胃・十二指腸

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)

十二指腸潰瘍とは

十二指腸潰瘍とは、ある一定以上の深さで健康な十二指腸の壁が傷ついてしまってえぐれている病気を指します。十二指腸潰瘍の原因の大半はピロリ菌が関与していると考えられており、過剰な胃酸分泌に続発する形で十二指腸潰瘍が発生すると考えられています。低用量アスピリンを服用することも、十二指腸潰瘍の発生リスクを高めると考えられています。十二指腸潰瘍の発症は、30歳前後の若い方に多いと言われています。

十二指腸潰瘍を発症すると、腹痛(特に空腹時や夜間)や出血からの貧血などの症状を呈するようになります。潰瘍の程度がさらに進行すると、「穿孔(せんこう)」と呼ばれる状況になり、十二指腸の壁に孔があいてしまうこともあります。

十二指腸潰瘍の原因はピロリ菌感染に関連したものであることが多いため、ピロリ菌の除菌を行うことが治療には有効です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

原因

十二指腸潰瘍の発生原因を考える際に、胃の消化管としての機能を考えることは重要です。胃は、口から摂取された食べ物を消化するために重要な役割を果たす臓器です。食べ物の消化に際して、「胃酸」や「ペプシン」などの消化に必要不可欠な物質が胃から分泌されています。胃酸やペプシンは食べ物を消化する働きを持つということから想像されるように、健康な消化管も傷つけてしまう危険性も持っています。そのため、胃酸やペプシンは「攻撃因子」とも呼ばれています。

「攻撃因子」である胃酸やペプシンなどから自己を守るために、健康な胃は自分自身を守るため、胃粘液を分泌するなどの「防御因子」により粘膜表面を保護しています。

攻撃因子と防御因子が適切なバランスを保っている状態であれば、十二指腸の粘膜が傷つくことはありません。しかし、何かしらの原因をきっかけとして両者のバランスが崩れてしまい、攻撃因子が優位になると健康な十二指腸の壁が損傷を受けることになり、結果として十二指腸潰瘍が発症することになります。一般に十二指腸潰瘍の発生には、胃酸分泌が過剰となり攻撃因子が有意となることから発症すると考えられています。

十二指腸潰瘍の発生原因としては、特にピロリ菌の発生が重要です。ピロリ菌とは、酸性の環境である胃の中に生息できる細菌です。大腸菌よりもやや大型のらせん形をした桿菌(円筒状の原核生物)で、尿素を分解するウレアーゼという酵素を発生し胃酸を中和することで、酸性の胃の中に棲み続けることを可能にしています。

その他、十二指腸潰瘍の原因として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)もありますが、ピロリ菌感染に比較しては稀です。

正常な十二指腸の壁は、粘膜固有層・粘膜下層・固有筋層・漿膜(しょうまく)などからなっています。攻撃因子が防御因子を凌駕するようになると、胃の健康な壁が損傷を受けて壁が粘膜下層よりも深い部分にまでえぐれてしまうようになり、このような状態を「十二指腸潰瘍」と呼びます

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご覧ください

 

症状

十二指腸潰瘍の症状は、腹痛が最も多い症状であり、右上腹部に感じることが典型例と言われますが、必ずしも同部位に痛みを感じる訳ではありません。痛みの特徴としては鈍くうずくようなもの、焼けるようなものです。十二指腸潰瘍に関連した腹痛は、空腹時もしくは夜間に腹痛が増強することが多いです。十二指腸潰瘍の発生には過剰な胃酸分泌が関与していることから、胃酸を中和する重曹などの制酸薬により痛みが軽くなります。その他の症状としては、はきけ、胸焼け、ゲップ、食欲不振などの症状を覚えることもあります。

十二指腸潰瘍がさらに進行すると、消化管壁から出血を来すようになるため、下血や吐血、貧血をといった合併症を呈することもあります。さらに進行する場合には、消化管の壁に孔があく「穿孔」と呼ばれる状況を引き起こすこともあります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

 

検査・診断

十二指腸潰瘍では、上部消化管内視鏡を用いた病変部位の確認と、ピロリ菌の確認が重要になります。

上部消化管内視鏡検査は、十二指腸潰瘍の進行度や傷の深さなどを最も正確に把握できる検査です。内視鏡検査では十二指腸潰瘍周辺部位の検体や胃の検体の採取も同時に行なうことが可能です。これらの検体は、十二指腸潰瘍以外の病気との鑑別やピロリ菌の検査に使用することが可能です。さらに、出血がみられる場合には止血処置も施行することができます。

ピロリ菌に感染していることを確認する検査方法としては、内視鏡で得られた検体を元にピロリ菌を培養したり、顕微鏡で確認したりすることで確認する方法があります。その他、検体を用いて迅速ウレアーゼ検査と呼ばれる検査を行うこともあり、試薬の色調変化からピロリ菌が存在しているかどうかを確認します。

また、ピロリ菌の確認に際しては、内視鏡検査とは関係ない方法で行うこともあります。具体的な検査方法としては、血液や尿、便を用いた方法や、尿素呼気試験といった検査があります。いずれの方法も一長一短があるため、経過によって適切に選択されることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

治療

十二指腸潰瘍の治療は、ピロリ菌感染が原因の大きな一端を担っています。そのため、ピロリ菌の除菌療法が十二指腸潰瘍治療の重要な位置を占めています。

除菌療法では、プロトンポンプ阻害薬ないしはP-CABに加えて二種類の抗生物質を内服することになります。使用される薬剤は、一回目の除菌であればアモキシシリンとクラリスロマイシンであり、1週間の内服を行うことになります。除菌率は70-90%と報告されており、治療が奏功した場合には十二指腸の再発率はほぼないと考えられています。除菌が奏功したかどうかを正確に判断することは、その後の治療方針決定にとても重要なことであり、医師の指示に従うことが必要とされます(ピロリ菌感染状況の確認や治療薬の変更など)。

十二指腸潰瘍は、時に痛み止めに関連して発症していることもあり、可能な限り痛み止めの中止・変更を検討することになります。それと同時にプロトンポンプ阻害薬や、「P-CAB」と呼ばれるタイプのプロトンポンプ阻害薬、プロスタグランジン製剤などを併用しながら内科的薬物療法を検討することになります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

十二指腸潰瘍の記事を読む

十二指腸潰瘍の記事にご協力いただいている医師