新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山ろうさい病院 病院長、岡山大学 名誉教授

日本外科学会 指導医・外科専門医 日本胸部外科学会 指導医 日本呼吸器外科学会 指導医・呼吸器外科専門医 日本呼吸器学会 呼吸器指導医・呼吸器専門医

三好 新一郎 みよし しんいちろう 先生

1981年より呼吸器外科医師としてのキャリアをはじめる。肺癌の外科治療、肺移植を専門とし、2000年に大阪大学において本邦初の脳死肺移植を執刀。2001年獨協医科大学教授に就任。2009年には関東甲信越で初めての脳死肺移植を実施。同年岡山大学教授に就任。2016年、第69回日本胸部外科学会定期学術集会を主宰。2017年岡山大学を定年退職し、岡山ろうさい病院院長に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 呼吸器外科全般
  • 肺移植

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器外科学会 指導医・呼吸器外科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器指導医・呼吸器専門医
  • 岡山ろうさい病院 病院長
  • 岡山大学 名誉教授
  • 医学博士(大阪大学) 取得
  • 日本外科学会 評議員
  • 日本呼吸器外科学会 理事
  • 日本胸部外科学会 理事/副理事長
  • 日本呼吸器学会 評議員/監事
  • 日本肺癌学会 理事
  • 日本移植学会 評議員
  • 日本呼吸器内視鏡学会 評議員
  • 日本気胸嚢胞性肺疾患学会 理事
  • 国際心臓胸部外科学会 理事
  • American Association for Thoracic Surgery Member
  • European Association for Cardio-Thoracic Surgery Member
  • International Association for the Study of Lung Cancer 会員
  • International Society for Heart and Lung Transplantation 会員
  • 臓器移植合同委員会 委員
  • 臓器移植関連学会協議会 委員
  • 日本肺移植関連学会協議会 委員

所属病院

岡山労災病院

  • 内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 病理診断科
  • 岡山県岡山市南区築港緑町1丁目10-25
  • JR山陽本線(姫路~岡山)「岡山駅」 岡電バス 岡山ろうさい病院行き終点下車  両備バス 上山坂経由宇野、鉾立行き 築港新町下車 徒歩15分 バス
  • 086-262-0131
岡山労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1977年 大阪大学医学部卒業
1986年 大阪大学医学部第一外科 助手
1987年 トロント大学 胸部外科 研究員  
1988年 ワシントン大学 胸部外科 研究員
1991年 大阪大学医学部 講師       
1991年 和歌山県立医科大学 助教授
1997年 大阪大学 助教授 
2001年 獨協医科大学 教授(胸部外科)
2009年 岡山大学 教授
2017年 岡山大学 退職
2017年 岡山ろうさい病院 病院長
     岡山労災看護専門学校校長兼務

論文

1. Miyoshi S, Nakahara K, Monden Y, and Kawashima Y. Effect of lung
resection on blood lactate threshold in lung cancer patients.
Eur J Appl Physiol 57:388-393,1988
2. Miyoshi S, Trulock EP, Schaefers H-J, Hsieh C-M, Patterson GA,
Cooper JD. Cardiopulmonary Exercise Testing After Single and Double
Lung Transplantation. Chest 97:1130-1136,1990
3. Miyoshi S, Schaefers H-J, Trulock EP, Yamazaki F, Schreinemakers H,
Patterson GA, Cooper JD. Donor Selection for Single and Double Lung
Transplantation: Chest Size Matching and Other Factors Influencing
Posttransplantation Vital Capacity. Chest 98:308-313,1990
4. Miyoshi S, Shimokawa S, Schreinemakers H, Date H, Weder W, Harper
B, Cooper JD Comparison of the University of Wisconsin Preservation
Solution and Other Crystalloid Perfusates Using A 30 Hour Rabbit Lung
Preservation Model. J Thorac Cardiovasc Surg 103:27-32,1992
5. Yoshimasu T, Miyoshi S, Maebeya S, Hirai I, Naito Y. Evaluation of
Effect of Lung Resection on Lobar Ventilation and Perfusion Using
Intrabronchial Capnography. Chest 109:25-30,1996
6. Yoshimasu, T, Miyoshi S, Maebeya S, Suzuma T, Bessho T, Hirai I,
Tanino H, Arimoto J, Naito Y. Analysis of the Early Postoperative
Serum Carcinoembryonic Antigen Time-Course as a Prognostic Tool for
Bronchogenic Carcinoma. Cancer 79:1533-40,1997
7.Okumura M, Miyoshi S, Takeuchi Y, Yoon H-E, Minami m, Takeda S, Fujii
Y, Nakahara K, Matsuda H. Results of Surgical Treatment of Thymomas
with Special Reference to the Involved Organs. J Thorac Cardiovasc Surg
117: 605-613,1999.
8. Miyoshi S, Yoshimasu T, Hirai T, Hirai I, Maebeya S, Bessho T, Naito Y. Exercise capacity of thoracotomy patients in the early postoperative period. Chest 118:384-390,2000
9. Miyoshi S: Intraoperative Nodal Staging: Role of Sentine Node Technology.
Lung Cancer, Part II: Surgery and Adjuvant Therapies. Clinics Review Articles,
357-368, 2013
10. Miyoshi S,Shien K,Toyooka S,Miyoshi K,Yamamoto H,Sugimoto S,Soh J,
Hamama M,Yamane M,Oto T:Validity of using lobe-specific regional lymph node
stations to assist navigation during lymph node dissection in early stage non-small
cell lung cancer patients.Surg Today 44:2028-2036,2014

著書

新臨床外科学 第4版.医学書院2006. 9.呼吸器「気管」PP.849-864,
呼吸器専門医テキスト.南江堂,東京、2007. 横隔膜疾患.PP.664-673
呼吸器外科学 南山堂 改訂4版 2009  2. 臨床肺移植PP.127-141
Operative Thoracic Surgery.Hodder Arnold, London ,2006 4.Anterior mediastinal lesions.PP.43-51 5th Edition.

その他

  • 【受賞】 小澤賞(大阪大学第一外科)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師