新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

鹿児島市立病院  病院長

日本内科学会 認定内科医・内科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医

坪内 博仁 つぼうち ひろひと 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 肝臓病

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・内科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医
  • 鹿児島市立病院  病院長
  • 日本内科学会 功労会員
  • 日本消化器病学会 功労会員
  • 日本肝臓学会 名誉会員
  • 独立行政法人科学技術振興機構地域イノベーション創出事業宮崎県地域結集型共同研究事業「食の機能を中心としたがん予防基盤技術創出」 研究リーダー(2003年―2007年)
  • 独立行政法人科学技術振興機構重点地域研究開発推進プログラム「発症危険度判別によるATL発症リスク診断システムの開発」 プロジェクトリーダー(2008年―2010年)
  • 厚生労働省肝炎治療戦略会議 メンバー
  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構  専門委員

所属病院

鹿児島市立病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 膠原病内科 脳神経内科 病理診断科
  • 鹿児島県鹿児島市上荒田町37-1
  • 鹿児島市電2系統「市立病院前駅」 徒歩1分
  • 099-230-7000
鹿児島市立病院

医療記事

来歴等

略歴

1972年 鹿児島大学医学部卒業
1991年 鹿児島大学医学部第二内科 講師
1992年 宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)内科学第二講座 教授
2002年 京都大学大学院医学研究科 先端・国際医学講座客員教授 / 特任教授(併任)(“HGF肝再生医療プロジェクト”リーダー 〜2009年6月)
2005年 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器疾患・生活習慣病学 教授
2011年 鹿児島大学医歯学総合研究科長(併任)
2013年 鹿児島大学大学院医歯学総合研究HGF組織修復・再生医療学講座 特任教授
     鹿児島大学名誉教授
2013年 鹿児島市病院事業管理者・鹿児島市立病院長 

論文

① Nakayama H, Tsubouchi H, Gohda E, et al. Stimulation of DNA synthesis in adult rat hepatocytes in primary culture by sera from patients with fulminant hepatic failure. Biomedical Res. 1985; 6(4): 231-237
② Gohda E, Tsubouchi H, Nakayama H, et al. Purification and Partial Characterization of Hepatocyte Growth Factor from Plasma of a Patient with Fulminant Hepatic Failure. J.Clin.Invest. 1988; 81: 414-419
③ Miyazawa K, Tsubouchi H, Naka D, et al. Molecular Cloning and sequence analysis of cDNA for human hepatocyte growth factor. Biochemical and Biophysical research communications. 1989; 163(2): 967-973
④ Tsubouchi H, Hirono S, Gohda E, et al. Clinical significance of human hepatocyte growth factor in blood from patients with fulminant hepatic failure. Hepatology. 1989; 9(6): 875-881
⑤ Tsubouchi H, Niitani Y, Hirono S, et al. Levels of the human hepatocyte growth factor in serum of patients with various liver diseases determined by an enzyme-linked immunosorbent assay. Hepatology. 1991; 13(1): 1-5
⑥ Tsubouchi H, Hirono S, Gohda E, et al. Prediction of outcome in fulminant hepatic failure by serum human hepatocyte growth factor. Lancet. 1992; 340(8814): 307-307
⑦ Ido A, Moriuchi A, Numata M, et al. Safety and pharmacokinetics of recombinant human hepatocyte growth factor(rh-HGF) in patients with fulminant hepatitis: a phase I/II clinical trial, following preclinical studies to ensure safety. Journal of translational medicine. 2011; 9(55)
⑧ 坪内博仁. HGFの発見と臨床応用への展開. 日本消化器病学会誌. 2013; 110: 2033-2041

著書

①「肝臓病学 Basic Science」、戸田剛太郎、織田正也、清澤研道、坪内博仁、中沼安二 編、医学書院、1998年(第一版)第一刷
②「標準消化器病学」、林紀夫、日比紀文、坪内博仁 編、医学書院、2003年(第一版) 第一刷
③「肝臓病学」、井廻道夫、熊田博光、坪内博仁、林紀夫 編、朝倉書店、2006年(第一版)第一刷
④「消化器研修ノート」、永井良三、白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文、診断と治療社、2009年(第一版)第一刷
⑤ 厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班編 劇症肝炎の診察ガイド  研究代表者 坪内博仁、2010年(第一版)第一刷

その他

  • 【受賞】1988年 第1回日本内科学会奨励賞

  • 【受賞】1990年 日本肝臓学会研究奨励賞受賞

  • 【受賞】2002年 第6回日本肝臓学会織田賞

  • 【受賞】2002年 第37回宮崎日日新聞賞(科学賞)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。