新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

慶應義塾大学医学部産婦人科学 教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医

青木 大輔 あおき だいすけ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 産科
  • 婦人科腫瘍学

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医
  • 慶應義塾大学医学部産婦人科学 教授
  • 日本婦人科腫瘍学会 理事長
  • 日本産科婦人科学会 副理事長
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 副理事長
  • NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構 副理事長
  • 日本臨床細胞学会 理事
  • 日本がん治療認定医機構 理事
  • 医学博士 取得

所属病院

慶應義塾大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 放射線診断科 放射線治療科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区信濃町35
  • JR中央・総武線 信濃町 徒歩1分 都営大江戸線 国立競技場 A1出口 徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目 1番出口 徒歩15分 東京メトロ銀座線 青山一丁目 0番出口 徒歩15分
  • 03-3353-1211
公式ウェブサイト
慶應義塾大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 慶應義塾大学医学部 卒業
1982年 慶應義塾大学医学部 研修医(産婦人科)
1986年 慶應義塾大学 助手(医学部産婦人科学)
1988年 米国La Jolla Cancer Research Foundation(現Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute) Postdoctoral fellow
1989年 医学博士 取得
1996年 慶應義塾大学 専任講師(医学部産婦人科学)
2005年 慶應義塾大学 教授(医学部産婦人科学)

論文

  • Japanese Gynecologic Oncology Group: Effect of Taxane Plus Platinum Regimens vs Doxorubicin Plus Cisplatin as Adjuvant Chemotherapy for Endometrial Cancer at a High Risk of Progression: A Randomized Clinical Trial. JAMA Oncol, 5: 833-840, 2019

    Nomura H, Aoki D, Michimae H, Mizuno M, Nakai H, Arai M, Sasagawa M, Ushijima K, Sugiyama T, Saito M, Tokunaga H, Matoda M, Nakanishi T, Watanabe Y, Takahashi F, Saito T, Yaegashi N

  • A Clinical Trial to Verify the Efficiency of the LC-1000 Exfoliative Cell Analyzer as a New Method of Cervical Cancer Screening. Acta Cytol, 63: 391-400, 2019

    Nakamura M, Ueda M, Iwata T, Kiguchi K, Mikami Y, Kakuma T, Aoki D

  • Liquid-based cytology versus conventional cytology for detection of uterine cervical lesions: a prospective observational study. Jpn J Clin Oncol, 48: 522-528, 2018

    Nishio H, Iwata T, Nomura H, Morisada T, Takeshima N, Takano H, Sasaki H, Nakatani E,Teramukai S, Aoki D

  • Population-based cohort study assessing the efficacy of cervical cytology (Pap smear) and human papillomavirus (HPV) testing as modalities for cervical cancer screening. Jpn J Clin Oncol, 48:495-498, 2018

    Morisada T, Saika K, Saito E, Kono K, Saito H, Aoki D

  • Prevalence of pathogenic germline variants detected by multigene sequencing in unselected Japanese patients with ovarian cancer. Oncotarget, 8: 112258-112267, 2017

    Hirasawa A, Imoto I, Naruto T, Akahane T, Yamagami W, Nomura H, Masuda K, Susumu N, Tsuda H, Aoki D

  • HMMC-1, a human monoclonal antibody to fucosylated core 1 O-glycan, suppresses growth of uterine endometrial cancer cells. Cancer Sci, 104: 62-69, 2013

    Oikawa F, Kojima-Aikawa K, Inoue F, Suzuki A, Tanaka K, Tominaga E, Aoki D

  • Experience of Risk-reducing Salpingo-oophorectomy for a BRCA1 Mutation Carrier and Establishment of a System Performing a Preventive Surgery for Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndromein Japan: Our Challenges for the Future. Jpn J Clin Oncol, 43:515-519, 2013

    Hirasawa A, Masuda K, Akahane T, Tsuruta T, Banno K, Makita K, Susumu N, Jinno, H, Kitagawa Y, Sugano K, Kosaki K, Aoki D

  • Lobular endocervical glandular hyperplasia and peritoneal pigmentation associated with Peutz-Jeghers syndrome due to a germline mutation of STK11. Ann Oncol, 23: 2990-2992, 2012

    Hirasawa A, Akahane T, Tsututa T, Kobayashi Y, Masuda K, Banno K, Fujii T, Susumu N, Itsubo T, Kameyama K, Sugano K, Aoki D

  • A phase II clinical trial of topotecan in Japanese patients with relapsed ovarian carcinoma. Jpn J Clin Oncol, 41: 320-327, 2011

    Aoki D, Katsumata N, Nakanishi T, Kigawa J, Fujiwara K, Takehara K, Kamiura S, Hiura M, Hatae M, Sugiyama T, Ochiai K, Noda K

  • Overexpression of class III beta-tubulin predicts good response to taxane-based chemotherapy in ovarian clear cell adenocarcinoma. Clin Cancer Res, 15: 1473-1480, 2009

    Aoki D, Oda Y, Hattori S, Taguchi K, Ohishi Y, Basaki Y, Oie S, Suzuki N, Kono S, Tsuneyoshi M, Ono M, Yanagawa T, Kuwano M

  • Favourable prognosis with modified dosing of docetaxel and cisplatin in Japanese patients with ovarian cancer. Anticancer Res, 29: 561-566, 2009

    Aoki D, Watanabe Y, Jobo T, Ushijima K, Hasegawa K, Susumu N, Suzuki N, Aoki R, Isonishi S, Sagae S, Ishizuka B, Kamura T, Udagawa Y, Hoshiai H, Ohashi Y, Ochiai K, Noda K

著書

  • 【共著】Precision Medicine in Gynecology and Obstetrics, Springer, 2017

  • 【共著】分子腫瘍マーカー診療ガイドライン,金原出版,2016

  • 【監訳】遺伝性婦人科癌-リスク・予防・マネジメント,医学書院,2011

  • 【編著者】子宮がん・卵巣がん全書:1-775,法研,東京,2005

その他

  • 【受賞】慶應義塾大学医学部三四会三四会奨励賞,1989年

  • 【受賞】日本臨床電子顕微鏡学会奨励賞,2002年

  • 【受賞】第5回神澤医学賞,2003年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。