とうにょうびょう

糖尿病

膵臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

糖尿病とは、血液中の血糖が慢性的に多い状態となり、血糖値が高くなる病気です。血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの作用不足によって起こります。糖尿病の発症には遺伝的な要素がみられますが、生活習慣病のひとつです。多くの場合、食生活や運動不足、肥満などに起因します。

糖尿病を無治療のまま放置すると、心筋梗塞や脳梗塞など緊急度の高い病気だけでなく、3大合併症といわれる糖尿病(性)網膜症、糖尿病(性)腎症、糖尿病(性)神経障害(糖尿病性ニューロパチー)にかかるリスクが高まります。

原因

1型糖尿病

1型糖尿病は、「自己免疫性」と、原因がわかっていない「特発性」に分類されます。

自己免疫性の1型糖尿病は、体の免疫システムが関連して、膵臓のβ細胞が何らかの原因で破壊されることにより発症します。1型糖尿病の大部分は自己免疫性のものであり、発症には遺伝的要因とともに、さまざまな環境要因(内服薬・食事・腸内常在菌の構成・ミルクや母乳・日照時間など)が関係すると考えられています。

2型糖尿病  

2型糖尿病は糖尿病全体の90%以上を占め、最も多いとされています。2型糖尿病の原因には、遺伝因子と環境因子があります。糖尿病発症と関係のある遺伝子によって、糖尿病を発症するリスクは高くなります。

環境因子では、運動不足と、食生活の欧米化による脂質摂取量の増加が指摘されています。また、栄養バランスの偏った食事や不規則な食生活も関係しています。さらに、近年では、大麦や雑穀等の摂取量が激減したことによる食物繊維の摂取不足と、慢性的なマグネウムの摂取不足が、発症要因に関与していることが着目されています。 

他の病気や状態に伴う糖尿病

遺伝子異常によるもの、他の病気(慢性膵炎など)や状態に伴い発症することもあります。

妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに発症した糖尿病を妊娠糖尿病と呼びます。妊娠中は、インスリン作用を打ち消す「胎盤性ホルモン(インスリン拮抗ホルモン)」の産生・分泌が増えます。特に妊娠後期はインスリン作用が正常にはたらきにくく、軽度の糖代謝異常が起こりやすくなります。

症状

急激に発症するタイプの糖尿病を除いて、ほとんどの場合、発症初期は無自覚・無症状です。悪化した場合には、以下のような症状が現れます。

  • 多尿
  • 口渇
  • 多飲

など

その他、食欲増進、疲れやすい(易疲労感)、体重減少などの症状がみられることもあります。

糖尿病に伴う合併症の症状

糖尿病が長期化すると臓器障害を引き起こします。代表的な合併症は、糖尿病(性)腎症、糖尿病(性)網膜症、糖尿病(性)神経障害(糖尿病性ニューロパチー)です。 糖尿病(性)腎症が起こると、最終的には腎不全に陥り、透析が行われることもあります。糖尿病(性)網膜症が起こると、視力低下や失明につながります。糖尿病(性)末梢神経障害(糖尿病性ニューロパチー)が起こると、下肢の知覚障害によって足が壊疽(えそ)にいたり、下肢の切断をすることがあります。

妊娠糖尿病と合併症

また、妊娠糖尿病では、早産や流産、妊娠高血圧症候群などの母体合併症のリスクが高まります。胎児に対しても、子宮内胎児死亡や奇形、巨大児、出産後の低血糖や呼吸障害など多くの合併症が懸念されます。

検査・診断

糖尿病の診断と病状の把握には、主に血液検査が用いられます。血液検査では、主に血糖値やHbA1c、Cペプチドあるいは血中インスリンなどの値を確認します。

血糖値について

血糖値は、食事によって生理的に高く(もしくは低く)なりやすいタイミングがあります。血糖値変動を調べる際は、食事との時間関係を確認することが重要です。血糖値を調べるためには、ブドウ糖を摂取して血糖値を確認する、経口ブドウ糖負荷試験が行われることもあります。妊娠糖尿病では、スクリーニング検査として経口ブドウ糖負荷試験を行い、病気の発見につなげます。

HbA1c、GAについて

血糖値に加え、HbA1c (ヘモグロビンA1c)やGA(グリコアルブミン)の値も重視されます。HbA1c値は、6.5%以上を認めれば糖尿病と診断されます。

Cペプチド、血中インスリンについて

Cペプチドの測定では、インスリン分泌がどの程度かを評価することができます。1型糖尿病の場合、インスリン分泌機能が低下しているため、Cペプチドが低値となります。血中インスリンの測定では、インスリンの量や、インスリン抵抗性の程度を確認します。

その他の項目の検査

1型糖尿病と2型糖尿病を鑑別するために、血中の抗GAD抗体 (グルタミン酸脱酸酵素抗体)などの測定も行われます。

治療

糖尿病の治療では、食事療法や運動療法がもっとも重要です。食事内容を改善したり、適度な運動を生活に取り入れたりしながら、薬による治療を行います。

薬による治療では、複数の薬剤を組み合わせることが多くあります。不足あるいは欠乏したインスリンを体外から補充したり、膵臓からのインスリン分泌を促進するような薬剤を使用したりすることもあります。他にも、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を緩やかにする薬剤を使用することもあります。

また、治療方法は血糖コントロールの状態や残存した膵臓の機能に応じて選択されますが、1型糖尿病については基本的にインスリンの補充を行います。膵臓移植も適応となりえますが、ドナーとの関連もあり日本における実施件数は多くありません。

糖尿病は自覚症状がはっきりしない場合であっても病状が進行するため、適切なタイミングで治療を行うことが大切です。

「糖尿病」に関連する他の記事
もっと見る
この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。