【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 3ea9596d c3b2 40a3 8838 e3ea13e351f0
テクノロジーとテクニック、心房細動治療の進歩
心臓外科の分野では、手術手技の進歩に歩調を合わせるように新しい手術器具などのテクノロジーが発達しています。患者さんの身体の負担が少ない低侵襲な手術で心房細動の根治が可能なWOLF-OHTSUKA...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

テクノロジーとテクニック、心房細動治療の進歩

公開日 2016 年 02 月 23 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

テクノロジーとテクニック、心房細動治療の進歩
大塚 俊哉 先生

東京都立多摩総合医療センター心臓血管外科 部長

大塚 俊哉 先生

心臓外科の分野では、手術手技の進歩に歩調を合わせるように新しい手術器具などのテクノロジーが発達しています。患者さんの身体の負担が少ない低侵襲な手術で心房細動の根治が可能なWOLF-OHTSUKA法(以下、WO法)を考案された、東京都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長の大塚俊哉先生にお話をうかがいました

テクノロジーとテクニックの相乗効果

私はよくテクノロジー(Technology)とテクニック(Technique)といっているのですが、テクニックが進歩するとそれに対してテクノロジーが発達してきます。そしてテクノロジーが発達すると、いろいろなことができるようになり、さらにテクニックが進みます。そしてまた新しいテクニックに見合うテクノロジーが生まれるというように、両者が協調して進んでいっています。

手術用のデバイスなども、かゆいところに手が届くようなものができてきます。もちろんすべてが有用なものばかりではなく、中には淘汰されていくテクノロジーもありますが、現在生き残っているものはそれらが元になっています。

WOLF-OHTSUKA法を可能にしたテクノロジーとは

WO法もその恩恵を大いに受けていますが、WOLF法やWO法が可能になった一番のポイントはアブレーションの部分です。心臓の外から肺静脈を隔離する作業が瞬間的に行える機械ができたことによって、この心房細動の手術が可能になったといえます。

アブレーション手技(画像提供:大塚俊哉先生)

左心耳を切り取る道具も重要でした。実は左心耳を切り取る道具はそれほど新しいものではなく、内視鏡の手術では普遍的に使われているものです。ただし最近、Wolf医師や私がこういった手術を行っていることで、ただ切り取るだけではなく、外側からクリップや洗濯ばさみのように挟んで処置が終わるようなものが開発されています。

手術をすればするほど、「これはもう少しこうして欲しい」というリクエストが出てきます。それに合わせて細かなマイナーチェンジは頻繁にありますし、それがメジャーでフルモデルチェンジに相当するような変化につながっていくかもしれません。

進化するWOLF-OHTSUKA法

私としてはこの手術はまだ完成していないと考えています。もっと速く、驚くべき速さで終わって、血の一滴も出ないというような手術を目指したいと思っています。それはテクノロジーに左右される部分が大きいので、今後さらなる進歩が期待できますし、自分としてもそれに貢献できるアイディアが多数あります。

カテーテル治療と心臓外科の関係

一方でカテーテル治療のテクノロジーも進んでいますので、まだアドバンテージがあると悠長なことをいっている場合ではありません。現在、心臓外科の領域はカテーテル治療に続々と取って代わられています。冠状動脈のステント留置によってバイパス手術が減り、次に大動脈のステント治療、大動脈弁、僧帽弁にもカテーテル治療の応用が広がっています。

その中で、ほぼ100%カテーテル治療が占めていた、非弁膜症性の心房細動に対する観血的治療を、Wolf氏と私の考案した治療で少しずつ心臓外科領域に逆流させているわけですが、こういったことは今まで例がありませんでした。これまでは取られたら取られっぱなしという状態だったのです。

 

日本の心臓血管外科のトップランナーのひとり。米国留学時に師事した心臓・胸部外科手術のパイオニアRandall K. Wolf医師の「ウルフ・ミニメイズ法」に独自の改良を加えた「WOLF-OHTSUKA法」が心房細動に対する低侵襲な最新外科治療として高く評価されている。

関連記事