Img searchbox
膵臓

膵臓がん

目次

膵臓がんとは

膵臓は長さ20cmほどの長細い臓器であり、胃の奥(背中側)に位置しています。十二指腸に囲まれている右側の膨らんだ部分を「頭部」、真ん中を「体部」、脾臓(ひぞう)に接している左側の部分を「尾部」と呼びます。

膵臓は、膵液という食べ物の消化を助ける消化液をつくって分泌すること、血糖値の調節をするインスリンなどのホルモンを分泌することの2つのはたらきを担っています。膵液は膵臓の真ん中を走る膵管という管に集まって、十二指腸の壁の中で胆管を流れる胆汁と合流した後に、十二指腸の中へと排出されます。この膵臓にできるがんのことを膵臓がんと呼びますが、このうち90%以上はこの膵管の細胞から発生したものとされています。

膵臓がんは特徴的な症状に乏しいため早期発見が非常に難しい病気といわれています。また、進行が早いため、症状が出ているときにはすでに進行していることが多く、治療が困難とされる病気のひとつです。

原因

膵臓がんの患者さんはすべての悪性腫瘍の2~3%を占めているといわれ、増加傾向にあります。年齢でみると60歳頃から増え始め、高齢になるほど多くなるという特徴があります。膵臓がんになりやすい因子(危険因)としては、以下が指摘されています。

  • 家族内に膵臓がんになった方がいる
  • 慢性膵炎
  • 糖尿病
  • 膵のう胞
  • 喫煙
  • 大量の飲酒

これらの要因を複数持っている方は、できるだけ早期の段階でがんを発見するためにも、定期的な検診・ドッグなどを受けることが大切といえるでしょう。

症状

膵臓はお腹の中の奥深くに位置していることから、発生してもなかなか症状が出にくいという特徴があります。そのため、現状では、症状が現れる頃にはすでにがんが大きくなり、進行した段階となっていることが多いです。

症状としては腹痛、背部痛、食欲不振、倦怠感(だるさ)、体重減少などが起こります。また黄疸(おうだん・目や皮膚が黄色くなること)を生じたり、急に糖尿病を発症したり、これまで安定して治療できていた糖尿病のコントロールが急激に悪化することもあります。ただし、これらの症状は膵臓がんに限って起こるものではありません。また、進行した段階の膵臓がんであってもこれらの症状が出ないこともあります。

検査・診断

膵臓がんの検査には、大きく分けて血液検査と画像検査があります。

(1) 血液検査

アミラーゼという膵臓の酵素やCEA、CA19-9といった腫瘍マーカーと呼ばれる値に異常がみられることがあります。また、黄疸の指標となるビリルビンという数値を調べることで膵臓がんの発見につながる可能性もあります。ただし、これらの数値は他の病気でも異常を示すことがありますので注意が必要です。

(2) 画像検査

画像検査としては以下が挙げられます。それぞれの特性を考慮しながらいくつかの検査を組み合わせて診断を進めていきます。

a) 腹部超音波検査

お腹に超音波の装置をあて、体表から腹部の臓器や組織の様子を検査するものです。検診やドッグでも広くおこなわれています。

b) 造影CT検査、造影MRI検査、MRCP検査

造影CT検査、造影MRI検査では、それぞれ造影剤を使用してCTやMRIの撮影を行います。病変の状態や周りの組織への広がり、転移があるかどうかなどを評価することができます。またMRCP(磁気共鳴膵胆管造影撮影)では、MRIを用いて膵管・胆管の様子を調べることができます。

c) 超音波内視鏡検査(EUS)

超音波装置のついている特殊な内視鏡を口から挿入し、胃や十二指腸の壁を通して膵臓やその周りの組織の様子を観察します。体表からの超音波検査に比べてより詳細に評価することができます。観察に加えそこから病変に針を刺して組織を採取する(細胞診・組織診検査)こともあります。

d) 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

口から挿入した内視鏡を通して胆管や膵管にカテーテルという細い検査器具を入れ、造影剤を流して胆管や膵管の情報を得る検査です。膵管の中の組織を採取する(細胞診検査、組織診検査)こともあります。

より詳しい情報はこちら

治療

膵臓がんでは、病変の広がりやリンパ節や他の臓器への転移の有無によって、がんの進行度(病期:ステージ)を評価し、治療方法を選択します。

実際の治療にあたっては、ステージにもとづいて、患者さんの全身状態や合併症などを考慮して治療方針を決定していきます。

(1) 膵臓がんが切除可能な場合

一般的には、他の臓器への転移がなく、かつ膵臓の周りにある重要な血管への広がりがない場合には、切除可能と判断して手術治療を検討します。早期膵臓がんの定義は、はっきりと決められているわけではありませんが、一般的にはがんの大きさが1cm以下で離れた臓器への転移がない(遠隔転移がない)こととされています。しかし、早期の段階で手術ができたとしても、膵臓がんは再発を繰り返すことが多く、手術で完全に切除できた場合も、その後可能な限り再発予防を目的として化学療法(抗がん剤治療)を行います(術後補助化学療法といいます)。

(2) 転移はないが手術でがんを切除できない場合(切除不能局所進行例)

他の臓器への転移はないものの、がんが膵臓の周囲に広がってしまっているために手術で取り切れない場合を「切除不能局所進行例」といいます。切除不能局所進行例に対しては、化学療法または化学療法と放射線治療を組み合わせた化学放射線治療が行われます。

(3) がんが他の臓器へ転移している場合(遠隔転移例)

膵臓や膵臓の周りの臓器だけでなく、他の臓器や離れたリンパ節にがんが転移してしまっている状態です。転移する臓器として肝臓、肺、腹膜などが代表的です。

治療は化学療法(抗がん剤療法)が主なものとなります。行われる化学療法には、現在以下のものがあります。

a) フォルフィリノックス(FOLFIRINOX)療法

FOLFIRINOX療法は、4つの薬剤(フルオロウラシル(5-FU)、レボホリナート、イリノテカン、オキサリプラチン)を組み合わせた治療法です。日本では2013年12月に新しく適応が承認されました。副作用も考慮し、医師の慎重な判断のもとに実施することが必要です。

b) ゲムシタビン+ナブパクリタキセル(アブラキサン)併用療法

2014年の12月に新たに保険適用となった治療法です。やや高齢の方であっても使用でき、フォルフィリノックスより簡便な治療であるために、より多くの患者さんに対して使用することが可能です。

その他、上記2つの治療が難しいと考えられる場合には、ゲムシタビン単独療法、ゲムシタビン+エルロチニブ(タルセバ)併用療法、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(TS-1)単独療法といった薬の種類を変えた3つの治療方法の中から、患者さんの状況や容体に合わせて治療を選択していきます。

(4) その他の治療:緩和的ケア

がんと診断されたときから、必要に応じて他の治療と平行して行うものとして、緩和的ケアがあります。痛みやだるさなどがんに伴う不快な症状を和らげたり、不安や孤独を軽減して生活の質(QOL)を保ったりすることを目的とします。適切に痛み止めを使用したり、そのほかの不快な症状を取り除くための処置を行ったり、精神面でのサポートをしていきます。

膵臓がんに関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る