いかいよう

胃潰瘍

胃・十二指腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

胃潰瘍とは、ある一定以上の深さで胃の壁が傷ついている状態のことです。胃のピロリ菌感染や、痛み止め(NSAIDs)の内服などが原因となって発症します。患者さんは50歳前後の方に多いといわれています。

胃潰瘍になると、腹痛や、出血による貧血などの症状があらわれます。そこで、治療の際は、胃酸の分泌を抑える薬や胃の粘膜を保護する薬が使用されます。また、ピロリ菌を除菌する治療も効果的です。

原因

胃潰瘍を発症する主な原因は、ピロリ菌感染と、解熱鎮痛剤の一種である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の内服です。

健康な胃は、消化に必要な胃酸やペプシン(蛋白質分解酵素)などに傷つけられないよう、胃粘液を分泌するなどの「防御因子」により粘膜表面が保護されています。しかし、粘液や血流が減少して防御因子が弱まると、胃粘膜は障害される恐れがあります。ピロリ菌や、痛み止めのNSAIDsは、防御因子を弱らせる原因となります。

防御因子が弱まり胃の壁が損傷されると、胃の壁は粘膜下層よりも深い部分までえぐられます。この状態を「胃潰瘍」といいます。その他、ストレスや喫煙も胃潰瘍の誘因となります。

症状

胃潰瘍の症状は、原因や、胃の壁の障害の深さによって異なります。初期の段階でみられる典型的な自覚症状は、みぞおちの中央あたりに生じる鈍い痛みである心窩部痛(しんかぶつう)です。

また、潰瘍によって胃の蠕動(ぜんどう)運動が障害されると、ゲップ、胸やけ、吐き気、胃のもたれ感、腹部膨満感などが生じることがあります。潰瘍がさらに進行して胃壁の血管を侵食すると、出血が起こります。そのため、下血(黒色便~タール便)や、吐血の症状が出ることがあります。また、出血量によっては貧血が引き起こされます。

痛み止めのNSAIDsが原因で起こる胃潰瘍は、鎮痛作用の影響で発見が遅れる場合があります。発見が遅れると重症化することが多く、広範に出血性病変がみられることもまれではありません。

検査・診断

病歴を確認して、原因がピロリ菌なのか、痛み止めのNSAIDsなのかを見極めることが重要となります。ピロリ菌感染を調べる検査方法には以下のものがあります。代表的な検査方法は、血液検査と迅速ウレアーゼ試験です。

  • 血液検査…ピロリ菌抗体(HpIgG)を測定
  • 迅速ウレアーゼ試験…採取した胃生検組織を試薬内に入れ、試薬の色調変化からピロリ菌の存在を確認
  • 病理組織学的検査
  • 尿検査
  • 便検査
  • 尿素呼気試験 など

また、胃潰瘍の進行度や傷の深さなどを正確に把握するためには、上部消化管内視鏡検査が行われます。内視鏡検査では、胃の検体採取を同時に行うことができるため、症状の似ている胃がんなどとの鑑別も可能です。

治療

胃潰瘍の治療は、原因によって異なります。痛み止めのNSAIDsが原因の場合は、なるべく痛み止めの中止・変更が検討されます。同時に、プロトンポンプ阻害薬などを併用し、内科的薬物療法が検討されます。

ピロリ菌感染が原因の場合は、除菌療法が行われます。除菌療法では、プロトンポンプ阻害薬などに加えて、2種類の抗生物質を内服します。1回目の除菌であればアモキシシリンとクラリスロマイシンを1週間内服します。除菌率は80〜90%と報告されています。この方法が無効であれば、ほかの抗生物質が使用されます。

【PR】胃痛・胃もたれ・便秘など、症状別おすすめ胃腸薬(LOHACO)

「胃潰瘍」に関連する他の記事
もっと見る