S414x320 320407af edb5 42b4 9b8e d2cc5d3bad3e

インタビュー

公開日 : 2016 年 02 月 20 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

心房細動の薬物治療の問題点―抗凝固薬による治療

高齢者に多くみられる心房細動(しんぼうさいどう)は、血栓による脳梗塞の原因となります。血栓ができることを防ぐため、多くの患者さんは血液を固まりにくくする抗凝固薬による治療が必要になりますが、抗凝固療法にはさまざまな問題もあります。抗凝固療法を必要としない心房細動の最新外科治療「WOLF-OHTSUKA法」を考案された、東京都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長の大塚俊哉先生にお話をうかがいました。

心房細動とは

心房細動(しんぼうさいどう)とはその名の通り、心房が細かく震える状態に陥り、拍動のリズムが崩れることをいいます。心臓には通常、たとえば1分間に60回といった規則正しい電気信号を発する、ペースメーカー的な役割をする場所があります。音楽でいえば一定のテンポで乱れることなく、きちんとした音符をたどっていくようなものであり、これがリズムよく電気信号を発してくれています。

しかしそれが機能しなくなり、代わりにどこか別のところから通常ではないリズムをとる指揮者が現れると、ものすごいスピードで電気信号を発するということが起こります。ただし、その電気信号全部に乗って心臓が動くのではなく、そのうちの何拍かが心室に伝わって、不規則でイレギュラーな収縮が起きるため、不正に心室が拍動します。ですからご本人は脈が一定しないと感じます。それが不整脈の本体であり、心房が細かく震えるということの意味するところでもあります。

(関連記事:池田隆徳先生『心房細動とはどのような病気?』

心房細動が引き起こす2つの問題

心房細動になるとまず心拍数が通常では考えられないほど増えます。頻脈(ひんみゃく)と呼ばれる状態で、1分間に140〜150程度、最高では180くらいまで上がることがあります。常に走っているのと同じような状態ですから、患者さんも非常につらいですし、症状も強いのがこの頻脈です。長期間コントロールできないと、心機能も低下して心不全になります。

これとは反対に、徐脈(じょみゃく)になる場合があります。徐脈になると心臓の動きが非常にゆっくりしたものになり、まるで電池が切れたようになります。また、心房細動から整脈に戻るときに脈が飛んで意識を失うこともありますし、ペースメーカーの移植が必要となる患者さんも多く見られます。

これらの症状が交互に現れれば、心拍数が1分間に30だったり120だったりという両極端な状態になり、症状も強いものになります。このように、脈拍が一定しないこと、特に頻脈でドキドキするという症状が一般的に認識されている問題です。

その一方であまり知られていない問題として、心房がプルプルと細かく震えるだけの状態に陥ると、その中の左心耳(さしんじ)という部分に血液の淀みができ、血液が固まって血栓(けっせん)を生じることがあります。それが何らかの拍子に心房に落ちて心室に行き、大動脈を経て脳で血管を詰まらせ、脳梗塞を引き起こします。これが2つ目の問題です。

左心耳。心房細動になるとここに血栓ができやすい。(画像提供:大塚俊哉先生)

心房細動にこれらの2つの問題があるということは、実は一般の方にはあまり知られていません。どちらの問題がより重大であるかは、患者さんによって異なります。年齢や生活環境、仕事など、さまざまな状況によってそのバランスが変わってきます。ただし、そのなかで最近脚光を浴びているのはやはり脳梗塞の問題であり、さまざまな新しい予防法や治療法が出てきています。

心房細動のページへ

関連記事