Medical Noteとは

突然死の可能性もある致死性不整脈の種類と原因

  • #不整脈
  • #心臓・血管の病気
  • タイアップ
  • 公開日:2017/04/17
  • 更新日:2017/04/17
突然死の可能性もある致死性不整脈の種類と原因

致死性不整脈とは、治療に緊急を要する危険な不整脈を指します。中でも、脈が異常に速くなる頻脈性不整脈の1つである心室細動になる方が多いと言われています。心室細動は突然起こり、死に至ることもある危険な不整脈です。そもそもこのような不整脈はなぜ起こり、私たちが予防のためにできることはあるのでしょうか。旭川医科大学の教授である川村 祐一郎先生は、長年、致死性不整脈の研究と治療に取り組んでいらっしゃいます。今回は、同大学の川村 祐一郎先生に、致死性不整脈の種類から症状や原因までお話いただきました。

不整脈の病態

不整脈とは、脈の乱れのことです。正常な脈である整脈は1分間にだいたい50から100拍の間であると言われており、脈拍の間隔が一定であることが特徴です。また、心臓には心房と心室という部屋がありますが、整脈では、心房が先に収縮し心室にそれが伝わるという仕組みになっています。これら整脈の特徴に当てはまらない脈のことを、一般的に不整脈と呼びます。

心臓

不整脈の自覚症状として最も典型的なものは、動悸です。ほかにも、身体が浮いた感覚であるとか、失神に近い症状を起こす方もいます。

致死性不整脈の種類-頻脈性不整脈・徐脈性不整脈とは

このような不整脈のうち、死に至る可能性のある危険な不整脈を致死性不整脈と呼びます。致死性不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈がありますが、このうち頻脈性不整脈の方がより重症といえます。

頻脈性不整脈と徐脈性不整脈の違い

頻脈性不整脈とは、正常な脈拍が1分間50〜100であるのに対し、250〜300近くなるほど脈が速くなる不整脈をいいます。このうち最も重症なのが心室細動(しんしつさいどう)です。心室細動になると、心臓の心室が1分間に300回以上不規則に痙攣し、正常の脈拍に戻す処置をしない限り、死に至ります。

一方、徐脈性不整脈は、頻脈性不整脈とは逆に脈が遅くなる不整脈のことです。この徐脈性不整脈の主たる症状は失神であり、死に至る例は少ないです。徐脈性不整脈では、心房から心室への伝わりが途中で切れてしまったり、通常1分間に60ほどの脈拍が30ほどになったり、数秒間心拍が止まったりするため失神に至ります。

特になりやすい頻脈性不整脈-代表的な心室細動とは

救急車

お話したような頻脈性不整脈の中でも、最も重症なのが、先ほどお話した心室細動です。この心室細動になる方は、心臓突然死の患者さんの8〜9割にまで及びます。現状、日本では年に約5万人が突然死していると言われていますが、その中の約8割は心室細動によって亡くなっていると言われています。心室細動の典型的な例としては、路上で突然倒れた状態で発見され、救急車で救命を受けるようなことをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

心室細動の一歩手前のトルサード・ド・ポワンツ

心室細動まで至らない頻脈性不整脈に、トルサード・ド・ポワンツがあります。トルサード・ド・ポワンツは、一過性心室細動とも呼ばれ、心室細動の一歩手前の状態を指します。心室細動が死に至ることが多いのに対し、このトルサード・ド・ポワンツになると一瞬気を失うことがあっても自ら意識を取り戻す場合も少なくありません。ですが、そのまま心室細動に移り、亡くなることもあるので処置には注意が必要です。

心室細動とトルサード・ド・ポワンツの違い

心室細動とトルサード・ド・ポワンツは非常に似ています。発作を起こしているときの心電図を見ても明確な区別は難しいほどです。しかし、トルサード・ド・ポワンツはQT延長症候群(心電図上でQ波の開始からT波が終わるまでの時間が延びる疾患)を基盤に起こるのに対し、心室細動は必ずしもそうとは限りません。

トルサード・ド・ポワンツの心電図の様子
トルサード・ド・ポワンツの心電図の例(画像:川村 祐一郎先生ご提供)

また、患者さんにとっての大きな違いは、先ほどお話した通り、心室細動では自ら意識が戻ることは極めて稀であるのに対し、トルサード・ド・ポワンツが自分で意識が戻ることがある点です。

心室細動の原因となる病気

40歳以上であれば急性心筋梗塞

心室細動の原因は、40歳以上の中年以上の方であれば急性心筋梗塞が最も多いでしょう。心筋梗塞では、心臓を養う血管が詰まるために心筋の一部が壊死(えし)し、心機能が低下します。それと同時に、壊死した心筋の周囲で不整脈が起こりやすくなります。心室細動が起こりやすいのは、心筋梗塞が発症した直後の数日間と数週間以上経過した慢性期であると言われています。心筋梗塞は、肥満、糖尿病、高血圧といったいわゆる生活習慣病の方が特になりやすいため、40歳以上の方は注意が必要です。

苦しそうに胸を押さえる患者さん

40歳未満であれば肥大型心筋症やブルガタ症候群

一方、40歳未満の方の心室細動の原因では、肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)が最も多いと言われています。肥大型心筋症は、心臓の左室心筋の異常な肥大に伴って生じ、左室の拡張機能(左房から左室へ血液を受け入れる働き)に障害が出る疾患です。

次に原因として多いのは、ブルガタ症候群と呼ばれる疾患です。これは、20〜40歳のアジア人の男性に特に多い遺伝性の疾患であり、心電図で特徴的な波形をしている点が特徴です。ブルガタ症候群の中で、心室細動になる方はおよそ1000人に1人くらいと言われていますが、心室細動の発作は突然起こるので注意が必要でしょう。

ブルガタ症候群の心電図の様子
ブルガタ症候群の心電図の例(画像:川村 祐一郎先生ご提供)

トルサード・ド・ポワンツの原因

トルサード・ド・ポワンツの場合は、お話したようなQT延長症候群が原因になります。このQT延長症候群は、2・3割は遺伝の要素がありますが、それ以外は主に低マグネシウムや低カリウムなどの電解質異常、薬の飲み合わせによって起こります。低マグネシウムや低カリウムの状態は、下痢や激しい運動により脱水症状を起こしたときに生じると言われています。

頻脈性不正脈の予防のためにできること

心筋梗塞にならないよう生活習慣を改める

致死性不整脈の中でも特に危険性の高い心室細動の予防のためには、最も多い原因である心筋梗塞にならないよう注意することが大切です。先にも述べたように心筋梗塞は生活習慣病の方が特になりやすいと言われているため、肥満の方は体重を減らす努力をすることやコレステロールが高い方は脂っぽい食事を避けることが有効であるでしょう。自分で予防することに限界があるなら医師の診断を受け、薬による治療を受けることもお勧めです。そうして心筋梗塞にならないように注意することで、致死性不整脈になる危険性は減ると思います。

体重計

ブルガタ症候群の方は温度と薬に注意する

心室細動の原因になり得るブルガタ症候群の方は、何も前兆がなく突然、心室細動を起こします。そのため、予防が難しいという面もありますが、温度の大幅な変化に弱いという特徴があります。たとえば、寒い部屋から突然熱い風呂に入ることは危険であるため注意が必要でしょう。また、薬剤も大きく影響することがあると言われており、服薬に関しては医師の指導を守ることが大切になります。

 

川村 祐一郎

川村 祐一郎先生

旭川医科大学 保健管理センター 教授

1981年旭川医科大学卒業。2年間の一般内科初期研修の後、1983年より循環器内科専攻。1987年より不整脈を専攻し、1991年には学位(医学博士)を取得。1991~1993年には、カナダ・モントリオール大学へ留学し、実験的および臨床的不整脈学の研鑽を積む。帰国後、カテーテルアブレーションをはじめとする不整脈の非薬物療法を旭川医科大学にてスタートさせ、現在に至る。2009年旭川医科大学教授に就任。

関連する記事