S414x320 9ccdc642 a3d2 4727 898e 25f20e36e481

タイアップ

公開日 : 2017 年 04 月 17 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

突然死の可能性もある致死性不整脈の種類と原因

旭川医科大学 保健管理センター 教授
川村 祐一郎先生

致死性不整脈とは、治療に緊急を要する危険な不整脈を指します。中でも、脈が異常に速くなる頻脈性不整脈の1つである心室細動になる方が多いと言われています。心室細動は突然起こり、死に至ることもある危険な不整脈です。そもそもこのような不整脈はなぜ起こり、私たちが予防のためにできることはあるのでしょうか。旭川医科大学の教授である川村 祐一郎先生は、長年、致死性不整脈の研究と治療に取り組んでいらっしゃいます。今回は、同大学の川村 祐一郎先生に、致死性不整脈の種類から症状や原因までお話いただきました。

不整脈の病態

不整脈とは、脈の乱れのことです。正常な脈である整脈は1分間にだいたい50から100拍の間であると言われており、脈拍の間隔が一定であることが特徴です。また、心臓には心房と心室という部屋がありますが、整脈では、心房が先に収縮し心室にそれが伝わるという仕組みになっています。これら整脈の特徴に当てはまらない脈のことを、一般的に不整脈と呼びます。

心臓

不整脈の自覚症状として最も典型的なものは、動悸です。ほかにも、身体が浮いた感覚であるとか、失神に近い症状を起こす方もいます。

致死性不整脈の種類-頻脈性不整脈・徐脈性不整脈とは

このような不整脈のうち、死に至る可能性のある危険な不整脈を致死性不整脈と呼びます。致死性不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈がありますが、このうち頻脈性不整脈の方がより重症といえます。

頻脈性不整脈と徐脈性不整脈の違い

頻脈性不整脈とは、正常な脈拍が1分間50〜100であるのに対し、250〜300近くなるほど脈が速くなる不整脈をいいます。このうち最も重症なのが心室細動(しんしつさいどう)です。心室細動になると、心臓の心室が1分間に300回以上不規則に痙攣し、正常の脈拍に戻す処置をしない限り、死に至ります。

一方、徐脈性不整脈は、頻脈性不整脈とは逆に脈が遅くなる不整脈のことです。この徐脈性不整脈の主たる症状は失神であり、死に至る例は少ないです。徐脈性不整脈では、心房から心室への伝わりが途中で切れてしまったり、通常1分間に60ほどの脈拍が30ほどになったり、数秒間心拍が止まったりするため失神に至ります。

不整脈のページへ

関連記事