新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

メディカルトピア草加病院 院長/外科顧問、上尾中央総合医科グループ 内視鏡外科アカデミー代表

日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医 日本外科学会 外科専門医

金平 永二 かねひら えいじ 先生

1991年にドイツで内視鏡外科を開始して以来、内視鏡外科に特化した活動を続けている。胃,大腸,胆のう・膵,脾など消化器の内視鏡外科手術を幅広く実践する一方で、内視鏡外科の普及活動を展開している.手術手技では特に、直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)を日本に導入し、同手術の技術では世界トップクラスのエキスパートを自負.フリーの時代に全国津々浦々から依頼され60か所以上の病院で内視鏡外科手術を施行した.海外でもシンガポール,ニュージーランド,香港,韓国,台湾, マレーシア,中国で依頼手術を行った.国内外で内視鏡外科トレーニングコースを多数開催している. 手術器具の開発も積極的に行い、現在までに7つの器具市販を実現した。英文国際医学雑誌 Minimally Invasive Therapy & Allied Technologiesの Editor in Chief (編集長) を務める

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 胆のう、胃、大腸、膵、脾など幅広い消化器疾患の内視鏡外科手術

資格・学会・役職

日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医
日本外科学会 外科専門医
  • メディカルトピア草加病院 院長/外科顧問
  • 上尾中央総合医科グループ 内視鏡外科アカデミー代表
  • International Society for medical innovation & technologies 評議員/編集長
  • European Society of Endoscopic Surgery 会員

所属病院

メディカルトピア草加病院

  • 内科 外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 リハビリテーション科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科
  • 埼玉県草加市谷塚1丁目11-18
  • 東武伊勢崎線「谷塚駅」 東口 徒歩2分
  • 048-928-3111
メディカルトピア草加病院

医療記事

来歴等

略歴

1960年 京都府生まれ
1978年 福井県立藤島高等学校卒業
1985年 金沢大学医学部卒業. 医師国家試験合格 金沢大学医学部第1外科入局
1991-1992  ドイツTuebingen大学留学  内視鏡手術の臨床 
1992-2002  金沢大学医学部付属病院心肺総合外科 助手→講師
2002-2005  フリーの外科医   ウェブ上にバーチャル内視鏡外科研究所 ELKを開設
2005-2008  四谷メディカルキューブ きずの小さな手術センター長 
2008年 上尾中央総合病院 外科診療顧問,AMG内視鏡外科アカデミー代表
2012年 メディカルトピア草加病院 院長, 外科顧問

論文

①Kanehira E, Kanehira AK, Tanida T, Takahashi K, Sasaki K. Percutaneous endoscopic intragastric surgery: an organ preserving approach to submucosal tumors at esophagogastric junction. Transl Gastroenterol Hepatol. 2:48, 2017
②Kanehira E, Tanida T, Kamei A, Takahashi K. Minimally Invasive, Organ-preserving Surgery for Large Submucosal Tumors in the Abdominal Esophagus. Surg Laparosc Endosc Percutan Tech. 27:189-193. 2017
③Kanehira E, Tanida T, Kamei A, Nakagi M, Yoshida T, Touma S. Needlescopic intragastric surgery facilitated by newly developed 2mm instruments. Minim Invasive Ther Allied Technol. 25:210-4. 2016
④Kanehira E, Kamei A, Umezawa A, Kurita A, Tanida T, Nakagi M. Long-term outcomes of percutaneous endoscopic intragastric surgery in the treatment of gastrointestinal stromal tumors at the esophagogastric junction. Surg Endosc. 30 :2036-42. 2016
⑤Kanehira E, Tanida T, Kamei A, Nakagi M, Iwasaki M, Shimizu H. Transanal endoscopic microsurgery for surgical repair of rectovesical fistula following radical prostatectomy. Surg Endosc. 29:851-5. 2015
⑥Kanehira E, Tanida T, Kamei A, Nakagi M, Hideshima A. A single surgeon's experience with transanal endoscopic microsurgery over 20 years with 153 early cancer cases. Minim Invasive Ther Allied Technol. 23:5-9. 2014
⑦Kanehira E, Siozawa K, Kamei A, Tanida T. Development of a novel multichannel port (x-Gate(®)) for reduced port surgery and its initial clinical results. Minim Invasive Ther Allied Technol. 21:26-30. 2012
⑧Kanehira E. Who assesses your surgical skill? How?
Minim Invasive Ther Allied Technol. 19:1. 2010 (Editorial)

著書

連続縫合(P48~51)ワーキングスペースが狭い状況での縫合・結紮(P103~107)内視鏡下縫合・結紮手技トレーニング, 南江堂,2016

その他

  • 【受賞】 大上賞 2011年日本内視鏡外科学会

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。