大阪急性期・総合医療センター 顧問

日本内科学会 認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本不整脈心電学会 不整脈専門医

福並 正剛 ふくなみ まさたけ 先生

1975年より循環器病学の臨床を極めつつ、理論心電図学、心力学の基礎研究に従事。
1979年高血圧の疫学研究、1983年より虚血性心疾患基礎研究に従事。帰国後は、循環器領域の各分野で、臨床研究を推進させた。とりわけ、心不全のβブロッカー療法は1985年、日本で最初に始め、心房細動患者における心房遅延電位の検出法で最初に報告した。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 心臓内科 
  • 理論心電図学
  • 臨床不整脈
  • 心力学
  • その他循環器全般

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本不整脈心電学会 不整脈専門医
  • 大阪急性期・総合医療センター 顧問
  • 日本内科学会 近畿地方会評議員
  • 日本循環器学会 近畿 地方会評議員
  • 日本心臓病学会 評議員
  • 日本心不全学会 評議員
  • 日本不整脈心電学会 評議員
  • 日本高血圧学会 指導医

所属病院

大阪急性期・総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 大阪府大阪市住吉区万代東3丁目1-56
  • 阪和線(天王寺~和歌山) 長居 大阪メトロ御堂筋線も乗り入れあり 徒歩18分 阪堺電軌上町線 帝塚山四丁目 徒歩10分 阪和線(天王寺~和歌山) 長居 地下鉄長居駅(大阪メトロ御堂筋線)より徒歩20分 徒歩18分 大阪メトロ谷町線 天王寺 1番出口 徒歩18分
  • 06-6692-1201
公式ウェブサイト
大阪急性期・総合医療センター

来歴等

略歴

1974年 大阪大学医学部卒業
1975年 桜橋渡辺病院循環器内科に勤務。虚血性心疾患の臨床研究に従事
1976年 大阪大学医学部第一内科に勤務。理論心電学、心力学の基礎的研究に従事
1979年 大阪府立成人病センターに勤務。動脈硬化性循環器病の疫学的研究に従事
1983年 英国セント・トーマス病院に勤務。虚血心筋代謝の基礎的研究に従事
1984年 大阪府立病院(現大阪府立急性期・総合医療センター)心疾患専門診療科(現心臓血管センター)に勤務。主に心不全(βブロッカー療法)、不整脈(心房細動)の臨床研究
に従事
1999年 大阪府立病院臨床検査科部長に就任(総合診断外来部門長兼任)
2002年 大阪府立病院心臓内科部長(平成18年度より主任部長)に就任
2007年 大阪府立急性期・総合医療センター 医務局長及び心臓血管センター長に就任
2011年 大阪府立急性期・総合医療センター 副院長に就任
2016年 大阪府立急性期・総合医療センター 病院長に就任
2019年 大阪府立急性期・総合医療センター 顧問に就任

論文

1. Inoue M, Hori M, Fukunami M, Fukushima M, Tada M, Abe H, Minamino T, Fukui S. Evaluation of praecodial ST segment mapping as an index of infarct size in patients with acute myocardial infarction. Br Heart J 1979; 42: 726-733
2. Fukunami M, Hearse DJ.Temparature-dependency of nifedipine as a protective agent during cardioplegia in the rat. Cardiovasc Res 1985; 19: 95-103
3. Fukunami M, Yellon DM, Kudoh Y, Maxwell MP, Wyse RK, Hearse DJ.Spatial and
temporal characteristics of the transmural distribution of collateral flow and energy
metabolism during regional myocardial ischemia in the dog. Can J Cardiol
1987;3:94-103
4. Fukunami M, Hearse DJ.The inotropic consequences of cooling: studies in the isolated rat heart. Heart Vessels 1989;5:1-9
5. Fukunami M, Hashimura K, Ohmori M, Ikeda T, Umemoto K, Kumagai K, Sakai A, Yamada Y, Kondoh N, Minamino T, et al.Effectiveness of long-term beta-blocker therapy for dilated cardiomyopathy-echocardiographical follow-up. Cardiovasc Drug Ther 1991; 5: 463-470
6. Fukunami M, Yamada T, Ohmori M, Kumagai K, Umemoto K, Sakai A, Kondoh N, Minamino T, Hoki N.Detection of patients at risk for paroxysmal atrial fibrillation during sinus rhythm by P wave–triggered signal-averaged electrocardiogram. Circulation 1991; 83: 162-169
7. Fukunami M, Yamada T, Ohmori M, Kumagai K, Umemoto K, Sakai A, Kondoh N, Minamino T, Hoki N. Letters to the Editors, Circulation 1991; 84;2606-2607
8. Fukunami M.Signal-averaged ECG for diagnosing paroxysmal atrial fibrillation. Prim Cardiol 1992; 18: 30-35
9. Fukunami M, Matsuzaki M, Hori M, Izumi T.Efficacy and safety of tolvaptan in
heart failure patients with sustained volume overload despite the standard treatment
with conventional diuretics: a phase III, open-label study. Cardiovasc Drugs Ther
2011; 25(Suppl 1):S47-56
10. Fukunami M.Editorial; Transient atrial fibrillation during acute myocardial
infarction is a predictor of poor outcomes. Circulation J 2016;80:1534-1536

著書

1. Fukunami M, Yamada T, Sakai A, Yamada M, Ohmori M, Hashimura K, Kumagai K, Umemoto K,Ikeda S, Hoki N.Prediction of effectiveness of antiarrhythmic drugs(class IA, IB) by the coupling interval of ventricularpremature beats. pp111-115 in “Electrocardiography 1988” published by Elsevier SciencePublishers,1989
2. Fukunami M, Yamada T, Hoki N.The signal ageraged ECG in the detection of sinus atrial abnormalities. Pp251-265 in “Signal averaged electrocardiography” Kluwer Aca Pub 1994
3. Fukunami M, Hoki N.Chronic β-blocker therapy in patients with dilated cardiomyopathy. pp355-373 in “Cardiac Adaptation and Failure” Springer-Verlag 1994
4. Fukunami M, Yamada T, Hoki N.Surface sinus node potentials by SAE. Pp225-235
in “Advances in body surface mapping and highresolution ECG” Life Medicom Co.Ltd.
1995
5. Fukunami M, Abe Y, Yamada T, Hoki N.Predicting the transition to chronic atrial fibrillation. Cardiology Review 1999; 16: 9-11

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。