国立国際医療研究センター病院 消化器内科 医長・診療科長

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医・学会評議員 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医・学術評議員 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医

秋山 純一 あきやま じゅんいち 先生

公開日
2022/06/08

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医・学会評議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医・学術評議員
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
  • 国立国際医療研究センター病院 消化器内科 医長・診療科長
  • 日本消化器病学会 ICD-11検討委員会 委員、胃食道逆流症(GERD)ガイドライン作成委員会 委員
  • 日本消化器内視鏡学会 薬事・社会保険委員会 委員
  • 日本消化管学会 食道運動障害 診療指針 作成委員
  • 日本食道学会 GERD検討委員会 委員
  • 日本神経消化器病学会 学術委員会 委員
  • American College of Physicians, Member
  • American Gastroenterology Association, Member
  • WHO ICD-11 Revision Project, Morbidity Reference Group(MbRG), Member

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線 若松河田 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線 早稲田 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
公式ウェブサイト
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 米国ロードアイランド州立バリントン高校 留学(American Field Service (AFS) 年間留学生)
1987年 筑波大学 医学部 入学
1992年 英国レスター大学 留学(医学教育振興財団 英国短期留学派遣生)
1993年 筑波大学 医学部 卒業
2007年 国立国際医療研究センター 内視鏡医長(~2010年)
2010年 米国スタンフォード大学 消化器内科 客員研究員(~2012年)
2012年 国立国際医療研究センター 消化器内科 医長
2013年 国立国際医療研究センター 消化器内科 診療科長(併任)
2005年 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 客員教授(併任)(~2010年)

論文

  • 1. Evidence-based clinical practice guidelines for gastroesophageal reflux disease 2021. J Gastroenterol. 2022 Apr;57(4):267-285

    Iwakiri K, Fujiwara Y, Manabe N, Ihara E, Kuribayashi S, Akiyama J, Kondo T, Yamashita H, Ishimura N, Kitasako Y, Iijima K, Koike T, Omura N, Nomura T, Kawamura O, Ohara S, Ozawa S, Kinoshita Y, Mochida S, Enomoto N, Shimosegawa T, Koike K.

  • 2. Utility of a new automated diagnostic program in high-resolution esophageal manometry. J Gastroenterol. 2021 Jul;56(7):633-639.

    Kuribayashi S, Akiyama J, Ikeda H, Nagai K, Hosaka H, Hamada M, Onimaru M, Kawami N, Hayashi K, Iwakiri K, Inoue H, Kusano M, Uraoka T.

  • 3. Ability of artificial intelligence to detect T1 esophageal squamous cell carcinoma from endoscopic videos and the effects of real-time assistance. Sci Rep. 2021;11(1):7759.

    Shiroma S, Yoshio T, Kato Y, Horie Y, Namikawa K, Tokai Y, Yoshimizu S, Yoshizawa N, Horiuchi Y, Ishiyama A, Hirasawa T, Tsuchida T, Akazawa N, Akiyama J, Tada T, Fujisaki J.

  • 4. Effect of antiplatelet agent number, types, and pre-endoscopic management on post-polypectomy bleeding: validation of endoscopy guidelines. Surg Endosc. 2021;35(1):317-325.

    Watanabe K, Nagata N, Yanagisawa N, Shimbo T, Okubo H, Imbe K, Yokoi C, Yanase M, Kimura A, Akiyama J, Uemura N.

  • 5. Esophagogastric junction outflow obstruction. Neurogastroenterol Motil. 2021;33(9):e14193

    Bredenoord AJ, Babaei A, Carlson D, Omari T, Akiyama J, Yadlapati R, Pandolfino JE, Richter J, Fass R.

  • 6. Esophageal motility disorders on high-resolution manometry: Chicago classification version 4.0. Neurogastroenterol Motil. 2021;33(1):e14058.

    Yadlapati R, Kahrilas PJ, Fox MR, Bredenoord AJ, Prakash Gyawali C, Roman S, Babaei A, Mittal RK, Rommel N, Savarino E, Sifrim D, Smout A, Vaezi MF, Zerbib F, Akiyama J, Bhatia S, Bor S, Carlson DA, Chen JW, Cisternas D, Cock C, Coss-Adame E, de Bortoli N, Defilippi C, Fass R, Ghoshal UC, Gonlachanvit S, Hani A, Hebbard GS, Wook Jung K, Katz P, Katzka DA, Khan A, Kohn GP, Lazarescu A, Lengliner J, Mittal SK, Omari T, Park MI, Penagini R, Pohl D, Richter JE, Serra J, Sweis R, Tack J, Tatum RP, Tutuian R, Vela MF, Wong RK, Wu JC, Xiao Y, Pandolfino JE.

  • 7. Efficacy of Vonoprazan, a Novel Potassium-Competitive Acid Blocker, in Patients with Proton Pump Inhibitor-Refractory Acid Reflux. Digestion. 2020;101(2):174-183.

    Akiyama J, Hosaka H, Kuribayashi S, Moriyasu S, Hisada Y, Okubo H, Watanabe K, Imbe K, Nagata N, Kojima Y, Yokoi C, Uemura N, Shimoyama Y, Kawamura O, Yamada M, Kusano M.

  • 8. New developments in esophageal function testing and esophageal manifestations of connective tissue disorders. Ann N Y Acad Sci. 2020;1481(1):170-181.

    Akiyama J, Sumida J, Nakagawa K, Masamune A, Issariyakulkarn N, Patcharatrakul T, Shetler K, Kuribayashi S, Uraoka T, Triadafilopoulos G.

  • 9. Vonoprazan-based triple therapy is effective for Helicobacter pylori eradication irrespective of clarithromycin susceptibility. J Gastroenterol. 2020;15(11):1054-1061

    Okubo H, Akiyama J, Kobayakawa M, Kawazoe M, Mishima S, Takasaki Y, Nagata N, Shimada T, Yokoi C, Komori S, Kimura K, Hisada Y, Iwata E, Watanabe K, Yanagisawa N, Shiroma S, Shimomura A, Okahara K, Cho H, Uemura N.

  • 10. Potential proton pump inhibitor-related adverse effects. Ann N Y Acad Sci. 2020;1481(1):43-58.

    Perry IE, Sonu I, Scarpignato C, Akiyama J, Hongo M, Vega KJ.

  • 11. Current and future perspectives in the management of gastroesophageal reflux disease. Ann N Y Acad Sci. 2018;1434(1):70-83.

    Akiyama J, Kuribayashi S, Baeg MK, de Bortoli N, Valitova E, Savarino EV, Kusano M, Triadafilopoulos G.

  • 12. Current treatment options for esophageal diseases. Ann N Y Acad Sci. 2016;1381(1):139-151.

    Martinek J, Akiyama JI, Vacková Z, Furnari M, Savarino E, Weijs TJ, Valitova E, van der Horst S, Ruurda JP, Goense L, Triadafilopoulos G.

  • 13. Emerging endoscopic techniques for the identification of esophageal disease. Expert Rev Gastroenterol Hepatol. 2016;10(5):605-13.

    Triadafilopoulos G, Akiyama J.

  • 14. Benign and precursor lesions in the esophagus Ann N Y Acad Sci. 2014;1325:226-41.

    Akiyama J, Bertelé A, Brock C, Hvid-Jensen F, Ichiya T, Krarup AL, Majewski M, Rubio CA, Sarosiek J, Scarpignato C, Schmidt PT, Teich S, Triadafilopoulos G, Wallner G.

  • 15. Strategy for prevention of cancers of the esophagus. Ann N Y Acad Sci. 2014;1325:108-26.

    Akiyama J, Alexandre L, Baruah A, Buttar N, Chandra R, Clark AB, Hart AR, Hawk E, Kandioler D, Kappel S, Krishnadath SK, Sharma A, Singh I, Straub D, Triadafilopoulos G, Umar A, Wolf B.

  • 16. Endoscopy for diagnosis and treatment in esophageal cancers: high-technology assessment. Ann N Y Acad Sci. 2014;1325:77-88.

    Akiyama J, Komanduri S, Konda VJ, Mashimo H, Noria S, Triadafilopoulos G.

  • 17. Managing Barrett's esophagus with radiofrequency ablation. Gastroenterol Rep (Oxf). 2013;1(2):95-104.

    Akiyama J, Roorda A, Triadafilopoulos G.

  • 18. Indications and safety of proton pump inhibitor drug use in patients with cancer. Expert Opin Drug Saf. 2013;12(5):659-72.

    Triadafilopoulos G, Roorda AK, Akiyama J.

  • 19. Update on foreign bodies in the esophagus: diagnosis and management. Curr Gastroenterol Rep. 2013;15(4):317.

    Triadafilopoulos G, Roorda A, Akiyama J.

  • 20. Effective intra-esophageal acid control is associated with improved radiofrequency ablation outcomes in Barrett's esophagus. Dig Dis Sci. 2012;57(10):2625-32.

    Akiyama J, Marcus SN, Triadafilopoulos G.

  • 21. Endoscopic ablation therapy of Barrett’s esophagus. Minerva Gastroenterol Dietol 56(4):405-420, 2010

    Akiyama J, Triadafilopoulos G.

著書

  • 1. 秋山純一. 感染性腸炎. きょうの健康. NHK出版. p.104. 2021年

  • 2. 秋山純一. 胃潰瘍. きょうの健康. NHK出版. p.50-53. 2020年

  • 3. 秋山純一. 胃食道逆流症. きょうの健康. NHK出版. p.54-57. 2020年

  • 4. 秋山純一. 機能性ディスペプシア. きょうの健康. NHK出版. p.58-61. 2020年

  • 5. 秋山純一. 第345章 消化管内視鏡検査. ハリソン内科学 第19版 日本語版 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京. p.1932-1950, 2017年

  • 6. 秋山純一, 大和滋. 第347章 食道の疾患. ハリソン内科学 第19版 日本語版 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京. p.1952-1961, 2017年

  • 7. 秋山純一. 第348章 消化性潰瘍およびその関連疾患. ハリソン内科学 第19版 日本語版 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京. p.1962-1983, 2017年

  • 8. 秋山純一. 胃食道逆流症. 「新・名医の最新治療」週刊朝日MOOK. p.105-108, 2017年

  • 9. 秋山純一. 逆流性食道炎. PRESIDENT. p.54, 2017年

  • 10. 秋山純一. 十二指腸潰瘍・胃潰瘍. PRESIDENT. p.55, 2017年

その他

  • 【テレビ出演】1. 2021年 チョイス@病気になったとき(NHK Eテレ)「我慢しないで!胸やけ」

  • 【テレビ出演】2. 2020年 きょうの健康(NHK Eテレ)「突然の痛み 胃潰瘍」

  • 【テレビ出演】3. 2020年 きょうの健康(NHK Eテレ)「繰り返す胸やけ 胃食道逆流症」

  • 【テレビ出演】4. 2020年 きょうの健康(NHK Eテレ)「機能性ディスペプシア」

  • 【テレビ出演】5. 2019年 たけしの家庭の医学(朝日放送)「悪性貧血」

  • 【テレビ出演】6. 2017年 チョイス@病気になったとき(NHK Eテレ)「つらい胸やけ」

  • 【テレビ出演】7. 2017年 偉人たちの健康診断(NHK BSプレミアム)「我が輩は健康である!?文豪 夏目漱石」

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師