MedicalNoteとは

心房細動

心房細動に関する情報を集めました。

この疾患に寄稿してくださっている先生

新しく登録された専門家

心房細動とは

心房細動は最も代表的な不整脈の一つで、心房がこきざみに震えている状態のことです。通常は心房から心室への電気刺激の伝導は1:1ですので、心臓はリズムよく拍動を続けます。しかし心房細動では1分間に300回〜500回の収縮を起こすよう、電気刺激が心房の中を駆け巡っています。すると、規則正しい心房から心室への電気刺激が期待できなくなってしまいます。心室の収縮に規則的なリズムがなくなり、脈拍は大きさも間隔も不規則なものとなります。発作性のものから、永続的に続くものまで病態は様々ですが、いずれも心原性脳梗塞を起こす原因となるため注意が必要です。

心房細動の原因

心房細動は大まかにいうと基礎疾患が原因で起こった心房細動と、そうでない(孤立性の)心房細動に分けて考えることができます。心房細動をきたす基礎疾患の中で、心臓の病気としては僧帽弁疾患、心不全、心筋梗塞が有名です。特に僧帽弁狭窄症による心房細動は弁膜症性心房細動として、治療の際も区別されます。その他に心臓の病気でない基礎疾患に高血圧、糖尿病、甲状腺機能亢進症が挙げられます。
また、心房細動は自律神経活動の亢進が誘因となりやすい不整脈です。疲労やストレスがたまったり、寝不足、食後、飲酒後、運動時などがおこる頻度の高いケースです。

心房細動の症状

心房細動で最も訴えが多い症状は持続する動悸で、他に胸部不快感・胸痛・立ちくらみ(めまい)などが主な症状です。自身で脈を計ると、脈が不規則になっていることが分かるはずです。発作性心房細動が発症したまさにその時など、強く症状を自覚することもありますが、気にならない程度であったり気づかないケースもあります。心房細動の出現が増え、持続時間も長くなるにつれ症状はなくなることが多いです。無症状のため、無治療であるうちに脳梗塞を発症して、心房細動が後から診断されるケースもあります。

心房細動の検査

発作性心房細動では、発作がでているときに医療機関を受診し、心電図で「証拠=不整脈」を捉えることが一番の診断となります。症状から疑わしい際はホルター心電図(24時間の心電図検査)を行うことがあります。症状がないが続いている心房細動であれば、心電図をとれば判明します。こちらも1日の心拍数の確認するためなど、ホルター心電図を行うことがあります。
その他にも、血液検査や心臓超音波検査などの一般的な心臓の検査が必要となります。

心房細動の治療

基礎疾患や、脳梗塞が起こりやすいかどうかリスクファクターを評価した上で、治療方針を決めていきます。大前提として血液をサラサラにする抗凝固療法を行い、脈が早くなりすぎることを防ぐ薬や、再発を防止する薬の内服治療を行います。
また今日ではカテーテルアブレーションでの根治術が、主に発作性心房細動に対してよく行われるようになってきました。これは肺静脈にある心房細動の発生源から、心房を電気的に隔離するカ治療です。
非常に心拍数の遅い心房細動や、早くなったのちに一時的に心拍が停止ないし極度に遅くなるする徐脈頻脈症候群では、失神や突然死を回避すべくペースメーカー植え込みの適応となります。

15件の記事

心房細動治療のカテーテルアブレーションの歴史と最新技術ー技術進歩で手術の成功率も向上する?
不整脈と心房細動とは?高周波カテーテルアブレーションによる治療や術後の合併症などを専門医が解説
新規経口抗凝固薬(NOAC)とは-ワルファリンとの比較
新しい治療法、WOLF-OHTSUKA法を考案するまで
テクノロジーとテクニック、心房細動治療の進歩
WOLF-OHTSUKA法の特徴。低侵襲な手術でより安全に行われる
心房細動に対する最新治療、「WOLF-OHTSUKA法」とは
心房細動の薬物治療の問題点―抗凝固薬による治療
心房細動の治療-熊谷式BOX隔離術
心房細動について正しく知ろう!

心房細動について正しく知ろう!

  • #心房細動
  • #心臓・血管の病気

1/2ページ


心房細動に関連するお問い合わせ・ご相談

メールアドレス
お名前
内容