のうこうそく

脳梗塞

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

脳梗塞とは、脳を栄養する動脈の血行不良により、酸素や栄養を受けている神経細胞が死ぬことでさまざまな症状をきたす病気です。脳梗塞は、脳卒中のうちのひとつです。一時的に血管が詰まる一過性脳虚血発作(TIA)は、24時間以内にもとの状態に戻るため原則として後遺症を残すことがなく、脳梗塞とは区別されます。しかし、原因が取り除かれない場合には再発することがあり、やがて脳梗塞となる危険性もあります。

脳梗塞は、いかに分類できます。

  • ラクナ梗塞:脳の細い動脈で詰まる
  • アテローム血栓性脳梗塞:比較的太い動脈が血栓で詰まる
  • 心原性脳塞栓症:心臓からの血栓(血のかたまり)が脳の血管を詰まらせる

かつては脳卒中の4分の3を「脳出血」が占めていましたが、近年その割合は著しく減少し、代わって「脳梗塞」が増え、2006年には60%を占めるようになりました。その理由として、高血圧対策の普及と生活習慣の変化による糖尿病や脂質異常症の増加が考えられます。

日本では欧米に比べてラクナ梗塞の割合が多い傾向がありましたが、脂質異常症や糖尿病の増加にともない、アテローム血栓性梗塞が増えています。また、高齢化にともない心房細動の患者さんが増加しているため、心原性脳塞栓も増えています。

原因

脳梗塞の原因は、タイプによって異なります。

ラクナ梗塞

脳の細い血管が詰まることで起こります。

アテローム血栓性脳梗塞

比較的太い血管が動脈硬化により詰まることで起こります。

心原性脳塞栓症

心房細動などの不整脈が原因で心臓の左心房でできた血栓が脳の血管を詰まらせることで起こります。

脳梗塞のリスクファクター

脳梗塞のリスクファクターは以下の通りです。

  • 食生活の欧米化(メタボリック症候群)
  • 過剰な塩分摂取
  • 運動不足
  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高コレステロール血症、高トリグリセリド血症)
  • 喫煙
  • 大量の飲酒
  • ストレス
  • 心房細動などの不整脈
  • 加齢(ラクナ梗塞は、健康で無症状の高齢者の多くがかかっていますが、特に問題がないことがほとんどです)

症状

脳梗塞は突然発症します。放置すると、ほぼ永久的にまひや感覚障害など生活に支障を来す重大な後遺症を残すことがあり、最悪の場合には生命にかかわる事態になりえるため、初期症状を知ることが極めて重要です。

初期症状として比較的はっきりと現れるのは、

  • 顔がゆがむ、表情がつくれなくなる
  • 片腕、片足が動きづらくなる、歩きづらくなる
  • ろれつが回らなくなる、言葉が出てこなくなる

といったもので、家族や友人などに指摘されることが発見のきっかけにもなります。また、脳を栄養する血管のうち、どこの動脈が詰まるのかによって症状が異なります。

検査・診断

脳梗塞を放置すると、時間経過とともに後遺症の程度がどんどん悪化しうる危険な病気です。したがって、脳梗塞を疑う症状を自覚したときには、迷うことなく病院へ行き、すぐに検査を受ける必要があります。

頭部CT、および脳MRIの検査で、まず脳卒中が起きているのかどうかを確認します。特に、脳MRIの核酸強調画像(DWI)で高信号を認めることが確定診断のひとつとなります。梗塞が生じている範囲から、どの辺りの血管が詰まっているかを予測できますが、詰まっている箇所を確定するために血管内カテーテルを用いた脳血管撮影を行うこともあります。

治療

ラクナ梗塞・アテローム血栓症に対する治療

ラクナ梗塞やアテローム血栓症に対しては動脈のように血流がとても速い血管のなかで血栓がつくられるのを防ぐため、抗血小板薬が有用となります。また、抗血小板薬による薬物治療で十分に改善しない場合は、外科治療も行なわれます。頚動脈内皮剥離術(CEA)という手術によってプラークを除去する方法と、血管内にステントを置いて狭窄部分を広げるステント留置術(CAS)があります。

さらに、動脈硬化が発症の大きなリスクファクターですので、メタボリック症候群や高血圧、喫煙などの生活習慣の改善が再発や悪化に対する予防につながると考えられます。

心原性脳塞栓症に対する治療

心原性脳塞栓症(左房内血栓)の原因となる血栓は、静脈にできる血栓と同様に血流のうっ滞したところでゆっくりとつくられるので、フィブリンという成分が主体となった血栓を形成します。このような血栓に対する治療としては抗凝固薬が有用です。

抗凝固薬の種類として、これまではワルファリンという内服薬が主流でしたが、現在はNOACsと呼ばれる新しい抗凝固薬が登場しています。NOACsはワルファリンとは異なり、直接トロンビンまたは第Ⅹa因子を阻害する薬で、副作用として問題となる頭蓋内出血リスクが低いと考えられています。

「脳梗塞」に関連する他の記事
もっと見る