新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院 サイバーナイフセンター長

日本脳神経外科学会 脳神経外科指導医・脳神経外科専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本医師会 認定産業医

土田 幸広 つちだ ゆきひろ 先生

筑波大学を卒業後、筑波大学附属病院及び関連施設、琉球大学、総合守谷第一病院を経て2012年よりつくばセントラル病院サイバーナイフセンター長。2019年現在、サイバーナイフによる脳腫瘍の治療を中心に行っている。「この患者さんが私自身の家族だったらどうするか」を常に考えながら患者さんに向き合い、患者さんの話にじっくりと耳を傾ける。

基本情報

診療科

  • 脳神経外科

主な領域

  • 土田先生の脳腫瘍に関する得意な領域
    • 定位放射線治療

資格・所属学会

日本脳神経外科学会 脳神経外科指導医・脳神経外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会 認定産業医

役職など

  • 社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院 サイバーナイフセンター長
  • 医学博士 取得

所属病院

つくばセントラル病院

  • 内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 茨城県牛久市柏田町1589-3
  • JR常磐線(取手~いわき)「牛久駅」 東口より病院送迎バス運行あり 車10分
  • 029-872-1771
つくばセントラル病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 筑波大学医学専門学群卒業
1990年 1996年 筑波大学附属病院および関連病院にて研修
1996年 筑波大学大学院医学研究科博士課程入学
1997年 米国ロチェスター大学がんセンター留学
2000年 筑波大学大学院医学研究科博士課程修了 医学博士号取得
2002年 琉球大学医学部脳神経外科 助手
2006年 琉球大学医学部脳神経外科 講師
2010年 総合守谷第一病院脳神経外科 部長
2012年 つくばセントラル病院サイバーナイフセンター長

論文

・Ogawa K, Yoshii Y, Aoki Y, Nagai Y, Tsuchida Y, Toita T, Kakinohana Y, Tamaki W, Iraha S, Adachi G, Hirakawa M, Kamiyama K, Inamine M, Hyodo A, Murayama S(2008) Treatment and Prognosis of Brain Metastases From Gynecological Cancers. Neurol Med Chir (Tokyo) 48:57-63
・Ogawa K, Yoshii Y, Nishimaki T, Tamaki N, Miyaguni T, Tsuchida Y, Kamada Y, Toita T, Kakinohana Y, Tamaki W, Iraha S, Adachi G, Hyodo A, Murayama S(2008) Treatment and prognosis of brain metastases from breast cancer. J Neurooncol 86:231-238
・Yoshii Y, Tominaga D, Sugimoto K, Tsuchida Y, Hyodo A, Yonaha H, Kushi S (2008) Cognitive function of patient with brain tumor in pre- and postoperative stage. Surg Neurol 69:51-61
・Tsuboi K, Moritake T, Tsuchida Y, Tokuue K, Matsumura A, Ando K(2007) Cell Cycle Checkpoint and Apoptosis Induction in Glioblastoma Cells and Fibroblasts Irradiated with Carbon Beam. J. Radiat. Res.48:317-25
・Ogawa K, Yoshii Y, Toita T, Saito A, Kakinohana Y, Iraha S, Sugimoto K, Tsuchida Y, Tamaki W, Adachi G, Hyodo A, Murayama S(2006) Hyperfractionated Radiotherapy and Multi-agent Chemotherapy (Procarbazine, ACNU and Vincristine) for High-grade Gliomas: A prospective Study. Anticancer Research 26:2457-2462
・Inoue K, Takano H, Yamada T, Tsuchida Y, Yoshikawa T (2002) Nasogastric tubes in patients with dysphagia. Lancet 359:81
・Matsui Y, Tsuchida Y, Keng PC (2001) Effects of p53 mutations on cellular sensitivity to ionizing radiation. Am J Clin Oncol 24:486-90.
・Tsuchida Y, Tsuboi K, Ohyama H, Ohno T, Nose T, Ando K (1998) Cell death induced by high-linear-energy transfer carbon beams in human glioblastoma cell lines. Brain Tumor Pathol 15:71-76
・Tsuboi K, Tsuchida Y, Nose T, Ando K (1998) Cytotoxic effect of accelerated carbon beams on glioblastoma cell lines with p53 mutation: clonogenic survival and cell-cycle analysis. Int. J. Radiat. Biol 74:71-79
・Tsuboi K, Tsuchida Y, Endo K, Yoshii Y, Nose T (1997) Isolation of radiosensitive and radioresistant mutants from a medulloblastoma cell line. Brain Tumor Pathol 14:19-25.
・土田幸広 坪井康次 吉井與志彦 柴田靖 山本哲也 能勢忠男 (1995) 悪性神経膠腫再発時における核医学検査の意義 The usefulness and pitfall of Thallium-201 and Technetium-99m methoxy-isobutylisonitrile (MIBI) SPECT at the diagnosis of the recurrence of malignant glioma. Neuro-Oncology 5:89-91
・Tsuchida Y, Tsuboi K, Yanaka K, Nose T (1993) Basal ganglia germinoma with crossed cerebellar diaschisis--case report. Neurol Med Chir (Tokyo) 33:779-82
・Yanaka K, Hyodo A, Tsuchida Y, Yoshii Y, Nose T (1992) Symptomatic cerebral vasospasm after intraventricular hemorrhage from ruptured arteriovenous malformation. Surg Neurol 38:63-7

著書

・吉井與志彦 土田幸広 (2006) 脳腫瘍の再発と脳放射線壊死はどのように鑑別するのか. 脳神経外科 専門医に聞く最新の臨床 p167-171 片山容一・川又達朗編 中外医学社
・吉井與志彦、土田幸広、杉本耕一、兵頭明夫、与那覇博克、久志助光、富永大介:グリオーマの広範囲腫瘍摘出術と神経心理機、「脳腫瘍の外科;脳腫瘍手術の進歩と限界、田淵和雄編」メデイカ出版、大阪、pp39-47,2006
・坪井康次 土田幸広 (2000) 神経膠芽腫の重粒子線感受性. 重粒子線治療の基礎と臨床-21世紀のがん治療 p69-75 辻井博彦編 医療科学社

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。