Img searchbox
膵臓

糖尿病

目次

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が増えすぎる、すなわち血糖値が高くなってしまう病気です。血糖が高くなりすぎる状態が長時間続くと全身の血管が障害を受けることとなり、脳卒中や脳梗塞、腎障害や網膜症、神経障害といった病気が引き起こされます。また、こうした慢性的に生じてくる病気以外にも、急激に糖代謝が障害を受ける結果として意識障害や最悪の場合亡くなることもあります。

糖尿病はその発症要因により1型、2型、妊娠糖尿病、その他に分けられますが、なかでも2型糖尿病は90%以上を占め、最も多いとされています。糖尿病の発症に際しては遺伝的な要因、食生活や運動不足に起因する生活習慣病としての側面を示すこともあります。

糖尿病を放置することで重篤な長期的には重篤な合併症を発症する危険性があるため、早期介入が必要です。ある程度病状が進行した場合であっても自覚症状に乏しいことも多く、自覚症状がないから大丈夫と過信することなく、適切な治療を実行することが重要であるといえます。

その他、こちらの記事もご参照ください。

https://medicalnote.jp/contents/141231-000001-BUXXAP

https://medicalnote.jp/contents/141231-000001-NURBFA

https://medicalnote.jp/contents/161201-001-IJ

https://medicalnote.jp/contents/160201-052-AX

https://medicalnote.jp/contents/160123-001-ZU

原因

糖尿病には原因に応じて1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病などに分類されています。なかでも多いのは2型糖尿病であり生活習慣病としての性格を持っています。また1型糖尿病は小児期に発症することも多く、ウイルス感染症などをきっかけとして発症します。その他妊娠糖尿病はその名前から推察されるように、妊娠に関連して発症する糖尿病です。

2型糖尿病

2型糖尿病には、インスリン分泌の低下はさほどないもののインスリンのはたらきが悪いというものと、インスリンのはたらきは悪くなっていないが、分泌が低下しているという2種類のパターンがあります。

2型糖尿病の原因は、遺伝因子と環境因子があります。糖尿病発症と関係のある遺伝子はいくつか存在し、その遺伝子が多く集まれば集まるほど糖尿病を発症しやすくなります。また、環境因子としては、運動不足と食の欧米化などが関係しています。

現在の日本では、パソコンを使用したデスクワークをする機会も多く、日常的に運動不足の方は多いです。さらに、ファストフード店や24時間営業のコンビニエンスストアのおかげもあり、栄養バランスの取れていない食事・不規則な食生活などに陥る可能性も高くなっており、2型糖尿病発症に拍車をかける要因と考えられます。

より詳細には、こちらの記事もご参照ください。

https://medicalnote.jp/contents/170529-001-GW

https://medicalnote.jp/contents/160201-051-RU

https://medicalnote.jp/contents/161201-001-IJ

1型糖尿病

1型糖尿病は自己免疫機序により膵臓のβ細胞が破壊されて発症する自己免疫性と、原因がわかっていない特発性に大別されます。大部分は自己免疫性の1型糖尿病であり、その発症には遺伝的要因ならびにさまざまな環境要因が関係していると考えられています。

遺伝的要因としては、白血球の型であるHLAの関与が指摘されています。赤血球をもとにした型としてA型、B型、O型、AB型があるように、白血球を始めとした全身臓器にも個別の型があり、HLA型とはこの型のことです。ABO型とは桁違いの複雑さを持つHLA型ですが、数ある型の中でも日本人の場合はHLA-DR9、HLA-DR4、HLA-DR8を有する方が1型糖尿病を発症しやすいと考えられています。

その他、何らかの環境要因も発症に関わると考えられています。環境要因としては、下記のようにさまざまな可能性が考えられています。

  • 内服薬
  • 食事
  • 腸内常在菌の構成(腸内細菌叢)
  • ミルクや母乳
  • 日照時間

より詳しくは、以下の記事もそれぞれご参照ください。

https://medicalnote.jp/contents/170529-001-GW

https://medicalnote.jp/contents/160201-051-RU

https://medicalnote.jp/contents/161201-001-IJ

妊娠糖尿病

妊娠期間中には、血糖コントロールが悪くなりやすいホルモン(プロゲステロンやコルチゾールなど)が多く分泌される環境になります。生理的にどの妊婦さんでも生じる反応ではありますが、もともと血糖上昇に対してうまく適応できない妊婦さんもいらっしゃり、妊娠期間中に糖尿病を発症することになります。

より詳細には、こちらの記事も参照下さい。

https://medicalnote.jp/contents/170529-001-GW

https://medicalnote.jp/contents/160123-001-ZU

https://medicalnote.jp/contents/160123-003-TG

https://medicalnote.jp/contents/160123-003-TG

症状

糖尿病では潜在的に長期間病気が進行し、時間が経ってから合併症の発症が全面になって病気が明らかになることもあります。その一方、急激な血糖上昇と関連して、急性期合併症を呈することから病気が判明することがあります。

糖尿病発症初期においては、無症状であることが大部分です。ゆっくりと時間をかけて血糖値が上昇していく場合、多尿、口渇、多飲などの症状が出現します。その他、食欲増進、疲れやすい、体重減少といった症状も認められます。

糖尿病では長期的な臓器障害を引き起こしますが代表的な合併症は、腎臓、網膜、末梢神経においてみられます。腎機能障害が進行することで最終的に透析を余儀なくされることもありまし、網膜症を発症すると視力低下につながります。末梢神経障害では皮膚の感覚が鈍くなるため、最悪のケースでは手足の一部が腐ってしまい四肢を切断せざるを得ない状況にもなりえます。さらに、脳卒中や心筋梗塞などのリスクファクターでもあります。

糖尿病では急激な糖代謝の変化から、急性期症状を呈することがあります。短時間のうちに腹痛や倦怠感、意識障害などの症状を呈することもあり、特に1型糖尿病の初発症状となることもまれではありません。

なお、妊娠糖尿病では、早産や流産、妊娠高血圧症候群などの母体合併症のリスクが高まります。また、胎児に対しても子宮内胎児死亡や奇形、巨大児、出産後の低血糖・呼吸障害など多くの合併症が懸念されます。

その他、以下の記事もそれぞれ参考ください。

https://medicalnote.jp/contents/141231-000001-BUXXAP

https://medicalnote.jp/contents/170529-001-GW

https://medicalnote.jp/contents/150115-000001-RWLNEP

https://medicalnote.jp/contents/160201-052-AX

https://medicalnote.jp/contents/150909-000001-UPLEUO

https://medicalnote.jp/contents/160123-006-JV

検査・診断

糖尿病の診断には血液検査(血糖値やHbA1c、Cペプチド)が用いられます。血糖値は食事のタイミングにより、生理的に高くなりやすい時期低くなりやすいタイミングがあります。したがって、血糖値の解釈には食事との時間関係を確認することが重要です。時に、あえて糖分を摂取してもらい血糖値を評価する負荷試験を行うこともあります。妊娠糖尿病では、スクリーニング検査として血糖値を測定することで、病気の発見につなげます。

血糖値に加え、HbA1cの値も重視されています。HbA1cは採血前の1〜2か月間の血糖状況を反映していると考えられており、糖尿病のコントロール状況を評価する際にも有益な検査項目となります。

Cペプチドは、血中のインスリン分泌機能がどの程度はたらいているかを評価することができます。1型糖尿病の場合、インスリン分泌機能が低下しているためにCペプチドが低値となります。この他、1型糖尿病と2型糖尿病を鑑別するために、血中のGAD抗体 (グルタミン酸脱酸酵素抗体)の測定も行われます。

より詳しくは、こちらの記事もご参照ください

https://medicalnote.jp/contents/160112-000038-BFKMTH

https://medicalnote.jp/contents/141231-000001-YDYOIC

https://medicalnote.jp/contents/160201-053-RF

https://medicalnote.jp/contents/160112-000038-BFKMTH

https://medicalnote.jp/contents/141231-000001-YDYOIC

https://medicalnote.jp/contents/161201-002-BK

https://medicalnote.jp/contents/160123-005-JW

治療

糖尿病の治療では、薬物療法に加えて食事療法と運動療法が行われます。欠乏したインスリンを体外から補充をすることもありますし、膵臓のはたらきが残存している時には膵臓からのインスリン分泌を促進するような薬剤を使用することもあります。また、糖分の吸収を抑制することで血糖値の上昇を緩やかにすることを試みる薬剤もあります。血糖コントロールの状態や残存した膵臓の機能に応じて適切な治療方法が選択されますが、基本的に1型糖尿病ではインスリンが適応となります。膵臓移植も適応となりえますが、ドナーとの関連もあり日本における実施件数は決して多くはありません。

糖尿病の治療では、薬物療法以外に食事療法や運動療法も必要とされます。食事を改善し、適度な運動を生活に取り入れた上で、薬も上手に組み合わせるといったバランスのとれた治療が重要になります。

糖尿病は自覚症状がはっきりしない場合であっても、進行性に病状は進行します。病状がはっきりしないから大丈夫と過信することなく、適切なタイミングで治療を行うことが重要であるといえます。

その他、以下の記事もそれぞれ参考ください。

https://medicalnote.jp/contents/150111-000011-RLVOSS

https://medicalnote.jp/contents/160308-007-GY

https://medicalnote.jp/contents/151020-000019-ZUTTBG

https://medicalnote.jp/contents/150105-000004-GOHFNA

https://medicalnote.jp/contents/150908-000025-VAJXPU

https://medicalnote.jp/contents/161201-002-BK

https://medicalnote.jp/contents/160201-053-RF

https://medicalnote.jp/contents/161128-001-XB

https://medicalnote.jp/contents/161116-004-FD

https://medicalnote.jp/contents/160123-009-XY

https://medicalnote.jp/contents/160123-010-DI

糖尿病に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る