ふせいみゃく

不整脈

心臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

不整脈とは、心臓の脈拍が正常とは異なるタイミングで起きるようになった状態のことです。不整脈には、脈が速くなる「頻脈」、脈が遅くなる「徐脈」、予定されていないタイミングで脈が生じる「期外収縮」があります。

不整脈の緊急度や治療方法は千差万別です。健康な人にも生じる不整脈では健康被害はなく、放置しても問題ありません。一方、命にかかわる不整脈も存在し、この場合は積極的な治療介入が必要とされることがあります。

原因

心臓は、心筋細胞における電気信号をもとにして、規則正しさが保たれています。心臓は右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれており、右心房に存在する洞結節が電気信号の基点となる部位となります。洞結節から発せられた電気信号は、右心房から左心房、両心室へと順次伝わります。この順序だった電気活動が乱れたり、遅くなったり、速くなったりすると、不整脈が発生します。

また、虚血性心疾患や心臓弁膜症などを原因として電気伝導路に異常が生じると、治療が必要な「心房細動」や「心室細動」などの不整脈を呈することがあります。その他、先天的な遺伝子異常、電解質異常、薬剤の副作用などにより「QT延長症候群」という状態を起こすがあります。QT延長症候群の状況下では、「トルサード・ド・ポワンツ」と呼ばれる危険な不整脈を呈することもあります。

症状

不整脈と一言でいっても重篤度は異なります。少し脈が飛ぶ程度のものがある一方、突然死を起こすものもあります。不整脈のなかでも最も多いのは、予定されていないタイミングで脈が生じる「期外収縮」です。期外収縮は、発生しても自覚症状が現れないことがあります。また、危険性のない不整脈です。

「頻脈」や「徐脈」にはさらに細かな分類があり、原因もさまざまです。たとえば、スポーツ選手は通常よりも心拍数が遅くなることがありますが、これは病的なものではありません。重篤なものとしては、頻脈性不整脈では「心室細動」「持続性心室頻拍」「トルサード・ド・ポワンツ」などがあります。徐脈性不整脈では「完全房室ブロック」「洞不全症候群」などがあります。

このような危険な不整脈では、脳への血流が不十分となり、失神やふらつきを起こすことがあります。また、心臓が十分量の血液を全身へと供給できなくなった結果、息切れや呼吸困難などの心不全症状を呈することもあります。さらに、心房細動では、心房内に血栓を形成することがあります。心房内の血栓は血流に乗って全身へ飛ばされる恐れがあるため、脳梗塞の発症リスクも上昇します。

検査・診断

不整脈の診断では、心電図を用いて心臓の電気活動を確認します。なお、心電図検査を行っているときに電気活動の異常をキャッチできるとは限らないため、ホルター心電図や運動負荷心電図などを実施することもあります。また、原因や合併症などを調べるためには、心臓エコー(弁膜症の評価や心房内血栓評価など)、血液検査(マグネシウム、甲状腺ホルモンなど)、胸部単純レントゲン写真などが行われます。

治療

不整脈の治療は、その不整脈のタイプによって大きく異なります。治療介入が必要かどうかは、心室細動などの重篤な不整脈であるか、心房内血栓や弁膜症などの重篤な基礎疾患を有しているか、失神などの自覚症状を伴っていないかなどのことを考慮して決定されます。不整脈そのものに対する治療方法には、ペースメーカー、抗不整脈薬、カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)、植え込み型除細動器などが挙げられます。

ペースメーカーは、一定レベルの心拍を保つことを目的として使用されます。たとえば、洞不全症候群における失神対策として使用されます。カテーテルアブレーションは、異常な電気回路を断つことを目的として行われます。正常とは異なる電気回路が心臓内に存在している場合も、不整脈の原因となるためです。植え込み型除細動器は、突発的な心室細動(心臓がけいれんして細かく震えた状態となり全身への血液の流れが途絶する)などが起きた際にも対応できるように入れられます。