新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 理事長、東京大学 名誉教授

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本胆道学会 認定指導医 日本移植学会 移植認定医

國土 典宏 こくど のりひろ 先生

肝がん、膵がん、胆道がんの外科治療と肝移植に長年取り組む。その手技を学ぼうと海外から手術の見学に訪れる外科医もいる。肝癌診療ガイドラインの第三、四版の改訂委員長、原発性肝癌取扱い規約委員長を務め、日本外科学会理事長・会頭、アジア・太平洋肝胆膵学会会長を歴任。

國土先生のストーリー記事

手術は、外科医にとって生きている印。自分が何のために医師になったかの確認作業なのです
手術は、外科医にとって生きている印。自分が何のために医師になったかの確認作業なのです

外科医としての信念を貫き、今も手術室に立ち続ける國土典宏先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 外科
  • 國土先生の肝臓がんに関する得意な領域
    • 外科的治療−肝切除、肝移植
    • 経皮的治療−ラジオ波焼灼術(RFA)
    • 血管塞栓療法−肝動脈塞栓術(TAE)、肝動脈化学塞栓術(TACE)
    • 薬物療法
  • 3Dシミュレーション手術
  • 肝移植

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本胆道学会 認定指導医
日本移植学会 移植認定医
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 理事長
  • 東京大学 名誉教授
  • 医学博士 取得
  • アジア・太平洋肝胆膵学会 前会長

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 東京大学卒、医学博士
1995年 癌研究会附属病院外科
2001年 東京大学肝胆膵外科助教授
2007年 東京大学肝胆膵外科教授
2012-16年 日本外科学会理事長
2017年 国立国際医療研究センター理事長

論文

1. Takeaki Ishizawa , kiyoshi Hasegawa, Taku Aoki, Michiro Takahashi, yosuke Inoue, Keiji sano, Hiroshi Imamura, yasuhiko Sugawara, Norihiro Kokudo Neither multiple Tumors Nor Portal hypertension Are Surgical Contraindications for Hepatocellular Carcinoma Gastroenterology 2008, 134:1908-1916
2. Arita J, Takahashi M, Hata S, Shindoh J, Beck Y, Sugawara Y, Hasegawa K, Kokudo N. Usefulness of contrast-enhanced intraoperative ultrasound using Sonazoid in patients with hepatocellular carcinoma. Ann Surg 2011, 254:992-9
3. Shindoh J, Hasegawa K, Matsuyama Y, Inoue Y, Ishizawa T, Aoki T, Sakamoto Y, Sugawara Y, Makuuchi M, Kokudo N. Low Hepatitis C Viral Load Predicts Better Long-Term Outcomes in Patients Undergoing Resection of Hepatocellular Carcinoma Irrespective of Serologic Eradication of Hepatitis C Virus. J Clin Oncol 2013, 31:766-73
4. Kawaguchi Y, Ishizawa T, Miyata Y, Yamashita S, Masuda K, Satou S, Tamura S, Kaneko J, Sakamoto Y, Aoki T, Hasegawa K, Sugawara Y, Kokudo N. Portal uptake function in veno-occlusive regions evaluated by real-time fluorescent imaging using indocyanine green. J Hepatol 2013, 58:247-53
5. Kokudo N, Hasegawa K, Akahane M, Igaki H, Izumi N, Ichida T, Uemoto S, Kaneko, S, Kawasaki S, Ku Y, Kudo M, Kubo S, Takayama T, Tateishi R, Fukuda T, Matsui O, Matsuyama Y, Murakami T, Arii S, Okazaki M, Makuuchi M. Evidence-based Clinical Practice Guidelines for Hepatocellular Carcinoma: The Japan Society of Hepatology 2013 update (3rd JSH-HCC Guidelines). Hepatol Res. 2015 Jan;45(2).
6. Mise Y, Hasegawa K, Shindoh J, Ishizawa T, Aoki T, Sakamoto Y, Sugawara Y, Makuuchi M, Kokudo N. The Feasibility of Third or More Repeat Hepatectomy for Recurrent Hepatocellular Carcinoma. Ann Surg 2015, 262:347-57
7. Kokudo T, Hasegawa K, Yamamoto S, Shindoh J, Takemura N, Aoki T, Sakamoto Y, Makuuchi M, Sugawara Y, Kokudo N. Surgical treatment of hepatocellular carcinoma associated with hepatic vein tumor thrombosis. J Hepatol 2014, 61:583-8.
8. Sakamoto Y, Kokudo N, Matsuyama Y, Sakamoto M, Izumi N, Kadoya M, Kaneko S, Ku Y, Kudo M, Takayama T, Nakashima O; Liver Cancer Study Group of Japan. Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan. Cancer 2016, 122:61-70
9. Lim C, Ishizawa T, Miyata A, Mise Y, Sakamoto Y, Hasegawa K, Sugawara Y, Kokudo N. Surgical Indications and Procedures for Resection of Hepatic Malignancies Confined to Segment VII. Ann Surg. 2015 Jan 5. Epud ahead of print
10. Inagaki NF, Inagaki FF, Kokudo N, Miyajima A. Use of mouse liver mesothelial cells to prevent postoperative adhesion and promote liver regeneration after hepatectomy. J Hepatol 2015, 62:1141-7
11. Kokudo T, Hasegawa K, Uldry E, Matcuyama Y, Kaneko j, Akamatsu N, Aoki T, Sakamoto Y, Demartines N, Sugawara Y, Kokudo N, Halkic N. A new formula for calculating standard liver volume for living donor liver transplantation without using body weight. J Hepatol 2015, 63:848-854
12. Shindoh J, Makuuchi M, Matsuyama Y, Mise Y, Arita J, Sakamoto Y, Hasegawa K, Kokudo N. Complete removal of the tumor-baring portal territory decreeses local tumor recurrence and improves disease-specific survival of patients with hepatocellular carcinoma. J Hepatol 2015, 64:594-600

著書

よくわかる肝移植 南江堂 2011
Fluorescent Imaging: Treatment of hepatobiliary and pancreatic diseases. Karger 2013
外科学の古典への招待 南江堂 2015
Fluorescence Imaging for Surgeons Springer(共同編者) 2015
ICG Fluorescence Imaging and Navigation Surgery (共同編者) Springer 2016
東京大学肝胆膵外科・人工臓器移植外科 手術の流儀 南江堂 2017

その他

  • 【受賞】IASGO Lorenzo Capussotti Award 2014

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師