新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター病院 呼吸器内科診療科長 第一呼吸器内科医長

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医・代議員・統括専門医制度委員会委員・ガイドライン施行管理委員会委員・COPD診断と治療のためのガイドライン第6版 編集委員 日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医・代議員・喘息予防管理ガイドライン作成委員 日本医師会 認定産業医

放生 雅章 ほうじょう まさゆき 先生

公開日
2020/11/17

1987年北海道大学医学部卒業後、呼吸器内科医としてのキャリアを開始。国際医療協力ならびに、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などを専門とする。

放生先生のストーリー記事

誰からも信頼される専門家になりたい
誰からも信頼される専門家になりたい

喘息やCOPDの診療を専門とする放生 雅章先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • 【疾患名】慢性咳嗽

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医・評議員
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医・代議員・統括専門医制度委員会委員・ガイドライン施行管理委員会委員・COPD診断と治療のためのガイドライン第6版 編集委員
日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医・代議員・喘息予防管理ガイドライン作成委員
日本医師会 認定産業医
  • 国立国際医療研究センター病院 呼吸器内科診療科長 第一呼吸器内科医長

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 北海道大学医学部 卒業
1987年 国立病院医療センター(現:国立国際医療研究センター病院)
1995年 カナダ・マッギル大学ミーキンス・クリスティ研究所
1997年 国立国際医療研究センター病院
2016年 NTT東日本関東病院 順天堂大学・埼玉医科大学非常勤講師など兼任
2019年 国立国際医療研究センター病院

論文

  • 1.Comparison of the clinical effects of combined salmeterol/fluticasone delivered by dry powder or pressurized metered dose inhaler. Pulm Pharma & Therapeutics 2016; 37; 43-8.

    Hojo M, Shirai T, Iikura M, Hirashima J, Sugiyama H.

  • 2.The impact of co-existing seasonal allergic rhinitis caused by Japanese Cedar Pollinosis (SAR-JCP) upon asthma control status. Allergol Int 2015; 64(2); 150-5.

    Hojo M, Ohta K, Iikura M, Hirashima J, Sugiyama H. and Takahashi K.

  • 3.Glucocorticoids and mepolizumab in eosinophilic asthma. N Engl J Med. 2014 Dec 18; 371(25):2433-4.

    Iikura M, Hojo M, Sugiyama H.

  • 4.Comparison of Long-Term Anti-Inflammatory Effect of Two ICS/LABA Combination Inhalers; Fix-Dosed Maintenance Therapy with Budesonide/Formoterol and Salmeterol/Fluticasone. Allergol Int 2014; 63(1): 103-111

    Hojo M, Iikura M, Hirashima J, Suzuki M, and Sugiyama H. A

  • 5.Asthma control can be maintained after fixed-dose, budesonide/formoterol combination inhaler therapy is stepped down from medium to low dose. Allergol Int. 2013, 62(1): 91-8.

    Hojo M, Mizutani T, Iikura M, Hirano S, Kobayashi N and Sugiyama S.

  • 6.Clinical usefulness of a guideline-based screening tool for the diagnosis of allergic rhinitis among asthmatics: the SACRA (Self Assessment of Allergic Rhinitis and Asthma) Questionnaire. Respirology 2013 May; 18: 1016-21.

    Hojo M, Ohta K, Iikura M, Mizutani T, Hirashima J, and Sugiyama H.

  • 7.Increased risk of nontuberculous mycobacterial infection in asthmatics on long term inhaled corticosteroids. Respirology 2012 Jan; 17(1):185-90.

    Hojo M, Iikura M, Hirano S, Sugiyama S, Kobayashi N, and Kudo K;

  • 8.Role of cysteinyl leukotrienes in CD4+ T cell-driven late allergic airway responses. J Pharmacol Exp Ther. 2000; 293(2): 410-6.

    Hojo M, Suzuki M, Maghni K, Hamid Q, Powell WS and Martin JG.

  • 9.CD4+ T cells can induce airway hyperresponsiveness to allergen challenge in the Brown Norway rat. Am J Respir Crit Care Med 1998; 158: 1863-70.

    Mishima H, Hojo M, Watanabe A, Hamid Q and Martin JG.

  • 10.Involvement of α-4 integrins in allergic airway responses and mast cell degranuration in vivo. Am J Respir Crit Care Med 1998; 158: 1127-33.

    Hojo M, Maghni K, Issekutz T, and Martin JG.

著書

  • 1.放生雅章;増悪の危険因子と三次予防 喘息予防・管理ガイドライン2018 協和企画;2018:41-5.

  • 2.放生雅章;有効性評価 気管支サーモプラスティパーフェクトガイド 日本医事新報社 2017;72-82.

  • 3.放生雅章;アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 今日の診断指針(第5版) 2002、p.912-4、医学書院

  • 4.放生雅章、工藤宏一郎;アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 アレルギー病学 2002、p.290-4 朝倉書店

  • 5.放生雅章、工藤宏一郎;アレルギー性気管支肺真菌症 呼吸器疾患最新の治療2001-2003、2001;p.309-11、南江堂

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師