社会医療法人平成記念会 平成記念病院 院長

日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科指導医・リハビリテーション科専門医 日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医 日本医師会 認定産業医 日本骨粗鬆症学会 認定医

冨田 恭治 とみた やすはる 先生

1982年奈良県立医科大学整形外科入局、奈良県立三室病院、国家公務員等大手前病院の勤務の後、1989年奈良県立医科大学に戻り肩関節外科のキャリヤを始め、研究分野では肩峰下滑液包が肩関節疼痛や肩関節感覚受容器として極めて重要な役割をしていることを神経組織学的研究によりいち早く発表した。1991年には助手、2001年筆頭講師として医学教育に携わった。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 肩関節外科 
  • リハビリテーション医学

資格・学会・役職

日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科指導医・リハビリテーション科専門医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本医師会 認定産業医
日本骨粗鬆症学会 認定医
  • 社会医療法人平成記念会 平成記念病院 院長
  • 奈良県立医科大学 臨床教授
  • 日本専門医機構 認定整形外科専門医
  • 中部日本整形災害外科学会 功労会員
  • 日本肩関節学会 会員
  • 日本リハビリテーション医学会 終身認定臨床医

所属病院

平成記念病院

  • 内科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科
  • 島根県雲南市三刀屋町三刀屋1294-1
  • 松江自動車道 三刀屋木次IC 車5分 JR木次線 木次 車8分
  • 0854-45-5111
公式ウェブサイト
平成記念病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 奈良県立医科大学医学部医学科 卒業
1991年 奈良県立医科大学整形外科 助手
1998年 奈良県立医科大学 医学博士取得
2001年 奈良県立医科大学 専任講師
2002年 奈良県立医科大学 整形外科医局長
2005年 畿央大学 特任教授(兼任)
2006年 平成記念病院 副院長
2006年 奈良県立医科大学 臨床教授(兼任)
2015年 平成記念病院 院長

論文

Tomita,Y, et al Neurohistology of the subacromial bursa in rotator cuff tear. J Orthop Sci 1997;2:295-300.
冨田恭治 一次修復困難な腱板断裂に対する手術法 整形災害外科 2005;48(2):145-150
冨田恭治 他 整形外科術後感染予防における抗菌薬の選択 整形災害外科 2005;48(9):1069-1072
冨田恭治 肩関節周囲炎のマネジメント Pharma Medica 2007;26(6):151-159
冨田恭治 ロボット推進計画発足の経緯と医療・介護ロボット使用の実際 新医療 2015; 11: 92-94

著書

肩の痛み(共著) 南江堂 1996
New MOOK 整形外科No.10肩の外科(共著) 金原出版 2001
NSAIDの使い方 コツと落とし穴(共著) 中山書店 2006
最新整形外科学体系(共著) 中山書店 2006
上腕骨近位端骨折(共著)金原出版 2010

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。