新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

慶應義塾大学 医学部臨床検査医学 教授

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本医師会 認定産業医

村田 満 むらた みつる 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 感染症内科
  • 臨床検査医学全般
  • 内科学(血液学)
  • 血栓止血学

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本医師会 認定産業医
  • 慶應義塾大学 医学部臨床検査医学 教授
  • 日本臨床検査医学会       前理事長・評議員・学術集会企画委員会委員長
  • 日本臨床検査専門医会     元常任幹事
  • 日本臨床検査自動化学会     評議員・2010年度大会長
  • 日本臨床化学会         評議員・元関東支部長・関東支部顧問・止血血栓専門委員会委員長・学術連絡委員会委員
  • 日本内科学会 第12回学術講演会会長(平成13年)
  • 日本血液学会          評議員・診療委員会委員
  • 日本血栓止血学会        理事(副理事長)・庶務担当委員・元編集委員・元学術奨励賞選考委員長・認定制度検討委員会委員長
  • 日本検査血液学会        評議員
  • 日本血液代替物学会     評議員
  • American Society of Hematology Corresponding Member
  • International Society on Thrombosis and Haemostasis Member
  • 日本臨床検査医学会 臨床検査専門医・管理医
  • 日本内科学会 認定医制度研修指導医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定認定医

所属病院

慶應義塾大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 放射線診断科 放射線治療科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区信濃町35
  • JR中央・総武線「信濃町駅」 徒歩1分 都営大江戸線「国立競技場駅」 A1出口 徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」 1番出口 徒歩15分 東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」 0番出口 徒歩15分
  • 03-3353-1211
慶應義塾大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 慶應義塾大学医学部卒業
1981年 慶應義塾大学病院研修医(内科学)
1983年 東京都済生会中央病院専修医(内科学)
1985年 慶應義塾大学医学部助手(血液感染リウマチ内科)
1989年 米国カリフォルニア州スクリップス研究所 Research Fellow(止血・血栓、動脈硬化の分子生物学)
1992年 慶應義塾大学助手(医学部、血液感染リウマチ内科)
1997年 慶應義塾大学病院中央臨床検査部主任医師(内科と兼任)
1998年 慶應義塾大学専任講師(医学部血液感染リウマチ内科)
2005年 慶應義塾大学教授(医学部臨床検査医学)

論文

Yokoyama K, Kojima T, Sakata Y, Kawasaki T, Tsuji H, Miyata T, Okamoto S, Murata M: A survey of the clinical course and management of Japanese patients deficient in natural anticoagulants. Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis. 18(5): 506-513. 2012

Ono Y, Wang Y, Suzuki H, Okamoto S, Ikeda Y, Murata M, Poncz M, Matsubara Y: Induction of functional platelets from mouse and human fibroblasts by p45NF-E2/Maf. Blood. 120(18): 3812-3821. 2012

Igari A, Nakagawa T, Moriki T, Yamaguchi Y, Matsumoto M, Fujimura Y, Soejima K, Murata M: Identification of epitopes on ADAMTS13 recognized by a panel of monoclonal antibodies with functional or non-functional effects on catalytic activity. Thrombosis Research. 130(3): e79-83. 2012

Yamaguchi Y, Moriki T, Igari A, Matsubara Y, Ohnishi T, Hosokawa K, Murata M: Studies of a microchip flow-chamber system to characterize whole blood thrombogenicity in healthy individuals. Thromb Res. 32(2):263-70. 2013

Yamaguchi Y, Abe T, Sato Y, Matsubara Y, Moriki T, Murata M: Effects of VerifyNow P2Y12 test and CYP2C19*2 testing on clinical outcomes of patients with cardiovascular disease: a systematic review and meta-analysis. Platelets. 24(5): 352-361.2013

Murata M: The future directions of clinical hematology in 2013 - hemostatic and thrombotic diseases- overview. Rinsho Ketsueki. 54(2):177-8. 2013

Ikeda Y, Shimada K, Teramoto T, Uchiyama S, Yamazaki T, Oikawa S, Sugawara M, Ando K, Murata M, Yokoyama K, Ishizuka N: Low-dose aspirin for primary prevention of cardiovascular events in Japanese patients 60 years or older with atherosclerotic risk factors: a randomized clinical trial. The Journal of the American Medical Association. 312(23): 2510-2520. 2014

村田満:止血機構の基礎知識 星恵子, 大野勲, 齋藤英胤, 藤井聡, 増子佳世,水木知博, 水谷顕洋, 武藤章弘, 山下直美 編 やさしい臨床医学テキスト P306-309 2014

西崎統,村田満 編:検査値の読み方・考え方 専門医からのアドバイス 第2版 総合医学社 2014年9月

Noguchi K, Morishima Y, Takahashi S, Ishihara H, Shibano T, Murata M:Impact of nonsynonymous mutations of factor X on the functions of factor X and anticoagulant activity of edoxaban. Blood Coagul Fibrinolysis. 2015 Mar;26(2):117-22.

村田満:血液疾患に罹患した患者への診察の基本/検査・所見の異常と鑑別診断 凝固・止血異常 金倉譲 編 最新ガイドライン準拠 血液疾患 診断・治療指針 中山書店 P25-32 2015年10月

村田満:血栓止血関連検査 オーバービュー 一瀬白帝,丸山征郎,村田満 編 新・血栓止血血管学 検査と診療 金芳堂 P2-7 2015年10月

Fujimori Y, Wakui M, Katagiri H, Ohira K, Shimizu N, Murata M : Evaluation of anticoagulant effects of direct thrombin inhibitors, dabigatran and argatroban, based on the Lineweaver-Burk plot applied to the Clauss assay J Clin Pathol April 2016 69(4): 370-2

Miyakawa Y, Imada K, Ichinohe T, Nishio K, Abe T, Murata M, Ueda Y, Fujimura Y, Matsumoto M, Okamoto S: Efficacy and safety of rituximab in Japanese patients with acquired thrombotic thrombocytopenic purpura refractory to conventional therapy. International Journal of Hematology 2016 1-8 DOI:10.1007/s12185-016-2019-x

Uchiyama S, Ishizuka N, Shimada K, Teramoto T, Yamazaki T, Oikawa S, Sugawara M, Ando K, Murata M, Yokoyama K, Minematsu K, Matsumoto M, Ikeda Y, and on behalf of the JPPP Study Group: Aspirin for Stroke Prevention in Elderly Patients With Vascular Risk Factors. Stroke 2016 Jun;47(6):1605-11. doi: 10.1161/STROKEAHA.115.012461. Epub 2016 May 10.

Fujimori Y, Wakui M, Katagiri H, Ohira K, Shimizu N, Mitsuhashi T, and Murata M: Potential Application of Fibrinogen Measurement Based on the Clauss Assay to Monitoring of Dabigatran. Rinsho Byori 64:765-770,2016

Azuma K, Osawa Y, Tabata S, Katsukawa F, Ishida H, Oguma Y, Kawai T, Itoh H, Okuda H, Oguchi S, Ohta A, Kikuchi H, Murata M, Matsumoto H: Decrease in regional body fat after long-term high-intensity interval training. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. Vol. 6 (2017) No. 2 p. 103-110http://doi.org/10.7600/jpfsm.6.103

Matsumoto M, Fujimura Y, Wada H, Kokame K, Miyakawa Y, Ueda Y, Higasa S, Moriki T, Yagi H, Miyata T, Murata M: Diagnostic and treatment guidelines for thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP) 2017 in Japan. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):3-15. doi: 10.1007/s12185-017-2264-7. Epub 2017 May 26.

その他

  • 【受賞】2002年 慶應義塾・三四会賞(北島賞)

  • 【受賞】2002年 日本臨床検査医学会・学会賞(Bergmeyer-Kawai賞)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師