新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会医療法人宏潤会 大同病院 院長

日本内科学会 認定内科医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医 日本膵臓学会 認定指導医 日本胆道学会 認定指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本消化管学会 胃腸科専門医

野々垣 浩二 ののがき こうじ 先生

1998年名古屋大学医学部卒業。厚生連昭和病院で初期研修後、大垣市民病院、名古屋大学医学部附属病院を経て2009年より大同病院にて勤務、2018年より大同病院病院長。専門領域は膵・胆道内視鏡診断、治療。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 消化器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医
日本膵臓学会 認定指導医
日本胆道学会 認定指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医
  • 社会医療法人宏潤会 大同病院 院長
  • 日本カプセル内視鏡学会 代議員
  • 国際膵臓学会 会員
  • 名古屋大学 医学部臨床教授
  • 日本消化器病学会 東海支部会評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 東海支部会評議員
  • 日本超音波医学会 中部地方会運営委員
  • 日本超音波医学会 代議員

所属病院

大同病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 内視鏡内科 糖尿病内科 内分泌内科 膠原病内科 人工透析内科 脳神経内科 老年内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 愛知県名古屋市南区白水町9
  • 名鉄常滑線「柴田駅」 市バス:柴田本通一丁目下車 徒歩5分、または白水町下車すぐ 徒歩3分
  • 052-611-6261
大同病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 名古屋大学医学部卒業
1998年 厚生連昭和病院勤務
2002年 大垣市民病院勤務
2006年 名古屋大学医学部附属病院勤務
2009年 大同病院勤務
2014年 大同病院 副院長
2018年 大同病院 院長

論文

Nonogaki K, Itoh A, Kawashima H, Ohno E, Ishikawa T, Matsubara H, Itoh Y, Nakamura Y, Nakamura M, Miyahara R, Ohmiya N, Ishigami M, Katano Y, Goto H, Hirooka Y.

A preliminary result of three-dimensional microarray technology to gene analysis with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration specimens and pancreatic juices.
J Exp Clin Cancer Res. 2010 Apr 25;29:36.

Kawashima H, Hashimoto S, Ohno E, Ishikawa T, Morishima T, Matsubara H, Sugimoto H, Nonogaki K, Kanamori A, Hara K, Kuwahara T, Nakamura M, Miyahara R, Ishigami M, Ando M, Hirooka Y; Nagoya Biliary Stent Study (NABIS)-01 Group.

Comparison of 8- and 10-mm diameter fully covered self-expandable metal stents: A multicenter prospective study in patients with distal malignant biliary obstruction.
Dig Endosc. 2019 Feb 3.

Ishikawa T, Kawashima H, Ohno E, Matsubara H, Sasaki Y, Achiwa K, Kanamori A, Sumi H, Hirai T, Nonogaki K, Tsuzuki T, Kuroiwa M, Hattori M, Maruta S, Hiramatsu T, Ando M, Hashimoto S, Hirooka Y.

Randomized Phase II Study of Consecutive-Day versus Alternate-Day Treatment with S-1 as Second-Line Chemotherapy in Advanced Pancreatic Cancer. Oncology. 2019;96(1):1-7.

Ohno E, Hirooka Y, Kawashima H, Ishikawa T, Kanamori A, Ishikawa H, Sasaki Y, Nonogaki K, Hara K, Hashimoto S, Matsubara H, Hirai T, Sumi H, Sugimoto H, Goto H; NSPINAL study group.

Natural history of pancreatic cystic lesions: A multicenter prospective observational study for evaluating the risk of pancreatic cancer.J Gastroenterol Hepatol. 2018 Jan;33(1):320-328.

Hirooka Y, Ishikawa T, Kawashima H, Ohno E, Nonogaki K, Kanamori A, Hirai T, Uchida H, Shirai O, Ishikawa H, Goto H.

Prospective multicenter phase II study of gemcitabine plus cisplatin in patients with unresectable gallbladder cancer. Cancer Chemother Pharmacol. 2017 Jul;80(1):119-125.

Hirooka Y, Itoh A, Kawashima H, Hara K, Nonogaki K, Kasugai T, Ohno E, Ishikawa T, Matsubara H, Ishigami M, Katano Y, Ohmiya N, Niwa Y, Yamamoto K, Kaneko T, Nieda M, Yokokawa K, Goto H.

A combination therapy of gemcitabine with immunotherapy for patients with inoperable locally advanced pancreatic cancer. Pancreas. 2009 Apr;38(3):69-74

Uchida H, Hirooka Y, Itoh A, Kawashima H, Hara K, Nonogaki K, Kasugai T, Ohno E, Ohmiya N, Niwa Y, Katano Y, Ishigami M, Goto H.

Feasibility of tissue elastography using transcutaneous ultrasonography for the diagnosis of pancreatic diseases. Pancreas. 2009 Jan;38(1):17-22.

Nonogaki K, Hirooka Y, Itoh A, Kawashima H, Hara K, Uchida H, Kasugai T, Ohno E, Ohmiya N, Niwa Y, Goto H.
A case of gallbladder adenoma with wide base. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2008 Jan;105(1):74-80.

著書

“見逃してはならない疾患”の除外ポイント、医学書院、2016年
 鑑別診断ネモニクス、メデイカル・サイエンス・インターナショナル、2017年
 消化器薬の選び方・使い方、医学書院、2019年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。