Img searchbox
膵臓

糖尿病

目次

糖尿病とは

糖尿病とは血液中のブドウ糖(血糖)が増えすぎる、すなわち血糖値が高くなってしまう病気です。
糖尿病に大きく関係するホルモンが、インスリンです。インスリンは、ブドウ糖を血液中から細胞の中に取り込む(血糖を下げてくれる)働きをしています。インスリンの作用が弱くなったり、インスリン自体が不足してしまうことで起こる慢性的な高血糖が糖尿病です。
糖尿病は原因別に4種類にわけられます。1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の糖尿病です。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

・1型糖尿病
膵臓からインスリンが分泌されなくなることが原因です。免疫系の異常などが原因となり、生活習慣には関係なく引き起こされます。
・2型糖尿病
インスリンが分泌されるものの、量が不十分であったり、インスリンの効き目が悪くなったりすることが原因です。生活習慣病として指される糖尿病は、この2型糖尿病です。
・その他の糖尿病
遺伝子異常や肝臓などほかの病気が原因で引き起こされるものが「その他の糖尿病」です。
・妊娠糖尿病
妊娠中に生じる、糖尿病には至らない高血糖状態です。おなかの中の子どもに悪影響が及ぶことがあるため、適切な血糖コントロールが重要です。インスリン治療が必要になることがあります。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

糖尿病は基本的に無症状です。ただ、血糖が非常に高くなると次のような症状が見られます。
・のどが異常に渇くようになり、異常に水を飲みたくなる
・尿の回数が多くなる
・食欲が増える
・疲れやすい
・体重が減ってくる

そのまま高血糖を放置すると、合併症が出現し、次のような症状が生じます。
・視力の低下(糖尿病網膜症)
・足のしびれ(糖尿病神経障害)
・尿の泡立ち(糖尿病腎症)
・手足のむくみ
・傷の治りが遅い
・吹き出物が出やすい
・性欲減退・勃起不全
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

検査

糖尿病をスクリーニングするため血液検査には以下の3つがあります。特に、血糖値とHbAc1の2つの値が重要視されます。
1. 血糖値
血糖値は「空腹時血糖」と「随時血糖」に分けられます。空腹時血糖126 mg/ml以上、随時血糖200 mg/ml以上が糖尿病と診断される条件の1つです。正常値は空腹時血糖110 mg/ml未満かつ食後(糖負荷後)2時間140 mg/dl未満です。
2. HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
過去1-2ヶ月の血糖の平均を表すものです。6.2 %以下が正常値です。
3. 75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)
75gのブドウ糖もしくはそれに相当する負荷をかけてから、その後の血糖値と血中インスリンの推移をみる検査です。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

糖尿病の治療はその型や状態によって大きく異なります。
生活習慣病である2型糖尿病であれば、生活習慣を改めることから始め、薬物療法を用いながらコントロールをしていきます。ただ、これも状態次第によっては最初から薬を飲んだり、入院が必要なこともあります。また、1型糖尿病の場合、当初よりインスリン治療が必要です。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

糖尿病に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る