新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

島根大学 理事/医療・附属病院担当 副学長、島根大学医学部附属病院 院長

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医 日本癌学会 会員 日本透析医学会 会員

井川 幹夫 いがわ みきお 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 尿路性器がん

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
日本癌学会 会員
日本透析医学会 会員
  • 島根大学 理事/医療・附属病院担当 副学長
  • 島根大学医学部附属病院 院長
  • 医学博士 取得
  • 日本癌治療学会 暫定教育医
  • 国際泌尿器科学会 会員
  • 米国泌尿器科学会 会員
  • 日本EE学会 会員

所属病院

島根大学医学部附属病院

  • 内分泌・代謝内科 腫瘍・血液内科 消化器内科 肝臓内科 神経内科 呼吸器・化学療法内科 腎臓内科 循環器内科 皮膚科 形成外科 小児科 消化器外科 小児外科 乳腺・内分泌外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 泌尿器科 産科 婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 放射線科 放射線治療科 麻酔科 救急科 歯科口腔外科 臨床検査科 病理診断科 リハビリテーション科 膠原病内科
  • 島根県出雲市塩冶町89-1
  • JR山陰本線(米子~益田)「出雲市駅」 南口 車5分
  • 0853-23-2111
島根大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1977年 広島大学医学部 卒業
1983年 広島大学医学部附属病院 助手(泌尿器科)
1984年 広島大学医学部 助手(泌尿器科学)
1985年 庄原赤十字病院泌尿器科 部長
1987年 博士(医学)取得 広島大学
1987年 広島大学医学部 助手(泌尿器科学)
1991年 米国シカゴ大学外科学 留学
1992年 広島大学医学部附属病院 助手(泌尿器科)
1993年 広島大学医学部講師(泌尿器科学) 講師
1994年 島根医科大学医学部准教授(泌尿器科学) 助教授
1996年 島根医科大学医学部泌尿器科学 教授
2003年 島根大学医学部泌尿器科学 教授
2005年 島根大学医学部附属病院 副病院長 併任
2012年 島根大学理事、島根大学医学部附属病院長
2015年 島根大学医療・附属病院担当副学長

論文

1.Igawa M, Ohkuchi T, Ueki T, Ueda M, Okada K, Usui T:Usefulness and limitations of methotrexate,vinblastine,doxorubicin and cisplatin for the treatment of advanced urothelial cancer. J Urol.144:662-5,1990
2.Igawa M, Rukstalis DB, Tanabe T, Chodak GW:High levels of nm23 are related to cell proliferation in human prostate cancer. Cancer Res.54:1313-8,1994
3.Igawa M, Tanabe T, Chodak GW, Rukstails DB:N-(4-hydroxyphenyl) retinamide induces cell cycle specific growth inhibition in PC3 cells. Prostate. 24:299-305,1994
4. Igawa M, Urakami S, Shiina H, Ishibe T, Shirane T, Usui T, Chodak GW: Immunohistochemical evaluation of proliferating cell nuclear antigen, prostate-specific antigen and α-1 antichymotrypsin in human prostate cancer. Br J Urol. 77:107-112, 1996
5. Igawa M, Urakami S, Shirakawa H, Shiina H, Ishibe T, Kadena H, Usui T, Kawanishi M: Intravesical instillation of epirubicin: effect on tumour recurrence in patients with dysplastic epithelium after transurethral resection of superficial bladder tumour. Br J Urol. 77:358-62, 1996
6.Shiina H, Igawa M, Urakami S, Shigeno K, Yoneda T, Terashima M, Deguchi M, Ribeiro-Filho L, Dahiya R: Alterations of β-and γ-catenin in N-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitosamine-induced murine bladder cancer. Cancer Res. 61: 7101-9, 2001
7.Adachi H, Igawa M, Shiina H, Urakami S, Shigeno K, Hino O: Human bladder tumors with 2-hit mutations of the tumor suppressor gene TSC1 and decreased expression of p27. J Urol 170: 601-4, 2003
8.Kikuno N, Moriyama-Gonda N, Yoshino T, Yoneda T, Urakami S, Terashima M, Yoshida M, Kishi H, Shigeno K, Shiina H, Igawa M: Blockade of paclitaxel-induced thymidine phosphorylase expression can accelerate apoptosis in human prostate cancer cells. Cancer Res 64: 7526-32, 2004
9.Inoue S, Shiina H, Sumura M, Urakami S, Matsubara A, Igawa M:Impact of a novel,extended approach of perineal prostatectomy on surgical margins in localized prostate cancer. BJU Int.106:44-8, 2010
10.Inoue S, Shiina H, Mitsui Y, Yasumoto H, Matsubara A, Igawa M: Identification of lymphatic pathway involved in the spread of bladder cancer:evidence obtained from fluorescence navigation with intraoperatively injected indocyanine green. Can Urol Assoc J. 10:1-7, 2012

著書

1.中本貴久・井川幹夫:図説 泌尿器科手術書,吉田修,三宅弘治,小柳知彦編:廣済堂,238-239,1992年
2.井川 幹夫:泌尿器の画像診断 (いま必要な疾患の知識と各種画像診断). 杉村和朗, 井川幹夫編: 秀潤社, 90-117,121-144, 2001年
3.井上省吾, 椎名浩昭, 有地直子, 三井要造, 平岡毅郎, 和気功治, 洲村正裕, 本田 聡, 井川幹夫: ICG 蛍光測定法による前立腺癌センチネルリンパ節同定法. ICG 蛍光Navigation Surgery のすべて 草野満夫監修・編集 インターメデイカ, 東京, 156-166, 2008年
4.井川幹夫, 井上省吾, 浦上慎司, 椎名浩昭: 限局性前立腺癌の治療 手術療法1. 開放手術―会陰式. 最新医学別冊前立腺癌 最新医学社 木原和徳編集 105-111, 2007年
5.浦上慎司, 椎名浩昭, 井川幹夫: 新薬の広場 膀胱癌・前立腺癌治療薬. 医薬ジャーナル43 増刊号: 354-367, 2007年

その他

  • 【受賞】西日本泌尿器科学会賞(重松賞)、2001年

  • 【受賞】米国泌尿器科学会 Annual Audio-Visual Award(Second Prize)受賞、2006年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。