピロバクターは非常に患者数が多い食中毒原因菌として知られています。

また、黄色ブドウ球菌などのように細菌が産生した毒素が胃腸炎の原因となるものもあり、これらの細菌の多くは毒素が付着した食品を介して胃腸炎を引き起こします。

ウイルス性胃腸炎

一方、ウイルス性胃腸炎の原因としては、ロタウイルス、ノロウイルス、サポウイルス、アデノウイルスなどが挙げられます。

ロタウイルスやアデノウイルスは乳幼児から小児にかけての発症者が多く、ノロウイルスは秋から冬にかけて乳幼児から高齢者までに広く流行する原因ウイルスです。これらのウイルスは細菌と同様に、糞口感染や接触感染によって感染することもありますが、食中毒による感染も多々あります。特にノロウイルスによる食中毒は、全食中毒の中で最も患者数が多く、一年を通して食中毒の原因となり得ます。

非感染性胃腸炎

非感染性胃腸炎にはさまざまな原因があります。代表的なものでは、非ステロイド系消炎鎮痛剤などによる胃・腸管粘膜の荒れ、刺激物やアルコール・冷たい食べ物などの摂りすぎによる胃腸機能障害、アニサキスやクドアなどの寄生虫が挙げられます。

症状

症状は、胃腸炎の原因によって異なりますが、腹痛や下痢、嘔吐などの共通した消化器症状を生じます。

感染性胃腸炎では細菌性の場合、嘔吐よりも下痢症状のほうが強く、血便となることも少なくありません。また発熱が生じやすいのも特徴です。

一方、ウイルス性の場合、ロタウイルスやノロウイルスでは軽度~中等度の発熱が生じ、下痢よりも嘔吐症状の方が強い傾向にあります。また、下痢が血便になることはほとんどありません。

非感染性胃腸炎では、発熱が見られることは非常にまれであり、腹痛や下痢、嘔吐などを生じますが、胃や腸管の粘膜が荒れて出血を生じることで吐血や下血が見られることもあります。

検査・診断

胃腸炎様の症状を生じて病院を受診した場合には、次のような検査が行われます。

血液検査

炎症反応や貧血などを確認する検査です。感染性胃腸炎の場合には、白血球上昇の程度が、細菌性かウイルス性かを鑑別する(見分ける)手掛かりとなります。

画像検査

腸閉塞や腫瘍性病変などの異常がないかを判断するためにレントゲン検査やCT検査、超音波検査などの画像検査が行われます。

便検査

感染性胃腸炎が疑われる場合には、原因となる細菌やウイルスを特定するために便を採取して培養したり、ウイルスの遺伝子検査が行われたりします。

ノロウイルスやロタウイルスなどは迅速診断キットが開発されており、遺伝子検査を行わなくても、便の採取による診断が可能になりました。また、細菌性の場合には、原因菌に適した抗生剤を選択するためにも便検査は必須の検査となります。

内視鏡検査

吐血や下血を伴う胃腸炎の場合には、内視鏡検査(胃カメラや大腸カメラ)が行われます。内視鏡検査では胃や大腸の内部を観察するだけでなく、検査時に出血が確認された場合には、クリッピングなどの止血術が同時に行われます。

また、アニサキスによる胃腸炎の場合には、胃カメラによってアニサキス自体を摘出する必要があるため、アニサキスが強く疑われた場合には吐血がなくても積極的に行われます。

治療

感染性胃腸炎の場合

感染性胃腸炎の場合、細菌性では原因菌に適した抗生剤が使用されることもありますが、基本的には、頻回の下痢や嘔吐による脱水に注意しながら自然に症状がよくなるのを待ちます。小児や高齢者は脱水になりやすいため、十分な水分が摂れない場合には点滴による脱水状態の改善が行われます。

非感染性胃腸炎の場合

一方、非感染性胃腸炎の場合には、原因となる薬剤や食生活などを排除し、胃薬や整腸剤の内服によって胃腸の炎症を改善する治療が行われます。炎症が重度で胃や腸の粘膜から出血している場合には、内視鏡で出血を止める治療が行われることもあります。

また、アニサキスでは、胃カメラによって胃壁に迷入したアニサキスを取り除く治療が必要となります。